ブログトップ | ログイン
カテゴリ:アート( 460 )

c0060143_21572289.jpg

夏は終わったけど、海は良いよー。上野のGallery 心で開催中の「ボクらのうみ展2」に行ってきました。ヒラシマさんの塩水アート作品とか、カワサキさんの切り紙作品も、どんどん進化してるの、すごいよなー。ワークショップもきになる。9月24日(日)まで。
くらげ #ぼくらのうみ展
くらげ #ぼくらのうみ展

魚、どこに貼ろうかな。
魚、どこに貼ろうかな。

どれも細かい!!
どれも細かい!!

グラスエッチング。
グラスエッチング。

実はこれ、かぶれるらしい。思ったより軽い。 #ボクらのうみ展2
実はこれ、かぶれるらしい。思ったより軽い。 #ボクらのうみ展2

ひらしまさんの、塩水アート。時間とともにイメージが変遷していくのが面白い。 #ぼくらのうみ展
ひらしまさんの、塩水アート。時間とともにイメージが変遷していくのが面白い。 #ぼくらのうみ展

行ってきた。良いな、文化祭。興味を持ったことについて調べて、まとめて、発表する。ブログを書くのにも似てるから、勉強になった。
行ってきた。良いな、文化祭。興味を持ったことについて調べて、まとめて、発表する。ブログを書くのにも似てるから、勉強になった。



by t0maki | 2017-09-18 21:56 | アート | Comments(0)
c0060143_12364428.jpg
8年くらい前から僕が作り続けてる、このスタンプ作品。ライフワーク、と言えるほど大げさなものじゃないけど。

2011年に横浜赤レンガ倉庫のクリエイターイベントで売ってた作品のひとつが、この「(笑)」スタンプでした。真面目な契約書も、切ない恋愛小説も、手元のレシートも、このスタンプさえあればみんな笑顔で楽しくなるという、ある意味魔法のスタンプなのです。

2009年の「会社ごっこ」という、日本橋にオフィスを借りて会社のていで創作活動三昧をするっていう個人的なアート企画の中で生まれた作品で、この後銀座のギャラリーで販売したり、アート施設のギャラリーショップに置かせてもらったり。いろいろ展開しました。

これの四字熟語バージョンもあって、知り合いからお題をもらって、その言葉でスタンプをつくったりなども。お気に入りは、「夜露死苦」スタンプ。あと、「国家機密」ってスタンプもつくってあちこち押しまくったり。

これが派生して、デザフェスの一番でかい壁画コーナーにみんなで富士山を描くことになって、僕は「富士山」っていうスタンプをたくさんつくって、富士山判子をペタペタ押して富士山を描いた思い出。横幅8メートル、高さ3メートルの巨大な壁のキャンバスに、どでかい脚立に乗った身長185のおじさんが、ちまちま小さいスタンプを押してる姿。なかなか良いでしょ?

いろいろやったねぇ。

最近レーザー加工機を使えるようになってからは、業者に頼まずに自分でもスタンプを出力加工しています。

という、思い入れのある作品。

くだらないものを本気でつくるのが好きなのです。
「日曜アーティスト」ですから。



by t0maki | 2017-09-14 12:36 | アート | Comments(0)
c0060143_03304720.jpg

最初に藤浩志さんの「かえっこ」で、ワークショップをやらせてもらったのが2012年の夏。あれからもう5年になるのか。

最初は、フォトウォールの企画。そこから、おもちゃの絵を描いたり、顔をつけたり、しりとりしたり、レジンでおもちゃをリメイクしたり、封筒づくりをしたり。今回、9回目のワークショップは、「おもちゃを集めるゲーム」。

かえっこバザール、準備中。「おもちゃ集めゲーム」をやります。 #かえっこ
かえっこバザール、準備中。「おもちゃ集めゲーム」をやります。 #かえっこ


こんなワークショップでした。のべ18人が参加。2時間、あっという間。 #かえっこ #3331artschiyoda
こんなワークショップでした。のべ18人が参加。2時間、あっという間。 #かえっこ #3331artschiyoda


ぬいぐるみコーナー #かえっこ #3331artschiyoda
ぬいぐるみコーナー #かえっこ #3331artschiyoda


ミニカーたくさん #かえっこ #3331artschiyoda
ミニカーたくさん #かえっこ #3331artschiyoda


今日のかえっこは、2部屋にわたっての開催でした。 #かえっこ #3331artschiyoda
今日のかえっこは、2部屋にわたっての開催でした。 #かえっこ #3331artschiyoda


みんなでおもちゃを集めるだけのワークショップ。テーマを決めて、会場で探して、集める、と。 #かえっこ #3331artschiyoda
みんなでおもちゃを集めるだけのワークショップ。テーマを決めて、会場で探して、集める、と。 #かえっこ #3331artschiyoda


おみせのひと、やってました。 #かえっこ #3331artschiyoda
おみせのひと、やってました。 #かえっこ #3331artschiyoda


設営中の様子。 #かえっこ #3331artschiyoda
設営中の様子。 #かえっこ #3331artschiyoda


終わって1時間後にはこう。次回のかえっこ開催まで、しっかりと保管。 #かえっこ #3331artschiyoda
終わって1時間後にはこう。次回のかえっこ開催まで、しっかりと保管。 #かえっこ #3331artschiyoda


オークションも盛り上がってましたね。オセロ将棋のゲームがこの日最高値の落札。 #かえっこ #3331artschiyoda
オークションも盛り上がってましたね。オセロ将棋のゲームがこの日最高値の落札。 #かえっこ #3331artschiyoda


僕のワークショップコーナーには、のべ18人の子供たちが参加してくれました。一番はしゃいで喜んでたのは、オレですけどね。子供に混じって、おもちゃまみれの2時間、楽しかった。

昔、かえっこに参加したことがある男の子が、今ではもうバイトスタッフとしてしっかり仕事で参加していたり、時間の流れを感じるね。企画自体は、17年も経ってるからね。そういえば、どこか地方で開催する予定の方が見学に来ていた。いろんなところで開催されてる。

おもちゃの「かえっこ」。いらなくなったおもちゃを、誰かにあげる。そして、欲しいおもちゃと交換する。ものすごい量のおもちゃと、それぞれのおもちゃに込められた思い出。それが、ずっと循環しながら受け継がれてく。

それを、僕は5年間見て来た。以前は手伝いに来ていた娘は、今回中学受験の夏期講習のため欠席。たぶんもう、一緒に参加することはもうないかもしれない。

なにかこう、時間の流れって薄情だよね。だからこそ、今を大切にすべきなんだな。

今回も、楽しくワークショップがてきました。試行錯誤をしながらだったので、8回くらいやったワークショップの仕切りが毎回バラバラだったり、当初の予定とは違う方向になったり、あるいは要領悪かったりもしましたが、なんとか時間いっぱいギリギリまでみんなと楽しく遊べてよかった。

いろんなご縁があって、この3331 Arts Chiyodaでの工作ワークショップがきっかけで、東急百貨店さんでのエコ封筒づくりワークショップの開催や、バッファロー社さんの「おもいでばこ」イベントで写真を使ったワークショップなどをさせていただきました。

また今後も、「日曜アーティスト」としていろいろ企画を考えつつ、引き続きいろいろ面白いことをやっていきたいと思います。


by t0maki | 2017-08-07 03:08 | アート | Comments(0)
c0060143_23460974.jpg

駐日チェコ共和国大使館の敷地内にある、チェコセンター東京のギャラリーで、チェコの人形劇に使われるマリオネットと、その文化や工芸の歴史が展示されています。この作品展は、国立新美術館でミュシャ展をやってたときに、終わりの方で同時開催されていた展示ですね。

場所が変わると、作品の印象も変わりますね。新美術館の方では柵で囲われてた展示が、ここではすごい間近で見られる。人形の息づかいが聞こえてきそう。

駐日チェコ共和国大使館
駐日チェコ共和国大使館


人形たちに再会してきた。
人形たちに再会してきた。


国立新美術館での展示と違って、柵がないので人形との距離が近い。
国立新美術館での展示と違って、柵がないので人形との距離が近い。


人の形をしただけの木塊なのに、そこに感情があるようにみえるのが不思議。
人の形をしただけの木塊なのに、そこに感情があるようにみえるのが不思議。


みる方が、そこに感情を重ねるからだろうな。
みる方が、そこに感情を重ねるからだろうな。


なぜ、人形なのか。後ろでマリオネットを操る人たちの顔は見えないので、社会に対して批判がしやすいから、とかあるのかな。
なぜ、人形なのか。後ろでマリオネットを操る人たちの顔は見えないので、社会に対して批判がしやすいから、とかあるのかな。


人間ではできないような役も、人形ならできる。特撮もいらない。
人間ではできないような役も、人形ならできる。特撮もいらない。


広尾のチェコセンターにて、8月4日まで。

by t0maki | 2017-07-14 23:40 | アート | Comments(0)
c0060143_11052326.jpg

所持金8,000円だったけど、6,000円出して年パスを購入して、森美術館へ。アジアをテーマにした作品展と、屋上のスカイデッキと、東京シティビュー展望台を訪れました。いつものコース。

Sunshower. 晴れている時の雨は、虹が出やすい。
Sunshower. 晴れている時の雨は、虹が出やすい。


Oh, how I missed this place.
Oh, how I missed this place.


I've got to come back to this room.
I've got to come back to this room.


I love being here.
I love being here.


夕暮れ時
夕暮れ時


このHTC U11で撮れる写真、なかなか良いな。好きな感じ。 #htcサポーター
このHTC U11で撮れる写真、なかなか良いな。好きな感じ。 #htcサポーター


Maman
Maman


I was here.
I was here.


年パス、これで4枚目。ということは、森美術館に足繁く通うようになってもう4年目ってことか。最初に年パスを買ったのはGoogleで居候社員をしてたころ。森美術館が入ってるのと同じビルで働いてたので、昼休みや会社帰りなどに毎日のように通ってた。最初に年パスを買った時は、アンディ・ウォーホルだったと思う。間に改装が入って年パスを延長してもらったり、リニューアルオープン記念で半額で買えたり、うっかり当選したりもした。で、今回4回目、と。

美術館・博物館が好きだ。大学で博物館学(Museology)のクラスを受講して、美術館や博物館の裏側を見学したりして学んだ。大学四年のインターンシップでは、ネバダ州の歴史博物館で働いた。

美術館・博物館の雰囲気が好きなんだ。匂いというか、空気感というか。インターネットがまだなかった時代の、「知の集積」がそこに形となって現れてる。人間が集めたもの。歴史とか文化とか芸術とか、自然や科学やその他いろんなものが集まってる。図書館や動物園も、ミュージアムに含まれる。

この地上53階の美術館は、もう生活の一部みたいな感じ。

by t0maki | 2017-07-13 10:47 | アート | Comments(0)
c0060143_20442749.jpg
Google のお絵かきツール、AutoDrawで遊んでみた。面白いね、これ。

顔を描いてみたら、、、
c0060143_20470043.jpg
スーツに変換された。
c0060143_20473084.jpg
どんなラクガキでも、それに近いものを見つけて、イラストにしてくれるんだ。
次は、こんな顔。
c0060143_20493186.jpg
え?どういうこと!足の裏に変換されたね。
c0060143_20500106.jpg
足の裏みたいな顔の人って、いったいどんな人なんだろう。

最後に、こんな顔。
c0060143_20510682.jpg
そしたら、あの名画になったよ。
c0060143_20513624.jpg
なんだか、巨匠になったような気分。面白いね、これ。

ラクガキを自動的に変換してくれる機能のほか、普通のドローツールや、丸・四角・三角などの図形描画、塗りつぶしとか、ペンツールとかもあって、普通にイラストのツールとしても面白いよ。Googleらしく、いろんなキーボードショートカットも用意されているので、ここらへんを覚えておくと便利に使いこなせそう。
c0060143_20544252.jpg
今回は、タイトル画像もAutoDrawでつくったよ。

っと、今日はこんな感じで。



追記:
スマホでも描いてみた。なんじゃこれ?
c0060143_00041371.jpg



by t0maki | 2017-06-24 00:02 | アート | Comments(0)
c0060143_11123573.jpg

国立新美術館のミュシャ展。やっぱりすごいね。また見に行けたー。音声ガイドを聴きながらだと、また新しい発見があったりして、3回目の鑑賞もとても楽しめました。ヤンフスのこととか、ようやく理解した。

5/24から始まった人形劇の展示コーナーも良い感じ。プラハでマリオネットをつくったけど、実はまだ実際の人形劇を見てないんだよね。今度行った時は、観劇もしてみたい。

最後にもう一度、見にこられてよかった。 #ミュシャ展
最後にもう一度、見にこられてよかった。 #ミュシャ展


スラブ民族の歴史や文化、宗教観、戦争や人々の生活が等身大ですぐそこにあるような感覚。 #ミュシャ展
スラブ民族の歴史や文化、宗教観、戦争や人々の生活が等身大ですぐそこにあるような感覚。 #ミュシャ展


オーディオガイド、良いね。作品を見ながら説明が聞ける。ヤンフスのこととか、初めて知った。 #ミュシャ展
オーディオガイド、良いね。作品を見ながら説明が聞ける。ヤンフスのこととか、初めて知った。 #ミュシャ展


そんな展示。 #チェコ人形劇 #日本におけるチェコ文化年
そんな展示。 #チェコ人形劇 #日本におけるチェコ文化年


チェコといえば、マリオネット。 #日本におけるチェコ文化年 #チェコ人形劇
チェコといえば、マリオネット。 #日本におけるチェコ文化年 #チェコ人形劇


マリオネットたち。 #チェコ人形劇 #日本におけるチェコ文化年
マリオネットたち。 #チェコ人形劇 #日本におけるチェコ文化年

というわけで、ミュシャ展3回目の感想。

ミュシャが晩年に描いた「スラブ叙事詩」という、20点からなる絵画の連作。ミュシャ展で2回ほど鑑賞した後も、しばらくずっとその中のひとつである『ヴォドナャニのペトル・ヘルチッキー』という12番目の絵が気になっていたんですよ。戦争で亡くなった複数の人たちの死体が横たわり、その周りで嘆き悲しむ人が描かれている絵。オープン前日のレセプションで見たときは、ただなんとなくさらっと眺めて終わったのですが、2回目に見たとき、その絵の中心にいる女性と文字通り「目が合って」どきっとした。遠い異国の地で昔起こった戦争の光景を第三者的に美術館で見ていたら、突然絵の中の人物がこちらに向かって語りかけてきたような衝撃。ぐったりした赤ん坊を胸に抱きかかえるその女性は、何かを訴えかけている。ちょっと怖くなって、僕はその場を離れて次の絵画に進んだ。

あの女性の視線。そして、胸に抱えている赤ん坊は、はたして生きているのか、死んでいるのか。それがしばらくずっと気になってた。人によっては、「死んだ赤ん坊を抱えてる」っていう。テレビのドキュメンタリー番組では「生きている(と思いたい)」的なコメントをしている人がいた。

三回目、ミュシャ展を訪れたとき、再度この『ヴォドナャニのペトル・ヘルチッキー』という絵をじっくりと鑑賞してみた。

絵の中には、たくさんの死体が横たわっている。その皮膚の色は、明らかに血色を失った土気色である。その周りで悲しみにもだえる人たちの皮膚の色とは全く違う。皮膚の色で、生きているのか、死んでいるのか判別ができる!

ならば、その赤ん坊の皮膚の色は?生きているのか?死んでいるのか?

赤ん坊の皮膚の色は、あきらかに死人のそれとは色が違っていた。ということは、生きている!でも、明らかに血色が悪い。抱えている女性の皮膚の色よりも褪せている。かろうじて赤みを残しているが、明らかに衰弱しきっている。あるいはもう、今まさに命を落としかけているのかもしれない……。

そんな赤ん坊を抱きかかえた女性の視線が、絵を見ている我々に訴えかける。
この絵の副題は、「悪に悪で報いるな」。

悪を倒すための戦争。戦っているどちらの側も、自分が善だと信じている。悪を懲らしめる正義の鉄槌を下しているのだと。

悪を倒すための暴力。そしてその暴力に復習するための暴力。報復と復讐がとめどなく増幅して、暴力に対抗する暴力がしだいに膨れ上がっていく。その結果、たくさんの人たちが死に、これからもたくさんの人が死ぬだろう。

その、死にそうな赤ん坊を抱きかかえた女性が、僕らに訴えかけてくるもの。
戦争の愚かさと、悲しみ。死にかけた赤ん坊を抱きかかえるその女性の視線が、見るものの胸に突き刺さる。





by t0maki | 2017-06-01 08:01 | アート | Comments(0)
c0060143_08200313.jpg

「Crowdfunding for Makers & Entrepreneurs」と題して、クラウドファンディング成功の秘訣を学ぶイベント。僕は今まであまり縁のなかったクラウドファンディングだけど、その目的がお金だけじゃなくて、商品のファンが集まるコミュニティを構築することだって聞いて、俄然興味が湧いてきた。

Kickstarterでデザイン&テクノロジーディレクターを務めるJulio Terraさんがパネルディスカッションに登壇。クラウドファンディングのコミュニティとしての役割についての話が面白かった。

Kickstarterは、今年中に日本へ本格的に進出するらしい。そして、日本で立ち上げを担当するのが、以前Facebookの日本立ち上げでも活躍した児玉太郎さんだというのも興味深い。

会場は、赤坂のTechShop。なにやら今後の展開が面白そうで、わくわくするイベントだった。


本日のテーマはこちら。登壇者紹介の中に「Lomography」ってのが書いてあって、それが今回参加したキーワードのひとつ。
本日のテーマはこちら。登壇者紹介の中に「Lomography」ってのが書いてあって、それが今回参加したキーワードのひとつ。


Kickstarterでデザイン&テクノロジーディレクターを務めるJulio Terraさん。クラウドファンディングのコミュニティとしての役割についての話が面白かった。
Kickstarterでデザイン&テクノロジーディレクターを務めるJulio Terraさん。クラウドファンディングのコミュニティとしての役割についての話が面白かった。


Jellop共同創設者のGil Shterzerさん。イスラエル出身の方。Kickstarterのクリエイター達の資金調達をサポート。
Jellop共同創設者のGil Shterzerさん。イスラエル出身の方。Kickstarterのクリエイター達の資金調達をサポート。


Proper Propagandaコミュニケーション戦略総責任者のJackson Wightmanさん。カナダの人。PRが専門。
Proper Propagandaコミュニケーション戦略総責任者のJackson Wightmanさん。カナダの人。PRが専門。


Facebookの日本立ち上げに活躍した児玉太郎さんが、今度はキックスターターの日本立ち上げを担当する、と。 右は、TechShop Japan代表の有坂さん。
Facebookの日本立ち上げに活躍した児玉太郎さんが、今度はキックスターターの日本立ち上げを担当する、と。 右は、TechShop Japan代表の有坂さん。


さて、今日はこちらへ。セミナーに参加するのです。
この日の会場は富士通が運営するものづくり工房「TechShop」


実は結構久しぶり。懐かしいってほどではないけど。前回は、ここで頑張ってつくったなぁ。
ここで、ものづくりのハッカソンイベントに参加したことが何度かあります。

クリエイターが自分が開発して販売する製品に値段をつけるのは、なかなか難しいと思うのです。つくるまでの費用は計上できても、そっから先の修理やサポートまでの顧客サービスにかかる手間や費用を考えてなかったり。Q&Aの時に、そこらへんの質問をしてみたら、Julioさんが的確な回答をしてくれました。

出品者には、2種類ある、と。
サステイナブルな製品開発と販売をしている会社は、ビジネスを継続させるのが目的だから、割とそこらへんしっかりと考えてる。それに反して、とりあえずかっこいいものをつくって売り出したいみたいな、クラウドファンディングを宣伝に利用して「どうだい、すごいだろ」みたいな感じで売ろうとしてるとこは、結構カスタマーサポートなどあまり考えてないとこが多い、と。

個人的には、クラウドファンディングだけでなく、スタートアップ全体に言えるけど、このサステナブルってのをきちんと考えてないとこが多かったりもする。そういうところは、当たり前だけどビジネスが長続きしない、と。そういう一過性の刹那的ものづくりをしてるとこに出資してものを買うと、後で壊れても修理もしてくれず、サポートすら受けられないとこもあったりする。そもそも、クラウドファンディングってのはそういうものだって割り切って物珍しい新しい製品を購入するものだって思ってたけど、そういうのばかりではないってのが分かったのが今回の収穫。

クラウドファンディングのプラットフォームをCRMのツールとして活用し、そこで製品やブランドの「ファン」を増やすことで、すごく面白いことができるんじゃないだろうかと思った。開発者とユーザーがそこで直に繋がることで、そこから生まれてくる新しいコミュニケーションや製品開発、カスタマージャーニーが生まれてくると思って、そんなことを考えてたらものすごくワクワクしてきた。

そんなことを、懇親会でJulianさんやGilさんに話してたら、「デザインが優れた商品なんかも積極的にクラウドファンディングに出したら良いよ。君もつくって出しなよ」みないなことを言われたので、調子に乗ってなんかプロジェクトを考えてみるかもしれない。

というわけで、キックスターターが今年中に日本にやってくるのが楽しみだ。

by t0maki | 2017-05-31 08:00 | アート | Comments(0)
c0060143_21142466.png
1998年につくったこのミニサイトが、たぶん僕が生まれて初めてまともにつくったWebデザインだと思う。大学を卒業してすぐ、ロサンゼルスの宝石デザイン会社で広告写真の仕事をしながら、HTMLやデジタル画像編集を勉強していた頃に、TalkCityだったかGeocitiesだったかの無料Webサービスにこのサイトをアップした記憶。コーディングはテキストエディターにタグを手打ちで。

日本に帰国してから、インターネットサービスプロバイダーに勤務しながらWeb制作の仕事を続け、やがて外資系企業のサイトを手がける制作会社に転職し、そこから本格的にWebデザイナーとしての仕事をした。その後、ディレクターやプロデューサーなどの職務を経て、今は外資系の代理店で制作管理の仕事をしている、と。

CSSもHTML5もまだ存在すらしてなかった頃、ずいぶんとシンプルなコーディングで懐かしい。





by t0maki | 2017-05-09 21:18 | アート | Comments(0)
c0060143_19390572.jpg
1999年につくったWebデザイン。懐かしいと言うか、なんと言うか。そんな時代もあったよね、と。

大学で陶芸彫刻を専攻して、油絵、水彩、版画、写真とひととおり学んだけど、唯一デジタルアートだけは在学中に学ぶ機会がなく、卒業後に就労ビザの発行を待ってる間に気まぐれに受講した夏学期のクラス(ギャラリーインスタレーション)を教えてたのがたまたまデジタルメディアの先生で、特に何かを教わったというわけではないけど、パソコン機材一式があるラボに入れてもらったのがデジタルアートとの出会い。それがきっかけでロサンゼルスの宝石デザイン会社で広告写真の仕事に就いてPhotoshopの腕を磨きつつ、そこでWeb制作の基礎を独学で身につけて、それが今の仕事に繋がっていった感じなのです。

その当時、駆け出しのWebデザイナー志望だった頃に、こんな習作のサイトを山ほどつくってました。ソースコード見たら、なんと「Macromedia Fireworks 1.0」とか書いてあって、懐かしすぎて涙が出そうです。





by t0maki | 2017-05-09 19:42 | アート | Comments(0)

   
Back to Top