ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アート( 447 )

c0060143_16170799.jpg

アート作品の価値ってなんだろね?

周りから認められて、賞をとって、みんなが買いたくなるような作品。
あるいは、全くの無名の作家だけど、あなたが一目見て「これ、良いな」と思って買いたくなった作品。
どちらも、アート作品の価値として正しいと思う。
むしろ、「良いな」と思った作品の方が、あなたにとってより価値の高い作品なのだと思う。値段云々は別として。

作り手としては、周りに評価されることももちろんうれしいけど、やっぱりつくりたいと思った作品がうまくつくれたら嬉しいし、その価値は売値じゃない。高い金額を提示してくれた人に売るよりも、安くても作品の価値を理解してくれて、大事に思ってくれる人に譲りたいよね。

「評価されたい」って思いながらつくるか、あるいは単に「つくりたい」っていう気持ちがあるからつくるのか。
少なくとも、僕は、つくりたいからつくってる。書きたいと思うから書いてる。撮りたいと思うから撮る。とどのつまり、それだけなのだよ。

「Art of the Rough Diamonds(ダイヤの原石たち)展」の作品も、技巧や打算を剥ぎ取って、「つくりたい」という気持ちが伝わってくるような。良い作品が展示されてました。これはこれで、原石ではなく、作品として完成していると思うよ。逆に、これを原石と言ってしまうと失礼かもしれない。

観てきました
こちらは、今日まで


こちらの作品は、全部完売
こちらの作品は、全部完売


繰り返し
繰り返し

尾崎文彦さんの、だいたんにデフォルメ化された動物たちの、力強いタッチは見ていて気持ちが良い。

渡邉あやさんの飛行機をモチーフにした絵は、幾何学模様や色が複雑に入り組んで、文字や記号とも組み合わさって、パズルのようなモザイクのような、とても楽しげな作品。

稲田萌子さんの作品は、構図の中に独特なリズムがあって、飽きずにずっと見ていられる。描画のテンポも独特で、これは面白い作品。絵の中に、時間の経過を閉じ込める、みたいな。僕が観に行ったときには、すでに作品は完売していました。

「Art of the Rough Diamonds(ダイヤの原石たち)展」は、伊藤忠青山アートスクエアにて4月23日まで。


Art of the Rough Diamonds(ダイヤの原石たち)展
会場: 伊藤忠青山アートスクエア
会期: 2017年4月15日(月)~23日(日) 会期中無休
時間: 11:00~19:00
住所: 東京都港区北青山2丁目3-1シーアイプラザB1F
入場料: 無料



by t0maki | 2017-04-23 16:20 | アート | Comments(0)
c0060143_15180745.jpg

先日、「webメディアびっくりセール」っていう、webメデイアが集う同人フリマ的なイベントに参加させていただきました。当日、別件で予定があったので、僕自身は会場には行けず、作品だけの参加なのですが。

今回作品を置かせてもらったのが、「レビューズ」っていう製品レビューなどを書くブロガーさんたちが集まるメディアのブース。それにあわせて「製品レビューあるある」をテーマにネタを考え、レーザー加工機でつくりました。その作り方とデータを公開。

まずは、ネタ作り。昨年、100製品以上のレビューをブログに書いてきて、なんとなく「こういうのあるあるかなぁ」ってのをどしどし書き出して、良さそうなものをピックアップ。

こんな感じ。

▼製品レビューあるあるネタ
分厚いトリセツを手にするとゾクゾクする。
新製品の開封時につい写真を撮ってしまう。
文学作品より取扱説明書の方が感動する。
機能が分からないボタンがあると気になる。
タッチ&トライという言葉にテンションあがる。
同じ機能の異なる製品を使い比べたくなる。
書きたいことが多すぎて執筆が終わらない。
各製品のカタカナ用語でしりとりができる。
英語ができないが取説の英語は理解できる。
製品のスペック表を見ながらご飯3杯いける。
製品開発者の苦労話と心の叫びに共感する。
映画や小説よりもリアルな開発秘話が面白い。
企業の広報よりも開発者さんと話がはずむ。
使ってきたガジェットの型番は全部言える。
初めてのガジェットを手にすると興奮する。
知り合いが使ってるガジェットが気になる。
製品購入の傾向でその人の性格が分かる。
販促用のロゴ入りグッズがどんどん増えてく。
ガジェットの好みが一緒の人とはうまくいく。
旧機種を見ると当時の記憶がよみがえる。
アルファベットの略語の知識が人とは違う。
取説をじっくり読むのが最高の読書タイム。
未発売の新製品を試用する機会が結構ある。
製品の話だけで仲間と酒を飲むことができる。


で、これをイラレを使ってレーザー加工機用のデータに。細い赤線がカット、黒い部分が彫刻です。これで、イヤホンジャックをつくります。


c0060143_13505551.jpg

あとはこれを、TechShopに持って行って、レーザー加工機で出力するだけ。

c0060143_15180831.jpg

c0060143_15180832.jpg

c0060143_15180948.jpg


作品はこれで完成。販売するためには、これを簡易ラッピングして、POP的なものをつくって、売れた時に渡す用の紙袋とマスキングテープなどを準備すれば万事OK。

c0060143_15180921.jpg

c0060143_15180957.jpg


材料費だけで、多分数千円くらいかな。アクリル板以外はほとんど100円ショップで揃えました。

会場ではこれを1個50円(3個で100円)で販売したので、売り上げは合計550円。悪くない。最初から売れば売るほど赤字の金額設定なので、儲ける気は全くなし。楽しいのでオーケーです。

ネタ出しから加工、パッケージまで、かかった時間はのべ10時間はかかってないはず。1番手間がかかったのは、切り出したピースを磨いて、イヤホンジャックのパーツを付け、個別に袋に入れる諸々の手作業。そこはやっぱり、省けない大事なところです。

つくるの、楽しかったですよ。次回このような企画があったら、会場に行って直接販売したいな。

PDFデータを公開してるので、よかったらつくってみてください。


by t0maki | 2017-04-23 15:17 | アート | Comments(0)
c0060143_14490195.jpg

僕が「日曜アーティスト」を名乗る理由は、もちろん日曜に創作活動をしているからなんだけど、「アーティスト」とはちょっと違うんだよなぁという気持ちもあったり。そもそも日本では、「アーティスト=音楽活動をする人」っていうイメージもあったりして。なんだろ。アーティストっていうのは「普通と違う人」、みたいな。

「特別な人」、というイメージなのか、あるいは「普通であることを諦めてしまった人」なのか。

「何かをつくりたい」っていう気持ちは、誰の中にも存在すると思うんですよ。それは、子供がお絵かきを楽しんだり、工作に熱中したりするのと同じこと。創作意欲。
それが、いつの間にかしぼんでいってしまうのは、「こう描くべきだ」とか「巧くつくらなければならない」っていう、気持ちよりも技巧優先になってしまうからじゃないかな。誰もが、プロの料理人を目指す必要はない。カジュアルに自分の周りの人に料理を振舞うような感覚で、作品づくりをしても良いと思う。つくりたいという思いのまま、つくってしまって良いと思うんですよ。そんな意味での、「日曜アーティスト」。

「第2回 東京都立特別支援学校 アートプロジェクト展 ~私の色、私の形、私の輝き~」を見てきました。
たぶん一般的には、「アウトサイダーアート」とか「アールブリュット」とか呼ばれるカテゴリーの作品。つまり、アート界の本流ではない、障害を持つ特別支援学校の児童生徒がつくった作品、と。

つくりたいという思いがあれば、誰でもつくって良いと思うんですよ。そして、どんどん発表すればよい。
買う側も、自分が気に入った作品を見つけたらどんどん買えば良い。例えそれが、無名の作家のものでも。


「ハニワ星人」という作品は立体の陶芸作品で、鈴になっている。これをつくった人は、視覚障害を持っているとのこと。音で表現する作品。

「鈴鳴り帽子(かぶってみてね)」という作品は、実は展示している間は触ることができないのだが、これもまた視覚障害のある方がつくった、帽子に鈴が付いている作品。ここらへん、本当に触れたら良いのにね。でも、作品としてはみんなが触って壊れたら困るから。

点の集合体で描かれた「ルンデ」という作品を見たとき、アートを知ってる人ならスーラとか、あるいは草間彌生などの名前を出すと思うけど、その比較は実は意味がない。この作品は、この作者だけのものだから。誰かの作風に似ているというコメントは、特にこの作品を見るときには意味が無い。この作品は、この作品だから良いのだ。

なぜだか分からないけど、この作品がすごく好き。「グルグルアリゲーター」っていう、二匹のワニがお互いを噛んで、ぐるぐるなってる絵画作品。色使いとか、構図とか、そのモチーフとか。なんかひきつけられる。なにかしら、物語を感じられるような作品。

「無題」っていうタイトルのコラージュ作品。もともとは、版画作品の版だったって聞きましたが、それがきちんと「作品」という体裁でギャラリーに飾られているところに面白さを感じる。ホワイトキューブをうまく活用して日常にあるモノを作品に昇華したマルセル・デュシャンのように、と、なぜかここでは他のアーティストさんを引き合いに出してみる。

ものの捉え方や表現が面白い、風景画の「松井駅周辺」。ビルや建物の輪郭と、看板の文字と、そこにいる人。たまに、馬なのか何かの動物に乗ってる人がいたりね。

水墨画スタイルの「しいたけ」は、筆をコントロールして描く部分と、墨がにじんでいくハプニングの部分がうまく組み合わさって、面白い作品だ。時として、作者の思いもかけない方向に作品が転がっていくことがある。

陶芸作品の「ライジングフェイス」も、釉薬が交じり合う具合が予測不能な部分なので、前述の作品同様そのハプニングが面白い。僕も、学生時代に陶芸彫刻を専攻していたので、窯を開けて作品を取り出すときのわくわく感はすごく実感として記憶に残ってる。

「水族館の魚たち」
色づかい、構図、そして盛り上がる質感と、勢い。この作品は好きだなぁ。足の数からして、イカなんだろうけど。

かるた「・・・つつみたい。」は、言葉をつかった作品。独特の言葉遣いが面白い。
例えば、こんな言葉たち。
 にわとりをないてしらないこと
 そろばんをつつんでしってること
 まっちをつつんでしりたい
 せみをないてずっとしりたい
 すずめがないてつまないこと
 ろうそくをけしてつつまない
 らくだにのってつつもう
 れいぞうこをあけてつつみたい
 あめをなめてきになる
 わなげをなげてつつみたい
つつみたいという言葉が深いね。

「紙の造形」も、紙を使った面白い作品。パルプ状にしたものを固めて乾かしたのかな?これは、面白い作品がつくれると思うので、こういうワークショップもやりたいな。

青山アートスクエアでの作品展
青山アートスクエアでの作品展


手前に展示されてる、カルタの文面も面白かった。
手前に展示されてる、カルタの文面も面白かった。


独特の言語感覚。
独特の言語感覚。


かぶってみたいけど、かぶっちゃダメ。作者さんはかぶってみてね、って。
かぶってみたいけど、かぶっちゃダメ。作者さんはかぶってみてね、って。


偶発的な墨の滲みが美しい。
偶発的な墨の滲みが美しい。


版画の版として作ったものが、作品に。この作品、好きだな。タイトルが『無題』なのも良い。
版画の版として作ったものが、作品に。この作品、好きだな。タイトルが『無題』なのも良い。

この作品展は、3月6日まで、伊藤忠青山アートスクエアにて開催されていました。


第2回 東京都立特別支援学校 アートプロジェクト展
~私の色、私の形、私の輝き~
会場: 伊藤忠青山アートスクエア
会期: 2017年2月20日(月)~3月6日(月) 会期中無休
時間: 11:00~19:00
住所: 東京都港区北青山2丁目3-1シーアイプラザB1F
入場料: 無料



by t0maki | 2017-04-23 14:48 | アート | Comments(0)
c0060143_17333119.jpg
didycoのモニターに参加しています。というわけで、親子でマシュマロフォンダントをつくってみましたよ。マシュマロをレンジで溶かし、アイシングシュガーを加えて適度な硬さの生地に。で、それをいろんなツールを使いながら、デコレーション。カップケーキにを飾り付けてみました。

c0060143_18180000.jpg
c0060143_18181054.jpg
c0060143_18180602.jpg
c0060143_18181930.jpg
c0060143_18182821.jpg
c0060143_18182598.jpg
c0060143_18183284.jpg


なぜか、最後になにやらとても奇抜なものができましたが。つくるのは楽しかったですよ。このキット、良いですね。


by t0maki | 2017-04-21 18:19 | アート | Comments(0)
c0060143_09425561.jpg
建築デザインって、すげぇなと思うんですよ。

だって、建築物をつくるのって、妥協ができないでしょ。細部まで設計し、それを確実に安全に滞りなく形にするまでがプロジェクト。場所によって歴史や気候とかも考慮しつつ。住みやすさや快適さも考えつつ、建築法などにもきちんと準拠しつつ、かつ予算内にも抑えなければいけない。その中で、自分の個性を出すということ。たくさんの人が関わるし、途中で調整も必要だろうし、いろんな問題を都度粘り強く解決していかなければならない。

あいまいなところ、あやふやな部分を残してしまうと、建物は完成しない。
しっかり、確実に設計を形にするために、図面を起こし、模型をつくり、みんなの合意をとりつつ、プロジェクトを進行していく。そして、完成したものが残るのは、作り手冥利に尽きるよね。

ちょっと前の話になりますが、TOTOギャラリー・間で開催された「堀部安嗣展 建築の居場所」を観に行きました。会社から近いので、会期中何度か訪れました。ギャラリー館長のガイドツアーにも参加。会場には、堀部さんが設計に使ったデスクや、設計図、模型、写真など、いろいろ展示されてました。で、やっぱり建築はすげぇなと思うわけです。

リズム、があるよね。その人独特の、リズム。堀部さんのリズム。パターン。雰囲気。
堀部さんの頭の中を覗きこむ、みたいな。ドラムを叩いたり、写真を撮ったり。堀部さんの趣味嗜好や歩んできた道など、すべてが建築デザインに反映されるんだろうな、とか。世界をつくる。そんな感じ。

見てみたいのは、「阿佐ヶ谷の書庫」。円形らせん状の構造の中、書物に囲まれるその空間は、実際に体験してみたい。仏壇と書庫が組み合わさってる。どこまでも、精神正解に没入できそうな、読書がはかどりそうな空間。まるで、自分の脳みそを内側から見渡すような。

石川県のお菓子屋さん「イヴェール ボスケ」のその景観に溶け込む、樹木も生かした建物。それをチョコレートで再現した模型も展示されていました。フラットで広がりがあって、暖かい感じ。堀部さんらしい設計デザイン。

「ある町医者の記念館」と「南の家」は、堀部さんの最初期の代表作。合わせて見ると、より理解が深まる。最初っからすげー人なんだと分かるよ。

「竹林寺納骨堂」も心が揺さぶられる。死者を祀る建物なのに、嫌な感じが全然しなくて、むしろずっとそこにたたずんでいたいような気持ちになる。実際、竹林寺の敷地で読書を楽しむ人もいるらしいですよ。高知県のお寺。ここはぜひ行ってみたい。たまたま、ガイドツアーをしてくださった館長も高地の出身とのこと。ちょうどこの頃、僕も高知県主催のものづくりハッカソンイベントに参加して、高知の土佐和紙をテーマにした作品づくりを体験していたので、何かしらつながりを感じて面白かった。

そうだな、高知に行かなきゃ。

最後に、船。“せとうちに浮かぶ、小さな宿”っていうテーマの、船。小さな宿と言うには、かなり豪華な船で、お値段もそれなりにするらしい。これも、ぜひ乗ってみたい。ドラムのボディにも近いシルバーの船体カラー。なんとなく、ノリノリでつくってる堀部さんが浮かびそう。家をつくるよりも、船をつくる方がある意味制約が少ないっていうのは驚き。あくまで、乗り物だから、一般的な建築法は適用されない、と。面白いな。


「堀部安嗣展 建築の居場所」



by t0maki | 2017-04-20 08:34 | アート | Comments(0)
c0060143_22354623.jpg

岡山県赤磐市にある、陶芸家の芝眞路さんの工房へお邪魔しました。ご自宅にロクロと陶芸窯があるだけでなく、講演会も開けるギャラリー展示スペースもあって、まさに僕にとっては夢のような空間。こんなところに住んでらっしゃるなんて、羨ましすぎます。
サロンのような感じで、人が自然と集まって来て、いつの間にか外国人が泊まりにきたり、なんていうエピソードも面白かった。
僕も学生時代は陶芸彫刻を専攻していたので、土を焼いて作品にするっていう、そのシンプルだけど奥が深い芸術の面白さをよく知ってます。卒業してからすっかり離れてしまったけど、いつかまたそこに戻りたい。芝さんの工房と作品を見てたら、そう思いました。



陶芸家の芝眞路さんの工房へお邪魔しました。 #赤磐市
陶芸家の芝眞路さんの工房へお邪魔しました。 #赤磐市


作品がずらりと。ここで、講演会などもできるそうです。 #赤磐市
作品がずらりと。ここで、講演会などもできるそうです。 #赤磐市


作陶の道具いろいろ。こういうのを見るとわくわくする。 #赤磐市
作陶の道具いろいろ。こういうのを見るとわくわくする。 #赤磐市


陶芸窯。かっこいい。 #赤磐市
陶芸窯。かっこいい。 #赤磐市


左利きの芝さんと、アメリカで陶芸を学んだ僕の共通点は、「ロクロの回転が普通と逆」ということ。 #赤磐市
左利きの芝さんと、アメリカで陶芸を学んだ僕の共通点は、「ロクロの回転が普通と逆」ということ。 #赤磐市


土を焼くという芸術。その、シンプルだけどとことん奥が深いところに惚れて、僕はそれを大学で専攻したんだ。そんなことを思い出した。 #赤磐市
土を焼くという芸術。その、シンプルだけどとことん奥が深いところに惚れて、僕はそれを大学で専攻したんだ。そんなことを思い出した。 #赤磐市


こういう工房兼自宅兼ギャラリー兼サロンのような家を、僕もいつか持ちたいと思う。憧れる。 #赤磐市
こういう工房兼自宅兼ギャラリー兼サロンのような家を、僕もいつか持ちたいと思う。憧れる。 #赤磐市


LOHAIの「さすらいワーク」の企画で岡山県赤磐市を訪れ、プチ移住体験をしてきました。そちらの体験記はすでに執筆済みで、公開待ちステータス。そちらの方も公開されたら、合わせて読んでいただければ。


by t0maki | 2017-04-09 15:50 | アート | Comments(0)
c0060143_15002494.jpg

約2時間のトークイベントで、8割から9割方しゃべっていたのはバロン吉元さん。60年代から70年代の劇画漫画ブームを牽引してきたすごい人。とにかく話が面白くてね、銀座の武勇伝とかまさに「昭和の漫画家」といった風格。で、そこにモデレーターの都築響一さんが加わって、話は銀座のキャバレーについて、ここでは書けないようなエピソードも出てきたりして。

バロン吉元さん。話が面白すぎ。ここに書けないよな。
バロン吉元さん。話が面白すぎ。ここに書けないよな。


モデレーターは、都築響一さん!前回の企画展も観ましたよー。
モデレーターは、都築響一さん!前回の企画展も観ましたよー。


吉元さんのお嬢さんだったのか。今回はキュレーターとして参加。
吉元さんのお嬢さんだったのか。今回はキュレーターとして参加。


吉元さんのライブペインティング作品。ここから、どう変わってくのか。
吉元さんのライブペインティング作品。ここから、どう変わってくのか。


こちらは、寺田克也さんのライブペインティング。まだ途中なのに、もうすでに名作の予感しかしない。
こちらは、寺田克也さんのライブペインティング。まだ途中なのに、もうすでに名作の予感しかしない。


バロン吉元さんのこの作品、すごかったな。
バロン吉元さんのこの作品、すごかったな。


この題字のデザインは、「バッ」の部分をバロンさん、「テラ」の部分を寺田さんが描いたもの。
この題字のデザインは、「バッ」の部分をバロンさん、「テラ」の部分を寺田さんが描いたもの。


銀座のキャバレーについてかなり詳しくなった以外にも、「漫画を描く」のと「絵を描く」ことについての話もいろいろと。漫画は、仕事として描く。絵は、1人で描く、と。漫画はどちらかというと、いろんな人が関わるプロジェクトみたいな感じなのでしょうね。一方で、絵を描くというのは、自分の創造的欲求を満たすもの。両方を交互に続けることで、自分の中で相乗効果があったと、吉元さんはおっしゃってました。

寺田さんの絵を描く手法の源泉が、手塚治虫さんの「漫画の描き方」の本に書いてあった「ラクガキは消えないペンで描きましょう」っていうアドバイスにのっとったものだって伺って、半分はジョークなんでしょうけど、なんとなく納得。フリースタイルで、キャンバスの上でペンが踊るように描き続ける寺田さんの画法。何かを見ながらではなく、自分の内側に湧き出るイメージを形にしていく、と。さすが、ラクガキングと呼ばれる寺田さん。作品も、素晴らしい。

寺田さんが描く女の子って、なんかこう、凛としてる感じ。少しアゴを引いて、こちらを見ているという構図が多いですね。動物や生き物、そしてファッションやマシーンが絡み合うモチーフは、奥行きもあり、そしてストーリーも感じられる。さすがです。

吉元さんの絵は、まるで吉元さんが生きてきた時代の変遷や、その生き方そのものが表れてる感じで面白い。「天女」と踊るような感じの作品。

そんな、吉元さんと寺田さんのコラボ展を企画したのは、吉本さんのお嬢さん、エミリー吉本さん。現在は、バロン吉本さんの仕事のマネージメントをされていらっしゃるそう。「漫画家はみんな銀座で飲むと思ってた」っていうエピソードが、面白かった。そんなエミリーさんですか、お父さんの作品を読むようになったのは、実は2年前からだそうです。

そして、今回のトークイベントのモデレーターは編集者として活躍しつつご自身でも本を書く都築響一さん。前回、アツコバルーで開催されたエロと文化をテーマにした企画展『神は局部に宿る』をプロデュースした際に、エミリー吉元さんも企画運営をサポートされていたそうですね。そんな縁で、今回のトークイベントが実現、と。都築さんとバロンさんがキャバレー話で盛り上がる中、寺田さんは話に入れず、エミリーさんが「漫画を描く人はみんな銀座で飲むと思ってた。誤算だった」とおっしゃってたのが面白かった。多分ですけど、バロン吉田さんは特別です。

『バッテラ[bateira]』展は、渋谷のアツコバルーにて、4月23日まで。


by t0maki | 2017-04-09 14:19 | アート | Comments(0)
c0060143_14072385.jpg

キングに会ってきた。ラクガキングの寺田克也さん。ライブドローイングの描きかけの絵を拝見したけど、下書きなしで複雑に重なり合う線を描くの、すごい。構図とか、奥行きとか、その裏にある「ストーリー」も。さすが、キングの風格。

こちらは、寺田克也さんのライブペインティング。まだ途中なのに、もうすでに名作の予感しかしない。
こちらは、寺田克也さんのライブペインティング。まだ途中なのに、もうすでに名作の予感しかしない。


会期中に、もう一回くらい行きたいな。ゆっくりと作品を鑑賞したい。
会期中に、もう一回くらい行きたいな。ゆっくりと作品を鑑賞したい。


作品展のトークイベントに参加してきた。
作品展のトークイベントに参加してきた。


渋谷のアツコバルーにて、バロン吉元さんとコラボした「バッテラ[bateira]」展開催中。4月23日まで。

by t0maki | 2017-04-09 14:04 | アート | Comments(0)
c0060143_21322882.jpg

「クリエイティブ・レーベル"nor"による音と色の共感覚をテーマとした3Dアンビエント・インスタレーション『herering』が3331 Arts Chiyodaにて開催」されるって聞いたけど、どんな作品なのかいまいち分かってないまま、知り合いの人が制作に関わったってことなので見に行ったんですけど、これがなかなかすごい作品だった。


位置を測定して、音と色に変換する。 #nor #herering
位置を測定して、音と色に変換する。 #nor #herering


この、色相の空間に入り込んでいく感覚。そして、それが音に変換されるのは、面白いな。 #nor #herering
この、色相の空間に入り込んでいく感覚。そして、それが音に変換されるのは、面白いな。 #nor #herering


右の壁から、青、黄色、赤の色相空間があって、下に行くと暗くなる。このデバイスを動かすと、その色相をプロジェクターでリアルタイムに映し出す、と。さらに、色を音に変換して、全方位のスピーカーで流す。すごいよ。 #nor #herering
右の壁から、青、黄色、赤の色相空間があって、下に行くと暗くなる。このデバイスを動かすと、その色相をプロジェクターでリアルタイムに映し出す、と。さらに、色を音に変換して、全方位のスピーカーで流す。すごいよ。 #nor #herering


これは、面白い展示だった。 #nor #herering
これは、面白い展示だった。 #nor #herering


その空間が見えない色相になっていて、そこにデバイスを向けて動かすと、空間を測定して壁に三台のプロジェクターで色と模様を映し出す。で、その色が音に変換されて、全方位のアンビエントスピーカー二台から流れる、と。こんな感じで合ってますかね?

この、色相の中に入り込むって感覚がなかなか面白くてね。で、それが「共感覚」を表現する音に変換される。

ぜひ、3331だけでなく、いろんな美術館でも展示してほしいな。

by t0maki | 2017-04-08 21:30 | アート | Comments(0)
c0060143_09464357.jpg

100均のダイソーで買った、組み立て式の恐竜のおもちゃ。ゼンマイ式で、動くよ。結構よくできてる。

ダイソーのティラノサウルス
こんな中身


ダイソーのティラノサウルス
パーツはすでに切れてます


ダイソーのティラノサウルス
ゼンマイ式で動きます


ダイソーのティラノサウルス
組み立て中


ダイソーのティラノサウルス
完成!


ダイソーのティラノサウルス
他にも何種類かありますよ


ポイントカードでよく使われるような、薄くて柔らかいプラスチックの素材の表面に、恐竜のデザインが印刷されてる。切れ込みがすでに入ってるので、それを手で分解して、あとは組み立てるだけ。小さな丸いパーツを取り除くために、ペン先とか楊枝を使うと簡単かも。僕は、分解した不要なパーツの尖ったところを利用して、ぽこっと穴を開けたけどね。

印刷がずれてたり(でもぎりぎり許容範囲)、ゼンマイの駆動時間が短かったりもするけど、これで100円は安いと思う。

そして、このゼンマイを利用して、レーザー加工機とUVプリンターを使って、自分のオリジナルデザインのをつくりたくなるね。今度やってみようかな。



by t0maki | 2017-04-04 09:36 | アート | Comments(0)

   
Back to Top