ブログトップ | ログイン
カテゴリ:ライフスタイル>スポーツ( 68 )

c0060143_05065877.jpg


やばい。冷え切った身体に、鍋焼きうどんが染み渡る。

明け方はもう寒くて寒くて、やばかった。今、5時。深夜過ぎから走り始めて、今ようやく24kmくらい。

熊谷から、東京を走って(歩いて)目指してます。5〜60kmくらいを目指してるんだけど、20kmでも良い加減かなりツライ。まだ半分にも行ってないのに。
さて、こっからは未知の領域。どこまで行けるかな。

にしても、早く日が昇って、気温が上がって欲しい。

by t0maki | 2016-01-10 04:57 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_21362466.jpg

お笑い芸人の生徒会長金子さんが100kmマラソンをするっていうので、1,000円の一口スポンサーになったんですよ。
で、昨日無事に完走してたのをライブ動画配信で見て、僕もやりたいなぁ、と。

まぁ、いきなり100kmは体力的にも時間的にも無理そうですけど、今週末あたり5,60kmくらい走れないかなぁ、と。
ちなみに、今まで走った最高記録は、熊谷夏マラソンの20km。まぁ、熱中症の脱水症状で途中ぶっ倒れてましたけどね。

走り終わった金子さんに「どこが一番きつかった?」って質問したら、「50kmから60km。それと、100km過ぎてから」っておっしゃってました。ゴールが100km地点よりも遠いところにあったので、合計100km以上歩いたんですよね。

金子さんのライブ配信を見てたら、スマホのバッテリー切れでモバイルバッテリーとか必要そうだぞ、と。まぁ、うちにはこのものごっつい急速充電対応の無駄にでかいモバイルバッテリーがあるから大丈夫。でも、これを持ちながら走るのも大変かもなぁ、とも。
c0060143_21214887.jpg


ここらへん、もしかしたらジョセフ・テイムさんに相談すればよいかもな。ヘルメットで風力発電とか、僕もやってみたい。
そういえば、ジョセフさんたちと六本木のJ-WAVEまで走った時も、一緒に走った女性が100kmマラソン経験者で、その話を聞いて「すげーなー」と思ったんですよ。何気に、僕の周りにも100kmマラソン経験者が何人もいる。
c0060143_21335296.jpg


まだ僕には、その100kmっていう距離を走るってことがまったくピンと来てないけどね。とりあえず、近いうちにその入口くらいは覗いてみようと思います。

by t0maki | 2016-01-08 21:41 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_20434724.jpg


マスターズ陸上の東日本大会で銅メダルだよ。そりゃ嬉しいに決まってる。
たとえそれが、大会当日の雨のせいで、400メートルの走者が40Mクラスでたった3人しかいなかったおかげだとしてもね。

高校時代、陸上部でした。副部長で短距離のリーダー。400メートルや400メートルハードル、4×400メートルリレーなどを走ってました。高校三年の夏に引退した後、「面白そうだから」っていう理由で八種競技の大会に出場。二日間で8種目の陸上競技を行うんですけど、競争するっていうより、みんなで励ましあいながら頑張るっていう。これがすごい楽しかった。

その後アメリカに留学して、特に運動部的なものに入ったりはしなかったけど、友達とバスケのチームをつくったり、ストリートでホッケーをしたり、地元の人たちに交じってソフトボールをしたり。水泳、ラケットボールなど、大学の施設を使って運動は続けてました。

社会人になって、なぜかコカ・コーラのジョージアがスポンサーの、ほぼ外国人だらけのソフトボールチームに入ることになり、週末になると多摩にある米軍の施設で試合をしてたのですが、足をひねって右足首靭帯の手術。その後仕事も忙しくなり、すっかりスポーツとは縁遠い生活になってしまいました。

そんな中、ブログの企画でコカ・コーラ社が主催のランニングイベントに参加することになったのですよ。アクエリアスのプロモーションイベントなのですが、ゲストにオリンピックランナーの市橋有里さんが一緒に走ってくれたりなどして、すごい楽しかった!そんなこんなで10年ぶりにまた少しずつ走るようになり、2013年最初の年は皇居一周5kmのマラソン大会に参加。翌年2014年は同じく皇居マラソンで10kmに挑戦。そして昨年2015年は20kmのハーフマラソンに出場したというわけ。
と同時に、40歳になった2014年からマスターズ陸上に参加するようになり、最初の年は東京大会で400m第三位。で、昨年は東日本大会でうっかり400m第三位と、200m六位入賞となったわけ。まぁ、入賞と言いつつ、当日40~44歳男性クラスの出走者が少なくて、ほぼビリなんですけどね。

また走れるようになったというのが嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱい。

走るだけでも楽しいのに、去年はJ-WAVEのイベントで東京の街に100km以上の巨大な線を15チームに分かれて、GPSで記録しながら走ってキャラクターを描こうっていう企画に参加することができ、これも本当に幸せな体験でした。Esinクリエイティブワークショップで知り合いになった、発明家でアーティストのジョセフ・テイムさんがこの企画のプロジェクト・デザイナーだったので、応募して飛び込んでみたという。J-WAVEで番組をもっているレイチェル・チャンさんも一緒に走って、江戸川橋から六本木ヒルズまでのコース、走るのが楽しすぎてゴールが近づいて終わってしまうのがせつなかった。ずっと走り続けたいと思いました。

c0060143_20434713.jpg


走るだけでももちろん楽しいのですが、走ることによってこういう企画に躊躇なく飛び込めるようになったってことの方がメリットが大きいです。今年の4月で42歳になりますが、まだまだいろんなところに飛び込んでいける自信につながります。

そういえば、昨年は体感トレーニングジムの体験記事も書きました。数年前の体力がないころだったら、とてもじゃないけど参加する気にはならなかったと思います。今はもうすっかり、「体育会系どんと来い」な心境ですよ。(まぁ、たまに前歯折ったり、指の骨折ったりもしてますけど)

頑張って何かを一生懸命やっていると、きっと何かにつながるんだよなぁ、と。地上から見上げる雲はとても高くて遠い存在だけど、少しずつ少しずつ高いところに登っていくと、いつの間にか自分が雲に包まれているのに気づく、みたいな。そんな感じです。

by t0maki | 2016-01-06 20:30 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_00503814.jpg


100日間で100万歩歩く企画、今年もクリア。90日ちょいで、あっさり100万歩到達してました。陸上のトレーニングとかしてると、結構歩数が伸びます。

昨年は、スマホの歩数計で計測してたけど、今年は腕時計型のウエアラブルデバイスを常に身につけて計測してたから、ちょっとトイレに行く歩数とか、ご飯をお代わりするときの歩数とか、裸で風呂に入るときとか計測できるようになったので、日常の歩数をもれなくまるっとカウントできるようになったってのも良かったと思う。

同じ靴でずっと歩いてるから、中敷に穴が空いたよ。

c0060143_00503884.jpg





by t0maki | 2015-12-08 22:13 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_1791542.jpg


スパイク履いて、陸上競技場を全力疾走。
すっげー楽しいよ。

八王子市上柚木公園陸上競技場で開催された、「第16回 東日本マスターズ陸上競技大会」に参加してきました。41歳のオレは、去年と同じ「M40」のクラス。出場したのは2種目。去年と同じ400mと、もう一方は人生初の200m。

学生時代、短距離専門で100, 110H, 400, 400Hは公式大会で走ったことはあるけど、200はまるっきり初めて。この歳で初めてのことにチャレンジできるのって、幸せなことです。

結果は、えーと、はっきり言えばボロボロです。400mは、1分6秒とか。去年よりも、スパイクで走った分ちょびっと早くなってるけど、55歳のクラスでもオレより早い人がいる。参加人数が少なかったから、かろうじて銅メダルでしたが。
200mの6位入賞も含めて、どちらもほぼ参加賞。

でも、記録や順位じゃない。僕にとっては、まだこの歳になっても走り続けていられることが幸せ。日常の生活の中に「走る」ということがあるだけで、感謝の気持ちで一杯です。

今回も、周りの先輩方の迫力に圧倒されまくり。去年も言ったけど、マスターズ陸上界では、四十代なんてまだまだひよっこ。七十代とか八十代の先輩たちが、スターティングブロックからダッシュで飛び出していく様は、もうすごいとしか言いようがない。かっこよすぎます。

こんなおじいちゃんを僕も目指したいです。


▼走り続けるということ
走り続けるということ


▼70代や80代のおじいちゃんたちが、ゴッリゴリのスタートダッシュかますんだぜ。かっこよすぎる。
80才越えてるおじいちゃんたちが、ゴッリゴリのスタートダッシュかますんだぜ。かっこよすぎる。 #マスターズ陸上


▼走れるって、なんて幸せなことなんだろうって、しみじみ思います。
走れるって、なんて幸せなことなんだろうって、しみじみ思います。


▼この年になって、新しいことにチャレンジできる幸せ。生まれて初めて、公式大会で200mを走りました。たいしたことないタイムだけど、公式記録だかんね!
この年になって、新しいことにチャレンジできる幸せ。生まれて初めて、公式大会で200mを走りました。たいしたことないタイムだけど、公式記録だかんね!




by t0maki | 2015-10-19 22:39 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_19160881.jpg


先日、新宿御苑前駅の近くにある、タイカンズ(TAIKANZ)っていう体幹トレーニングジムを取材して、体験記事を書いたんですね。そちらは、記事広告として。がっつり書かせていただきまして、その記事は10月16日に公開予定なのですが、そのトレーニング体験がすごく楽しかったので、今回は2度目の体験。

記事公開の順序は逆になっちゃうけど、こちらの記事を先に公開しますね。


▼体重預けてバランス取りながらグイグイと。
体重預けてバランス取りながらグイグイと。 #タイカンズ #TAIKANZ #体幹トレーニング


▼今日も良い感じで最後テンションMAXのトレーニングでした。
今日も良い感じで最後テンションMAXのトレーニングでした。 #タイカンズ #TAIKANZ #体幹トレーニング


▼10月のエクササイズ。前回と違う動きもいろいろと。
10月のエクササイズ。前回と違う動きもいろいろと。 #タイカンズ #TAIKANZ #体幹トレーニング


▼翌日、身体があちこち筋肉痛。目覚めた、体幹。
昨日、ここに行ったので今日は身体があちこち筋肉痛。目覚めた、体幹。



コアビティっていう、1時間の体幹トレーニング。腹式呼吸を意識しながら、身体を動かしていきます。筋力を
天井からぶら下がってる取っ手付きの紐を使った動きとか、筒状のツールを使っての運動とかを一通りやったあと、最後にその日覚えた運動を、アップテンポの音楽とともにテンションマックス状態で一気にやるのが、かなり良い運動になるし楽しい。最後に、ハイファイブとかね。

胸に心拍計をつけてトレーニングするのですが、最後にその日の計測値を確認できます。僕は、二回目で慣れたせいか、消費カロリーが多少減ってた。慣れてくると、トレーニング中の運動消費カロリーは少なくなるんだけど、身体ができてくるので、生活消費カロリーが高くなってくる。つまり、きちんと身体を鍛えれば、日常的にカロリーを消費しやすい身体がつくれるというわけ。

なんていう聞きかじりのうんちくを語りつつ。今回はこんなトレーニングでした。

【COREVITY】

60分の体幹トレーニングプログラム。トレーナーと一緒に、みんなで身体を動かします。

Pillafect:ツールを利用せず、瞬発力や筋力を身に付ける行う体幹トレーニング。ブレのない支柱(Pillar)をつくる。
TRX:天井からぶら下がったハンドル付きの紐、TRXというツールを利用したSuspension Trainingのエクササイズ。
ViPR:筒型のViPR(バイパー)というツールを使ったトレーニング。いろいろな重さやサイズのものがあります。

■Presentation
コアビティについての説明や、目的、効果などを説明。

■Movement&Core
腹筋や背中、腰など、全身の筋肉トレーニングとストレッチ

■Preparation
Pillafect、TRX、ViPRの基本動作を行います。

■Excercise 1
TRX→ロウ・ハイロウ アームカール
ViPR→フリップ
Pillafect→クリスクロス

■Excercise 2
TRX→スプリンタースタート
ViPR→シャべリング
Pillafect→バーピー

■Circuit
Excercise 1と2の動きを通しで、音楽を聴きながらテンションマックスでチャレンジ。自分のペースで。

■Cool Down
呼吸を落ちつけつつ、ストレッチ。


といった感じ。

さて、マスターズ陸上競技会の本番まで、あと一週間。
走るだけのトレーニングだけでなく、こんな感じで普段使わないような筋肉も鍛えられるのは良いですね。

ストレス解消にもなるし、運動して、シャワー浴びて、すっきりして家に帰れます。

会社帰りの19時半の回に参加しましたが、約10名くらいが参加。うち、女性が大半で、男性は僕ともう一人くらい。トレーナーさんは男性。前回もそうでしたが、思った以上に女性がたくさん参加してました。時間帯にもよるのかな?

陸上の大会が終わったら、また立ち寄ってみようかな。

by t0maki | 2015-10-10 18:56 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)

   
Back to Top