ブログトップ | ログイン
カテゴリ:ライフスタイル>スポーツ( 72 )

昨日の明け方の散歩。、


▼人がいない
人がいない


▼アメ横
アメ横


久しぶりに飲んだあとのカラオケ。「海の声」とか初めて人前で歌ってみたり。すげー楽しかった。プロ並みっていうか、実際にライブ活動をしてる昔からの知り合いの歌が相変わらず上手くてね、泣きたくなるくらい感動した。普通にトリハダたつレベル。

まぁ、そんなわけで、終電を逃しましてですね。良い機会なんで歩いて帰ろうかと。ちょうど、東京マラソンの日ですから。フルマラソンの距離ほどではなかったですが、結局なんだかんだで、ハーフマラソン分は行きましたね。

c0060143_05252342.jpg

日中、アートイベント系のボランティア仕事なんかもしていて、移動距離は少ないですがずっと立ち仕事。心地よい疲労感です。

良い週末でした。



by t0maki | 2016-02-29 05:16 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_18132728.jpg


昨年、9月から12月にかけて、100日間で100万歩を歩きました。1日、1万歩ですね。

で、達成したので景品をいただきました。健康になるための書籍を購入するために使ってください、と。

こういう企画に参加すると、何気無い日常がちょっと変わって見えてくると言うか、意識して歩くことで普段と違う体験ができたりするのが面白いです。

また今年もあったら、参加しよ。


by t0maki | 2016-01-28 18:45 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_00152147.jpg


ちょうど一週間前のこの時間、一晩かけて50kmマラソンに挑戦してた。深夜から明け方にかけて熊谷から東京に向けてひたすら走ったり歩いたり、と。寒いし眠いし腹減るしで、めっちゃ楽しかった。結局、寄り道もしながら、昼頃に50km達成。長かった。

で、あれからちょうど一週間経って、ようやく右足の膝と甲の痛みも取れてきて。そろそろまたランナー復帰。今度いつか、100kmにも挑戦してみたい。

c0060143_00300250.jpg


50kmマラソンで使ったランナーポーチと大容量バッテリー。15600mAhだったかな。すぐバッテリーがなくなるiPhoneの充電に大活躍。ただ、ちと重くて、ランナーポーチのベルトがちぎれかけたよ。

c0060143_10325782.jpg


と、Runkeeperのアプリで計測してたのは、こちらの富士通製ARROWS端末のちょっと古いやつ。奇跡のようなバッテリー持ちを発揮して、一度も充電せずにゴールした後、翌日もまだバッテリーが残ってました。すごいね。

と、そんな50kmマラソンでした。









by t0maki | 2016-01-17 10:30 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_18511172.jpg


3連休だったのでね、とりあえず50kmマラソンしてみようと思って、深夜過ぎに熊谷駅に到着。そっからひたすら東京を目指す、と。

東京まで遠回りしなければ67kmのコースでしたが、ヨレヨレになりながらさいたま市まで来て、埼玉県立近代美術館を巡ってたら50km達成したので、いったん企画終了。
前日、家族でIKEA行って、なんだかんだで10kmくらいは歩いてて、そしてこの企画中も結構な距離を走って(歩いて)たので、ほんとーにほんとーに長い1日でした。

スマホ2台と、両腕にスマートウォッチを付けて、走行の値を記録しながらマラソンしました。HUAWEI社さんからご提供いただいたTalkBand B2(HUAWEI WEAR)と、MISFIT社さんからいただいたSHINE。その計測値がこちら。それぞれ、違いがありますね。

▼HUAWEI WEARの計測値。これが一番正確な数値。スマートウォッチのTalk Band 2を付けてると、自動で歩きと走りを判別してくれます
c0060143_18511181.jpg


▼SHINEもどエライ計測値になってました。ちょっと短く記録されてるけど。こちらも、ウェアラブルデバイス。
c0060143_18511280.jpg


▼RenoBodyの90km越えはちょっと多すぎ。
c0060143_18511218.jpg


▼Run Keeperでも測ってみました。止めるの忘れてて、余分なのも計測されちゃったけど。
c0060143_18534551.jpg



それにしても、50kmでこんなにツライのに100km走る人、凄すぎですね。
心から尊敬します。

途中から右足の甲がかなりな痛みで、「大丈夫かな?」って心配になるくらい。痛いくらいなら良いのですが、痺れてくると危険信号。

深夜から明け方にかけての国道17号線、めちゃめちゃ寒かった。走ると身体が温まるんですが、歩くと途端に体の芯から冷えてくる。朝になって、太陽の光を全身に浴びた時の暖かさは、感動しますね。

明け方近くに、疲労でぼーっとして、歩きながら眠ったような瞬間がありました。目は開いてて、意識もあって歩いてるんだけど寝落ちしてて、自分のイビキで目が覚める、みたいな。自分の身体が限界越えた瞬間、面白かった。

音楽もなくずっとひとりで、最初の20キロくらいすれ違う人がほとんどいなくて(24km地点で、2人だけ)、なんか英語とか日本語ちゃんぽんで独り言つぶやいたり、歌を歌いながら歩いたりしました。はたから見たら、危ない人。

30km過ぎてからはまったくそんな余裕もなくなって、おじいちゃんみたいな速度でよたよた歩きつつ、時々思い出したように走る、と。

埼玉県立近代美術館の前を通りかかった時、ちょうど朝の10時で音楽と噴水のショーをやってて、そのまま開館時間の美術館に立ち寄って、身体を休めながら一巡りしたら、合計走行距離が50km越えてたので、今回の企画終了、と。なんかもう、寝不足の頭でフラフラと夢遊病者のように『旅と芸術』展を眺めてたら、自分がそのアートの世界の中に紛れ込んだような錯覚があって面白かったです。

12時間に渡ってひたすらマラソンにチャレンジして、寒いし、腹減るし、眠いし足痛いし、すげー楽しくて最高の体験でした。いつか、100kmもチャレンジできるかな。

▼当日、ブログ書きながら
土曜の夜、ちょっとした思いつきで熊谷へ : 日曜アーティストの工房
深夜過ぎ熊谷に着いた。これから東京までひとりマラソン : 日曜アーティストの工房
深夜のマラソン、どこまでいけるかな : 日曜アーティストの工房
あともう少しで15kmくらい。星が綺麗 : 日曜アーティストの工房
明け方5時、24km走って休憩 : 日曜アーティストの工房
とりあえず、フルマラソン分 : 日曜アーティストの工房

by t0maki | 2016-01-10 18:23 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_05065877.jpg


やばい。冷え切った身体に、鍋焼きうどんが染み渡る。

明け方はもう寒くて寒くて、やばかった。今、5時。深夜過ぎから走り始めて、今ようやく24kmくらい。

熊谷から、東京を走って(歩いて)目指してます。5〜60kmくらいを目指してるんだけど、20kmでも良い加減かなりツライ。まだ半分にも行ってないのに。
さて、こっからは未知の領域。どこまで行けるかな。

にしても、早く日が昇って、気温が上がって欲しい。

by t0maki | 2016-01-10 04:57 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)
c0060143_21362466.jpg

お笑い芸人の生徒会長金子さんが100kmマラソンをするっていうので、1,000円の一口スポンサーになったんですよ。
で、昨日無事に完走してたのをライブ動画配信で見て、僕もやりたいなぁ、と。

まぁ、いきなり100kmは体力的にも時間的にも無理そうですけど、今週末あたり5,60kmくらい走れないかなぁ、と。
ちなみに、今まで走った最高記録は、熊谷夏マラソンの20km。まぁ、熱中症の脱水症状で途中ぶっ倒れてましたけどね。

走り終わった金子さんに「どこが一番きつかった?」って質問したら、「50kmから60km。それと、100km過ぎてから」っておっしゃってました。ゴールが100km地点よりも遠いところにあったので、合計100km以上歩いたんですよね。

金子さんのライブ配信を見てたら、スマホのバッテリー切れでモバイルバッテリーとか必要そうだぞ、と。まぁ、うちにはこのものごっつい急速充電対応の無駄にでかいモバイルバッテリーがあるから大丈夫。でも、これを持ちながら走るのも大変かもなぁ、とも。
c0060143_21214887.jpg


ここらへん、もしかしたらジョセフ・テイムさんに相談すればよいかもな。ヘルメットで風力発電とか、僕もやってみたい。
そういえば、ジョセフさんたちと六本木のJ-WAVEまで走った時も、一緒に走った女性が100kmマラソン経験者で、その話を聞いて「すげーなー」と思ったんですよ。何気に、僕の周りにも100kmマラソン経験者が何人もいる。
c0060143_21335296.jpg


まだ僕には、その100kmっていう距離を走るってことがまったくピンと来てないけどね。とりあえず、近いうちにその入口くらいは覗いてみようと思います。

by t0maki | 2016-01-08 21:41 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)

   
Back to Top