ブログトップ | ログイン
カテゴリ:ブロガーイベント( 440 )

c0060143_10022989.jpg


みんなで真剣にそれぞれブログ記事を書いた後は、

c0060143_10022906.jpg


カンパーイ、と。

第37回東京ブロガーミートアップのテーマは、「初心者も集まって一緒にブログを書こう」っていうことで、まずは会場で50分ほどかけてブログを更新して、その後みんなで発表、と。僕は4本の記事を書きました。

第37回東京ブロガーミートアップの会場でみんなブログ執筆中 : 日曜アーティストの工房

耐熱手袋がベランダバーベキューで大活躍 : 日曜アーティストの工房

スペアパーツも付いてごっつい本格的な剪定バサミ : 日曜アーティストの工房

スペアパーツも付いてごっつい本格的な剪定バサミ : 日曜アーティストの工房

みんなカタカタノートパソコンで更新してる中、ひとりだけチマチマiPhoneで更新。写真は既にコンデジで撮影したものをInstagram経由でFlickrに同期してあるので、そこから画像を引っ張ってきて、サクッと文字を書いて、記事公開、と。慣れると、10分もかからずに書けるようになります。

というデモを、iPhoneをプロジェクターに繋いでちらっとお見せしたり。

勉強会の後は、いつもの居酒屋さんで懇親会。ビールとハイボールが180円!焼きそばの麺でつくるナポリタンも美味いです。

「オフレコ」についての話で盛り上がったり。

今回もいろいろと勉強になりました。みんなで、ブログ書くって、面白いですね。

次回はまた、来月開催予定。

by t0maki | 2016-01-14 03:07 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_19500854.jpg


AMNの会議室、集まったブロガーさんたちが黙々とブログを執筆中。キーボードのカタカタいう音に気迫がにじみ出てる中、一人だけ呑気にiPhoneでこの記事を書いてますよー。

c0060143_19500843.jpg


第37回東京ブロガーミートアップのテーマは「初心者も集まって一緒にブログを書こう」ってことで、まずはみんなでそれぞれブログを書いてるところ。僕は、このブログを書き終わったら、溜まってるレビュー系の記事でも書こうかな、と。

というわけで、一本目の記事をちゃっちゃと切り上げて、次のを書こうっと。


by t0maki | 2016-01-13 19:44 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_09560708.jpg

ただいま、ソニーさんから端末をお借りして、「Xperia Z5 Premium」をモニターレビュー中。
というわけで、改めてイベント当日に撮影した写真など。

▼発熱対策とか。この銅色の部分で熱を逃がす、と。
発熱対策とか。


▼ここらへんをCNCミリングマシンの切削加工で頑張ったらしいよ。動画見たかった。
ここらへんをCNCミリングマシンの切削加工で頑張ったらしいよ。動画見たかった。


▼背面パネルのバリエーション
背面パネルのバリエーション


▼分解されたの、見るの好き。
分解されたの、見るの好き。


▼カラフル
カラフル


端末は、日々絶賛活用中。後でまた記事書くよー。

by t0maki | 2015-12-29 19:24 | ブロガーイベント | Comments(0)
この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

c0060143_00513601.jpg

渋谷にモディっていう新しい商業施設ができたのは知ってましたけど、実際に訪れたのは初めて。しかも、2010年に渋谷から撤退したHMVが、今回「HMV&BOOKS TOKYO」として渋谷モディ内に旗艦店として復活したっていうんだから、テンションあがる。

今日はこちらへ。モディっと。


で、ですね。本題に入る前に、どうしてもこれだけは書きたいんですが、7,8年くらい前の僕のHMVとの思い出。当時、僕は「マイクロ小説」っていう超短編小説を書いてて、メルマガやらケータイサイトやらなんかに短い小説作品を公開してたんですね。で、そのうち作品をまとめて本にしようってことになって、プリントオンデマンド(POD)方式で販売したんですよ。書籍のデジタルデータがサーバー上にあって、店頭でオーダーするとその場でプリントアウトして製本してくれるサービス。紙の書籍と電子書籍との中間みたいな、不思議なサービスなんですが、そのPOD書籍を取り扱ってたのが、HMVだったワケ。

行きましたよ、わざわざHMV渋谷店へ。で、自分の本を自分でオーダーしました。実際に製本されて受け取った時は、感動したなぁ。

で、今回はブロガーとして「取材」ってことで、復活したHMVに再び訪れることができて、すごくうれしい。

まずは「HMV&BOOKS TOKYO」と情報誌の「GoodsPress」がコラボしたトークイベントを取材してきました。今回、HMV&BOOKS TOKYOのアドバイザーとしても協力しているnumabooksの内沼晋太郎さん、元GoodsPressの編集長で現メディアプロデューサーの長谷部 敦さんに加え、第一部はHMV&BOOKS TOKYOの書籍担当バイヤーの岩崎さん、そして第二部はVERYNERDのメガネデザイナーエダンディこと江田雄一さんが登壇して、『HMV&BOOKS TOKYOにみる “リアルショッピング” のこれから』というテーマで公開トークイベントを行いました。

もう少しで始まるね。


HMV&BOOKS TOKYOのアドバイザーを務めるブック・コーディネーターの内沼晋太郎氏、HMV&BOOKS TOKYOの書籍担当バイヤーの方と、GoodsPressのメディアプロデューサー長谷部敦氏の3人によるトークらしいですよ。そろそろかな。まだ記者席の方が人多い。


興味やライフステージのマッピングとリンクした売り場づくり。これは大変だなー。立ち上げももちろんだけど、次々本や雑誌が発売される中で、その売り場を維持し、より良くしてくのは、すごいことだと思う。


サングラッチェ! #hmvbooks #verynerd


面白かったのは、内沼さんの「本屋の売り場づくり」のお話。ご自身、下北沢で約30坪「B&B」という書店を立ち上げているのですが、今回は一気にスケールアップしてなんと500坪のHMV&BOOKS TOKYOを手掛けることになり、従来の書店とは全く異なる新しい分類と「発見性」を大事にしたとのこと。

ここらへん、イベント後の店内ツアーでも改めて実感したのですが、売り場の分類が通常の本屋と全然違うんです。そもそも、書籍とコミック、DVD/CD、雑貨までもが混然一体と陳列されている。フロアごとに5階は「世界の旅と文学」、6階は「生きるヒント」、そして7階は「ポップカルチャー」と大きく分類され、その中で恋愛に関する「男と女」というコーナーや、「ものづくり」というMakers系の書籍も充実したコーナーや、「大人の趣味」、「からだ」、「食」、「しごと」、「家」など、興味やライフサイクルをうまく「マッピング」してつくりこんだというカテゴライズがすごく面白い。だから、「アウトドア」のコーナーにはアウトドアに関する雑誌や書籍、DVDなんかの他にも、実際にアウトドアグッズまで販売しているという。

「世界の旅と文学」コーナー。書架の高さが工夫されてて見渡せる感じ。かと思えば、迷路みたいな通路や、奥まった小部屋みたいな空間もあって、探検してるみたいで楽しい。 #hmvbooks


「男と女」コーナー。独自の分類で、面白い。普通の書店のカテゴリー分けとちょっと違う感じ。 #hmvbooks


例えばこんな風に、アウトドアコーナーには、アウトドアに関する本や雑誌、DVDなどの他に、リアルにアウトドアグッズが売ってたりもする。 #hmvbooks


アート系の大きな書籍を見ることもできる、テーブルと椅子のあるスペース。#hmvbooks


「A Day in the Life」のコーナーには、曜日ごとに書架が並んでおり、翌週のそれぞれの曜日に開催される当日のイベントに関連した書籍が売られていたり。
「動き」のある売り場を実現するのって、実はすごいことだと思います。店内に書籍検索の情報端末が設置されてるのですが、売り場が動くということは、データも更新しなければならないですからね。たとえば、同じタイトルの雑誌でも、特集の内容によって売り場が変わってくる、と。かつ、雑誌は雑誌でひとつのところにまとめて販売もしていて、つまり書籍によっては、書店内の複数の棚に置いてある、と。買う方はすごく楽しいですけどね。書架の間を歩き回ってると、いろんな本に出会えてホントに楽しい。

店内ツアーが終わって解散した後、店内をぶらぶらまわっていったんですけど、やっぱり一番気になった「ものづくり(Makers)」のコーナーで、気になる本を見つけて2冊購入してしまいました。ひとつは、『FabLife』っていう、デジタルファブリケーションに関する、田中浩也さんの本。そしてもう一冊は、『ナウシカの飛行具、作ってみた』っていう八谷和彦さんの本。お二方とも、3331 Arts Chiyodaっていう中学校を再生したアート施設で、それぞれ全く異なるイベントでお目にかかったことがあります。方や、日本にFabLabを持ってきたメイカーズムーブメントの先駆者。そして方や、面白いものをつくるのが好きでホバーボードをつくったり、ポストペットを開発したり、しまいには飛行機までつくってしまったアーティスト。このお二方の本がおんなじ棚に置いてあるのって、なんか素敵。

トークイベント後に、店内を案内してくれたのは、HMV&BOOKS TOKYOの統括店長、加藤さん。実は、2006年から2009年の三年間、HMV渋谷店に勤務されていたとのこと。もしからしたら、当時店内ですれ違ってたのかもしれないなぁなんて思いつつ。

c0060143_01083170.jpg


渋谷に、お気に入りの場所がひとつ増えました。


HMV&BOOKS TOKYO
http://books.hmv.co.jp

Facebook: https://www.facebook.com/hmvandbooks/
Twitter: https://twitter.com/hmvbooks_tokyo

by t0maki | 2015-12-24 12:00 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_00492239.jpg

リンクシェア・ジャパン主催の「PC・デジモノフェア 2015」に参加したのって先月だったよね。帰り道で1記事目書いたっきり、なかなか2記事目を書けてなかったので改めて。どうもなんか、普段スマホで記事を書いてるので、指定されたリンクを取得して記事に入れるのがなんだか億劫で、ついつい後回し……。いかん、いかん。

プリンターのモニターなどでお世話になってるエプソンさん。カラリオ「EP-804AR」は、モニター後にしっかり購入して、いまでも現役で自宅で使っていますよ。でも、もう最新機種は「EP-808」ですからね。新しい機種は本体のサイズが小さいし、画質がきれいだし。そろそろ買い換えたいんですけどね、ホントは。

というわけで、さりげなーくエプソンの直営オンラインショップ「エプソンダイレクトショップ」のバナーを貼っておきます。だれか、奇特な方が買ってくれるかもしれない。
エプソンダイレクト株式会社


プリンター目当てでエプソンさんのブースに行ったんですけど、この「WristableGPS」っていう脈拍とかいろいろ測れてランニングに活躍しそうな腕時計も良いなぁ、と。最近、ウェアラブル端末を両腕に装着して生活してるんですけど、やっぱり走るのに特化した時計はあったら良いなぁと思って、良いですよねこれ。上位機種は高度も測れるらしい。なんかいろいろすごいよね、最近のテクノロジーは。アプリ連携でデータ管理とか、もう普通にできちゃいますもんね。
c0060143_00492296.jpg

というわけで、こちらもそーっとバナー貼っときますんでよろしくです。

エプソンダイレクト株式会社

by t0maki | 2015-12-09 21:00 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_00525841.jpg


「WEBライター」としてその界隈では名の知れたヨッピー氏とTwitterおばあちゃんとしてある筋では有名な81歳のミゾイキクコさんがゲストの、トレンドマイクロ社の総合セキュリティソフト ウイルスバスター クラウドのイベントに参加してきました。

ヨッピーさんって、初めてお目にかかりましたけど、面白い方ですね。いや、面白いけど、鬼畜な方と言うべきか。おばあちゃんと金儲けの話で盛り上がったり、ネットを始めたきっかけは「エロ」だと公言したり、素人を装ってサポセン担当者を地味にいじめたり。

いや、そもそも、今回のイベントのテーマが、シニアのデジタルライフについてであり、かつウイルスバスター クラウドのウリが、手厚い電話サポートである点を考えると、今回のキャスティングはぴったりすぎるということになるんでしょうが。

ツイッターに写真をアップしたいという、素人を装って電話サポートを受ける実演を見ていたら、なんか僕が昔カスタマーサポートを担当してた頃を思い出して、胸が痛くなってきました。サポートエンジニアの人、頑張れ!と。


▼Twitterおばあちゃん、ミゾイキクコさんはインタビュー動画で登場
Twitterおばあちゃん、ミゾイキクコさんのインタビュー動画 #デジサポ


▼初心者のフリしてサポセンの担当者を困らせる、悪魔のようなヨッピー氏
初心者のフリしてサポセンの担当者を困らせる、悪魔のようなヨッピー氏。トレンドマイクロ社のイベントに参加してきましたよ。元サポセン経験者には、胃が痛くなるようなデモでした。 #デジサポ


▼81歳のTwitterおばあちゃん、ミゾイキクコさん。何故か後光みたいなのが光ってる。ヨッピーさんもな。
81歳のTwitterおばあちゃん、ミゾイキクコさん。何故か後光みたいなのが光ってる。ヨッピーさんもな。 #デジサポ


▼高齢者にもネットやスマホなどどんどん使ってもらいたい
81歳のお婆さんと金儲けの話で盛り上がっていたヨッピー氏。やばい、これ以上書くと怒られる。高齢者にもネットやスマホなどどんどん使ってもらおうという、心優しい方でしたよ、とフォローしておく。 #デジサポ


▼リアル投票システムである
リアル投票システムである。 #デジサポ


▼リアル投票の結果。パーセント表記がおかしいけど、なんとなく半々なのは分かる。
リアル投票の結果。パーセント表記がおかしいけど、なんとなく半々なのは分かる。


▼こちらが今回の主役、ウイルスバスター クラウド
こんな感じのイベントです。 #デジサポ


▼他社製品もサポート対象に入ってるって、すごいな
他社製品もサポート対象に入ってるって、すごいなー。Google 製品も入ってるって、マジすか。 #デジサポ


▼あまりにもサポートエンジニアの方が健気に頑張ってるので、このサービスを宣伝して広めて良いのか悩みます。初心者を装って電話するようなモンスターカスタマーが来ませんように。
あまりにもサポートエンジニアの方が健気に頑張ってるので、このサービスを宣伝して広めて良いのか悩みます。初心者を装って電話するようなモンスターカスタマーが来ませんように。 #デジサポ


お土産に、ウイルスバスター クラウドをいただきました。もちろん、素人を装って鬼畜な問い合わせ電話なんてかけませんよ絶対。でも、普段電話サポートがない企業のプロダクトの一部も、ここでは気軽に電話で質問できるのは素晴らしいと思いました。

じゃ、そんな感じで。

by t0maki | 2015-12-08 22:48 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_01041027.jpg

あ、ホントだ。照明によって肌の色とか、料理の見た目とか変わりますね。

「パナソニック リビング ショウルーム 横浜」にてダイニングのあかりの違いを体験するブロガー向け記者発表会に参加してきました。

▼あかりについて、いろいろ勉強してきました。青色LEDによって青が発色できるようになっただけでなく、三原色を組み合わせて白も綺麗に出せるようになった、と。 #すむすむ
あかりについて、いろいろ勉強してきました。青色LEDによって青が発色できるようになっただけでなく、三原色を組み合わせて白も綺麗に出せるようになった、と。 #すむすむ


この、「パナソニック リビング ショウルーム 横浜」は、普段から住まいに関するパナソニック製品をいろいろ見学したり試したり、相談することができるのですが、このたび2015年12月1日から25日までの期間限定で、住宅用のLED照明器具を体感できる「あかりサロン」をオープンすることになったので、僕らも実際に行って見て体感してきましたよ、と。

「美ルック」っていうLED照明なんですけど、黄色を抑えて、よりナチュラルな赤みを再現する光らしいですよ。カメラの設定をまったく同じにして写真を撮ってみたんですが、どうですか?2枚目の写真の方があきらかに生き生きして見えません?

▼普通のLED
普通のLED


▼美ルックのLED照明。
美ルックのLED照明。


料理もこんなに美味しそう。まぁ、どんな照明でもおいしそうな料理には間違いないですが、やっぱり「美ルック」の自然な赤みの明かりの方が、確かに美味しそうに見えましたよ。

▼美容薬膳研究家 ちづか みゆきさんの料理、美味しい!
LEDライトのお勉強中。 #すむすむ


▼みなさん、真剣にお勉強中(食事中)。
みなさん、真剣にお勉強中。


詳しい仕組みは分からないですが、なにやらこの「美ルック」は光のスペクトル制御によって特定の波長を調整することで、色味を良い感じに再現しているらしいですよ。ちなみに、「平均演色評価数(Ra)」っていう、見え方の忠実性を表す指数としては、Ra95を実現。最大値が100なので、かなり良い数値ですよね。太陽光で見る色に近い、と。実際に「あかりサロン」で体験してみてください。

イベントの後、のんびりとショウルームを見学。書籍を読めるコーナーがあったり、セルフサービスのドリンクとか、タブレットの情報端末とか、かなり快適に過ごせる空間でした。

▼いろんなタイプの照明を比較して試せる部屋。 #パナソニックショールーム
いろんなタイプの照明を比較して試せる部屋。 #パナソニックショールーム


▼スイッチ、たくさん。
スイッチ、たくさん。


▼書架があり、リフォームやインテリアについての本を自由に読めます。 #パナソニックショールーム
書架があり、リフォームやインテリアについての本を自由に読めます。 #パナソニックショールーム


▼実際にタブレット端末を使ってみました。
実際にタブレット端末を使ってみました。


▼すまいのいろいろ。
すまいのいろいろ。


▼ドアのサンプルだけでも、こんなにたくさん。
ドアのサンプルだけでも、こんなにたくさん。






美ルック | 住宅向け照明器具 | 照明器具 | Panasonic
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/home/milook/

by t0maki | 2015-12-07 20:28 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_23501737.jpg


日本・トルコ合作映画『海難1890』の公開記念試写会を観てきました。リンクシェア・ジャパンさんのご招待で、ユナイテッド・シネマ豊洲でのターキッシュエアラインズ特別協賛試写会です。

c0060143_23544642.jpg


日本とトルコの友好125周年を記念した映画ということで、すごく友好的な雰囲気の映画です。エルトゥールル号遭難事件っていう、1980年に実際に起きたトルコ船の遭難で日本人が乗組員を救助した実話と、1985年のイラン・イラク戦争でテヘランに取り残された日本人をトルコ政府が救援機を飛ばして救出したという、こちらも実際に起きた話がベースになっています。

日本外務省とトルコ文化観光省が製作に協力し、さらにトルコのインスタンブルにあるユルドゥズ宮殿で行われた特別上映では、なんと日本の安倍首相とトルコのエルドアン大統領がそろって鑑賞したっていう、なんとも立派な映画なのであります。

さて、この後ちびっとネタバレ的なことを書くかもなので、気になるかたはここまでにしておいてください。

心の濁ってしまったオレみたいなんが観ると、時々ストーリーがキラキラしすぎてて「ま、まぶしすぎて見れない」みたいなことになったりもして。いや、もう。みんな良い人すぎ。

戦争直前にイランを脱出する日本人を助けてくれたトルコの人たちにはホント感謝感謝なのですが、裏を返すと「日本なにやっとんのじゃ」とか思っちゃいますね。当時、自衛隊は行けないのはしょうがないとしても、日本の航空会社なんとかしろよ、とか、やっぱり。仕方ないですけどね。
現在は、民間に頼らなくともきちんと海外へ救援機を送る方法があるようなので、そこらへんはちょっとだけ安心です。

ちなみになんですが、もし僕が史実に関係なしに本当に感動できるストーリーを書くなら、200名の日本人全員が飛行機に乗って、そのせいで500人のトルコ人が車で逃げることを余儀なくされた、っていうのをちょっと変えて、トルコ人がそれぞれ自分たちの車に日本人の家族を乗せて、一緒にトルコへ避難するっていうのが良いかなぁ、と思いました。それだったら、トルコ人も日本人も双方公平で納得がいく感じがしない?
もちろん、2日間の車の避難が大変な老人や子供たちなんかはトルコ人日本人に関係なく飛行機に乗ってもらって。トルコに駐在している偉い人なんかも、みんなが避難したのを見届けてから、トルコ人の名もなきおじさんと一緒に車で逃げる、とかね。

まぁでも実際、トルコに一刻も早く非難して、そこからさらに日本へ飛ばなきゃいけないって考えると、やっぱりみんな全員救援機に乗っちゃった方が良いですよね。うん。

難破したトルコ人も、救援されたあとに元気な海兵さんが「どぉーりゃぁー」っつって漁を手伝ったりとか。なんなら、そこで地元の日本人と恋に落ちて、結婚しちゃったりね。

すみません、映画の見過ぎで頭ん中「ファンタジー脳」になっとります、オレ。

今まで、「トルコ」っていう国についてそれほど詳しくもなく、その文化や歴史についてもそんなに知らなかったのですが、この映画をきっかけに日本とトルコの関係についてすごく興味が湧きました。トルコと日本が助け合った、この二つの出来事についても、映画を見るまでは全然知らなかったですし。

今はなんか、だれでもよいからトルコの人をつかまえて「ありがとう」って言いたい気持ちなのです。


『海難1890』公式サイト
http://www.kainan1890.jp/

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

by t0maki | 2015-12-02 23:55 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_21573217.jpg


というわけで、なぜ僕の右手にこのような新品のウェアラブル端末が装着されているのかについて、語ろうか。

『オープンプレスカンファレンス vol.7「MISFIT SHINE 2」メディア・ブロガー向け説明会』に参加してきました。今回の主役は、このイベント名にある通り、来年1月な発売予定の「MISFIT SHINE 2」という、歩数や睡眠を記録してくれるウェアラブルデバイスについての発表会を聞くため。

c0060143_22142546.jpg


その会場で、現行機種の「SHINE」をいただいたというわけ。しかも、後日「SHINE 2」もご提供いただけるとのことで、これは比較記事も書きやすいし、素晴らしい。

で早速、会場で「SHINE」の初期設定。電池を入れて、アプリをダウンロードしてリンク。早速もう使えてますよ。歩いたアクティビティを自動的に記録。同様に、睡眠も記録してくれるらしい。詳しくは、今後使いながら記事を書きます。

c0060143_22142549.jpg


c0060143_22142624.jpg


で、この現行機種を踏まえつつ「SHINE 2」では、タップした時にきちんと反応があるハプティクスフィードバック(バイブともいう)とか、フルカラーのLEDとか、4倍の同期スピードや、同じく4倍の通信距離なんていう進化がありつつ、なによりもすごいのがバッテリーの持続時間が4ヶ月から6ヶ月に伸びてること。4ヶ月でもすごいのに、半年間バッテリー交換不要ってすごくないですか?しかも、こんなに機能追加があった上での、電池持ち向上。これって、実はめちゃめちゃすごいことだと思う。

お話をお伺いしたところ、もう既に開発の時点で「6ヶ月のバッテリーもち」ありきで、それを実現するために作り込んでいったとのこと。妥協のない製品開発、これはさすが過ぎる。

ということで、「SHINE 2」が届くのを楽しみに待ちつつ、まずは「SHINE」を使っていきますよ。

というわけで、今僕の右腕と左腕には、それぞれ異なるウェアラブルデバイスが装着されているのである。


by t0maki | 2015-11-24 21:43 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_12483513.jpg


「江戸ワンダーランド 日光江戸村・特派員」としてご招待いただき、家族三人で日帰り旅行を楽しんできましたよー。既に何本か記事を書きましたが、今回は当日にインスタグムにアップした写真をご紹介。

▼静かな空間。 #日光江戸村 #edowonderland
静かな空間。 #日光江戸村 #edowonderland


▼迷路 #日光江戸村 #edowonderland
迷路 #日光江戸村 #edowonderland


▼黄金の茶室。
黄金の茶室。


▼忍者と、山の紅葉。 #日光江戸村 #edowonderland
忍者と、山の紅葉。 #日光江戸村 #edowonderland


▼前回クリアしたし、余裕だろと思ってチャレンジしたら想定外に難しかった迷路。 #日光江戸村 #edowonderland
前回クリアしたし、余裕だろと思ってチャレンジしたら想定外に難しかった迷路。 #日光江戸村 #edowonderland


▼江戸の町 #日光江戸村 #edowonderland
江戸の町 #日光江戸村 #edowonderland


▼斜めな人たち。
斜めな人たち。


▼白菊太夫と三太さん。 #日光江戸村 #edowonderland
白菊太夫と三太さん。 #日光江戸村 #edowonderland


▼水芸である。 #日光江戸村 #edowonderland
水芸である。 #日光江戸村 #edowonderland


▼色づく山々。晴れてたらもっと紅葉きれいだったろうな。 #日光江戸村 #edowonderland
色づく山々。晴れてたらもっと紅葉きれいだったろうな。 #日光江戸村 #edowonderland


日光江戸村は、街全体が「江戸」をテーマに作られていて、普段日常ではなかなか目にできないような風景が広がってるので、写真を撮るのが楽しくなります。江戸にタイムスリップした感覚で、いろんな写真を撮りましたよ。

花魁道中も、毎回見ています。江戸の町を背景に、しゃなりしゃなりと艶やかですよね。それにしても、いつ見てもあの履物の迫力すごい。歩くだけでも大変そうですよね。

▼向こうからやってくる行列
花魁と町娘。 #日光江戸村 #edowonderland


▼花魁道中
花魁 #日光江戸村 #edowonderland


▼艶やかに日光江戸村をねり歩きます
艶やか、花魁道中。 #日光江戸村 #edowonderland


日光江戸村は、カメラを持っていくとかなり撮影が楽しめます。
基本的に撮影できますが、フラッシュはNGだったり、暗転してるときは撮らないで、とか、いくつか注意事項があります。ここらへんはショーが始まる時に教えてくれます。今回さらに、江戸の衣装に着替えて園内を回ったので、余計に江戸時代に紛れ込んだみたいな感覚で、面白かったですよ。

コスプレを持参して、園内で写真を撮る人たちも結構いました。もちろん、園内の「変身処 時空」では、大人も子供も、好みの衣装を選んで、その場で着付けをしてもらい、江戸の扮装で1日楽しむこともできますよ。


▼日光江戸村 関連記事
日光江戸村で「新撰組」と「武家娘」に変身したら江戸時代にタイムスリップした気分
日光江戸村で食欲全開!いろいろ食べたよ
「江戸ワンダーランド 日光江戸村」へ日帰り旅行。楽しかったー

▼過去の記事
日光江戸村で参加した妖怪ウォッチのリアル宝探しがけっこうハイレベル
「江戸ワンダーランド 日光江戸村」の甘味処と幻灯機
「江戸ワンダーランド 日光江戸村」のコワイ体験
花魁特集「江戸ワンダーランド 日光江戸村」
写真を撮りながら「江戸ワンダーランド 日光江戸村」体験
日光江戸村 花魁道中
日光江戸村で思いっきり夏を満喫しました
日光江戸村「時空探偵団」スタンプラリーの楽しみ方&プチ攻略法

▼公式Facebook & WEBサイト
江戸ワンダーランド 日光江戸村
江戸ワンダーランド 日光江戸村 Facebookページ


by t0maki | 2015-11-24 20:16 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top