ブログトップ | ログイン
カテゴリ:ライフスタイル>映画・書籍( 98 )

c0060143_00305655.jpg

やばい、かなりAMYが観たくなったんだが、公開まであと3ヶ月くらいあるんだよなー。海外に観に行く?国際線の飛行機でなら観られる?

映画「AMYエイミー」公開記念特別トークイベントを見てきました。ピーターバラカンさんと、レイチェルさん。ご挨拶しようと思ったんだけど、CD買ったらもういらっしゃらなかった。また今度。

c0060143_00305659.jpg



by t0maki | 2016-04-18 00:27 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_02095199.jpg

福島の子どもたちへ、「世界が広がる100タイトルの本」をプレゼントする「小窓プロジェクト」っていう企画がありまして、僕も応募したんです。僕がお勧めしたのは『アルジャーノンに花束を』っていう割と有名どころで、同じことを思いつく人が多かったせいか、この本をお勧めした人が結構いたようです。良い本ですよね。僕は、留学準備のために英語の勉強をしてた頃に原書でこの本を読みました。日記風に書かれた本なのですが、作中で主人公のチャーリー・ゴードンの知能が上がるにつれ、文体がどんどん洗練されてくのは、読んでてすごく面白かった。

c0060143_03182003.jpg

小窓プロジェクト

先日、グーグル社主催のイベントで、この「小窓プロジェクト」プロジェクトの担当の方に初めてお目にかかって、冊子の実物を見せてもらいました。そもそも、この企画はグーグル社の「イノベーション東北」っていうボランティアのマッチングサイトのプラットフォーム上で募集をした企画。たまたま僕がGoogleの居候社員(ベンダーとして出向)してた頃に、この東北支援のWEBサービスの存在を知って、即応募してみました。ちょうど昨日の、花見をしながら桜のドキュメンタリー映画を観る企画も、このイノベーション東北経由の募集だったり。
なんとも繋がりって面白いもので、昨日の花見も結構知り合いの方たちが参加してて、なおかつスタッフの方とは前述のグーグル社イベントも含め何度も同じイベントに参加してるけどニアミスばかりで実際ご挨拶するのは初めてだったり。

で、改めて本の話。さっきから何度かメンションしてるグーグル社主催のイベントで、ご一緒したオズマガジンの方がお勧めしてたのがこの『考える練習をしよう』という本で、小窓プロジェクトの方も「読んでます!」って絶賛してたのですね。「これはオレも読まなきゃ」ということで、図書館で予約。ちょうど今読んでるとこです。

「考える」ということについて、いろんな事例やエクササイズを通じて、楽しみながらトレーニングできる本で、子供向けと言いつつ大人が読んでも十分面白い。いやむしろ、頭が固くなってきた大人こそ、読むべき本かもしれません。

例えば、こんなエクササイズ。結構有名な問題ですよね。

・千円札を立てて、そのふちに百円玉を乗せるには?
・3×3の点を全て通る、4本の直線を一筆で書いてみよう
・5リットル入りと3リットル入りの2つの水挿して4リットルはかる方法は?

「コロンブスの卵」のエピソードもありましたね。ゆで卵を立てる方法。実はあれって、卵をグシャッて潰して立てるのが正解なのですが、塩を使うと潰さずに立てられるの、知ってました?

ただこれって、自分で思いつくのと、知識として知るのとではだいぶ違う。卵の立て方を自分で思いつくことができる人の方が良いに決まってる。答えを聞いてからそれを知識として覚えるのではなく、「考える方法」を身につけて、それを身の回りの問題に当てはめて、解決していく。

この本は、そんな考え方を身につけるのに役立つ、面白い本です。さすが、お勧めされる本だなー。

「考えることを考えることが、きみの頭をはたらかせる力になるんだ」

普及版 考える練習をしよう
マリリン バーンズ
晶文社
売り上げランキング: 22,340


by t0maki | 2016-04-08 02:08 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_10320582.jpg

最初に『宇宙戦争』を観た時、映像すごいなと思ったんですがストーリーがどうも中途半端で「えーーー」な感じだったんですけど、再び観てみたら、割と童心に返って楽しめました。子供向けのSF作品が映像化されてるので、ここはやっぱり子供の目線で観た方が楽しめると思います。大人になっちゃうと、冷めた目で見ちゃうからダメだね。

c0060143_10320507.jpg

で、続いて『Super 8』を観たんですけど、これも以前見た事がある映画。最後まで見ずに、1時間ちょっとのところで止めときました。最後まで見るとかなりがっかりするので。確か、以前見た時がそうだったから。

やっぱりね、宇宙人とかモンスターとか、見えそうで見えないのが良いのかなー、と。ジョーズとか、見えそうで見えないから余計怖い。

そういえば、この二つの映画、共通点はダコタ姉妹ですね。


by t0maki | 2016-02-26 23:47 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_19573531.jpg

こないだ見かけて、面白そうだったので図書館で借りてみました。オリンピックイヤーに向けて接客業の方も、外国人観光客と英語で会話ができるように、と。

基本的な接客のフレーズとかいろいろ載ってて、かつCDも付いてるので勉強するには良いと思います。

数字の数え方を読んでて、これはアメリカ式だなー、と。イギリスでは、数の数え方が微妙に違うんですよね。確か、billionの桁が違う。初めて知ったときはショックでしたよ。1 billionが、アメリカとイギリスとで違うだなんて。

ま、普段、外国人のお客さんに1 billion yenのものを売るなんてことないから、まぁ、いいっちゃあいいですけど。


by t0maki | 2016-02-23 00:06 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_02404065.jpg

一瞬、ティム・バートン作品かと思ったら、違ったね。
ちょっとダークな、レトロなホラーテーマの、コマ撮りアニメ映画。
カラーの3Dプリンタを使って人形をつくったりもしたらしいよ。

霊と会話ができる主人公。でも、後半霊がいなくなっちゃったのはなんで?

by t0maki | 2016-02-17 16:38 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_15421370.jpg

オレ、実はスパイアクション映画の中でこれが一番好きって言ってもいいくらい、この『ナイト&デイ』が好きかも。

今回観るの、3回目かな。
ストーリーがうまく組み立てられてて、アクションも淀みなく、主演の二人の息もピッタリ。全体的にテンポも良いし、すごく好きな映画。

ただやっぱり、後半で牛が出てくるあたりでちょっと「あれ?」ってなっちゃうのと、あとトムとキャメロンはもう少し若いときに演じてたらまた印象違ってたのかな、とも。

良い感じでスパイ映画を揶揄してる感じのコメディ要素が随所にあって、面白い映画ですよ。

by t0maki | 2016-02-13 15:32 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_15310996.jpg

いつだったか、どのエピソードだったか忘れたけど、飛行機でJackassを観たことがあって、そんとき確かにブラッド・ピットが出演してたんだよね。ジョニー・ノックスビルじゃなくて、確実にブラッド・ピット。

で、日本に帰ってからDVDとかでひと通りJackassシリーズを観たけど、どこにもブラッド・ピットが出てこない。「なにあれ、夢だったの?」とか思ったけど、今回改めてネットで探してみたら、YouTubeで見つかった。

ま、それだけの話ですが。

相変わらず、おバカで、アメリカっぽくて、面白い。日本のリアクション芸人が霞んで見えるほど、バカをやりまくってやり切ってる感じが楽しい。

あ、でもあれだね。人前で「Jackassが好き」とか言わない方が良いよ。人格疑われるから。

この3作目に登場した出演者で、もう既に亡くなってる人がいるんですね。スタントとは関係なく、事故だったらしいけど。


by t0maki | 2016-02-13 15:22 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_15222889.jpg

スライとアーニーのダブルアップ。
まぁでもそれは、エクスペンダブルズでみちゃったからな。
映画は、それなりに面白くて見所もあったけど、病み上がりのベッドで観てたらところどころうつらうつらしてしまうなど。
サプライズがあまりない。逆に言うと、安心して観られる映画。

『大脱出』って、なんか骨太の日本語タイトルも、直球ですね。

by t0maki | 2016-02-13 15:12 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_15120748.jpg

そっか、前回観たのは飛行機の中だった。小さな画面で、字幕も無しに観たので、ところどころ分かんないままだったところが、今回改めてじっくり見たらよく分かった。そもそも、なんで胸にでっかいカラータイマーみたいのをつけてんのかが実は分かってなかったよ。爆弾の破片を心臓に行かないようにするためね。

というわけで、『アイアンマン』を観た。既に存在する世界観を映画にするって難しいよね。そして、その世界観を壊さないように、続編やスピンオフをつくってくのも。

マーベルって、そこらへんすごいよね。

エンドロールの一番最後も見逃さないように。


by t0maki | 2016-02-13 15:04 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)
c0060143_10572953.jpg

インフルエンザで自宅療養中につき、映画やドラマをストリーミング視聴できる「NETFLIX」に登録してみました。月額680円のコースで、まずは無料お試し。
映画のセレクションを見ましたが、結構良いですね。セブンとか、ファイトクラブ、マトリックス、プライベートライアン、マスク、ユージュアル・サスペクツなど好きな映画がいろいろ見つかったので、どんどんお気に入りに追加。テレビバラエティーのゴッドタンもありますね。オリジナルの作品もいろいろあったり。

で、今回観たのが、『メガマインド』っていうCGアニメーション映画。アメコミ文化のアメリカならではのヒーローもの。ただし、この映画では悪役が主役、と。面白い映画でした。ストーリーもきちんと作り込まれてて、安心して観ていられる。声優陣も良いですね。主役のウィル・ファレルはハマり役。ブラッド・ピットとか、ジョナ・ヒルとか、キャラクターにぴったり。ベン・スティラーも声で登場してますが、製作も。

日本では劇場公開してない作品みたいですね。悪役が主役ってのが、子供を混乱させるとか、そんな理由なのかな?それとも、アメリカの配給元が強気で売ろうとして、日本の配給会社と温度差があって折り合いがつかなかったとか。まぁ、真実はわかりませんけど。NETFLIXなら、観られますよ。


by t0maki | 2016-02-13 10:38 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

   
Back to Top