ブログトップ | ログイン
カテゴリ:ブロガーイベント( 441 )

c0060143_1937680.jpg

「オールブラン アンバサダー 感想を投稿してオールブランを貰おうキャンペーン」に当選しまして、オールブランシリーズ計3商品(オリジナル、ブランフレークプレーン、フルーツミックス各1点ずつ)をいただきました。

自然由来の食物繊維がたくさん入った、ケロッグのオールブラン。「ブラン」っていうのは、小麦の外皮のことで、「小麦ふすま」とも呼ばれています。この部分には食物繊維がたくさん入っているので、おなかの調子を整えると言われています。

「オールブラン ブランフレーク・プレーン」と「オールブラン オリジナル」は、「おなかの調子を整える食品」として、トクホ(特定保健用食品)の許可を受けています。

ちなみに、お腹の調子を整える食物繊維の効果が「ブランフレーク」では60g、「オールブラン」では40gとなっているのは、それぞれに含まれる食物繊維の割合が違うから。「オールブラン」の方が、より食物繊維が豊富ということ。

そんなオールブランの「アンバサダー」として、限定イベントやモニターなどに参加できる「オールブランアンバサダー」のプログラムがあるので、興味がある方は下記リンクからぜひどうぞ。
http://www.allbran.jp/ambassador/

by t0maki | 2016-08-01 19:38 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_10175193.jpg

さて、掛川に向かってますが。東京駅に早めに着いて、駅弁買って新幹線に乗り込んだら、発車する前に完食してしまったくらいにはお腹空いてました。連日、早起き。
c0060143_10175179.jpg

c0060143_10175204.jpg

c0060143_10175238.jpg

今日もまた、ちょっと楽しみな初体験が待ってます。怪我しないように、気をつけながら、目一杯楽しんできます。


by t0maki | 2016-07-23 10:14 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_22280197.jpg

今まで、パソコンやモバイルのセキュリティに関するイベントはいくつか見てきたけど、目の前でハッキングのデモを見せられるのは一番きくね。

ノートンを販売するシマンテックさんにご招待いただき、『「フリーWiFiはどうして危険?」ノートン によるWiFiセキュリティセミナー』というイベントに参加してました。

古谷さんによる、フリーWiFiに関する調査結果レポートの後、ニックさんが実際にフリーWiFiを偽装したトラップを使ってスマホの通信情報をハッキングするというデモンストレーションを行いました。このデモがすごかった。ブラウザで見てるページとか、送信メール、ブラウザクッキーなんかが丸見え。検索エンジンにアクセスしようとしたらリダイレクトでダミーページへ飛ばされたりと、もうハッカーがやりたい放題。こういったハッキングツールは使い方も含めてネット上で比較的容易に入手できるらしく、トラップのフリーWiFi環境を偽装したら、極端な話誰でもハッカーになれる、と。

やばい、これは気をつけないと、と思いましたよ。とりあえず、知らないフリーWiFiに無闇とアクセスするのはやめた方が良いです。

▼ノートンのイベント
さてと、こちらのイベントも書かないと。


▼フリーWiFiの調査結果レポート、シマンテックの古谷さん
フリーWiFiの調査結果レポート、シマンテックの古谷さん #ノートン


▼こんなよくあるカフェでの光景。でも、気をつけないとスマホの通信情報が抜き取られてるかもしれない、と。
こんなよくあるカフェでの光景。でも、気をつけないとスマホの通信情報が抜き取られてるかもしれない、と。 #ノートン


▼今回は役者さんを使ってのデモンストレーションでしたが、以前やった時はホントに一般の人がトラップのWiFiにつないで、どんな風に見えるかもデモでやったらしいですよ。
今回は役者さんを使ってのデモンストレーションでしたが、以前やった時はホントに一般の人がトラップのWiFiにつないで、どんな風に見えるかもデモでやったらしいですよ。


▼ホントに見えちゃってるなー。キャッシュがなければ、もっと正確に見えちゃう。メールも、受信時は暗号化されてるけど、送る時は見えちゃったり。すげーな。
ホントに見えちゃってるなー。キャッシュがなければ、もっと正確に見えちゃう。メールも、受信時は暗号化されてるけど、送る時は見えちゃったり。すげーな。 #ノートン


▼モバイルのセキュリティについて説明する、ニックさん。
モバイルのセキュリティについて説明する、ニックさん。 #ノートン


で、このあとノートンのセキュリティ製品「ノートン WiFi プライバシー」(ノートン・ワイファイ・プライバシー)の説明が続くわけですが、製品自体は今後実際に使ってみてレビューを書きます。

ハッカー、怖いね。あれをやられたら、いくら気をつけてもダメかも、とか思いましたよ。意外と、ハッキング対策にキャッシュが有効らしいってのが面白かった。あと、受信メールは暗号化されてるからハッキングされづらいけど、送信メールはデモで丸見えだったりなど、そういった違いも仕組みを知って分かるっていう。

c0060143_22280173.jpg

軽食と、懇親会でビールをいただきました。いや、このあと仕事に戻ったですけどね。

製品も、届いたら使ってみます。

by t0maki | 2016-07-15 22:07 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_17415630.jpg

高低差30メートルって言ったら、ビルの10階くらいの高さですよね。そっからどっひゃーと直線距離約800メートルを最大時速300キロくらいで爆走し、下りきったところで直角90度のカーブ。「ツインリンクもてぎ」で初めてバイクのレースを間近で観戦したのですけど、その迫力に圧倒されっぱなし。

ヤマハ発動機さんにご招待いただき、「全日本ロードレース選手権観戦ツアー」に参加してきました。バイクレース観戦はまるっきり初めてだったのですが、事前に見どころやポイントなどを教えてもらったので、すごく楽しめました。実は、今回のレースに出場するヤマハの中須賀克行選手とはイベントでお見かけしたことがあって、東京モーターサイクルショーのトークイベントで話を聞いたことがありました。その中須賀選手が実際に走る姿を初めてみたんですが、もう強すぎて速すぎてすごいですね。予選一位で決勝に上がってきて、結局最初から最後までずっと一位。それもそのはず、現在JSB1000の四年連続年間チャンピオンですからね。もうすでに前人未到の領域にいるのに、さらに今年もぶっちぎり、と。いやはや。

▼カーブの時にバイクを傾ける角度がすごい
カーブの時、めちゃめちゃ身体を倒すよね。横にスリップしそうで、見てるだけでも怖い。接地面は、名刺サイズほどもないらしい。タイヤが高温になって柔らかくなることで、地面をうまくグリップするらしい。 正面から回って撮ってみたけど、コンデジだとここら辺が限界。こうなると、凶暴な望遠レンズが欲しくなる。


▼中須賀選手、ぶっちぎり
中須賀選手


▼ツインリンクもてぎ
最後の直線。


そんな迫力のレースのあと、ヤマハのピットを見学していたら、プレス取材を終えた一位の中須賀克行選手と、三位入賞した野左根航汰選手がやってきて、みんなで一緒に記念撮影、と。レース直後で疲れてるはずなのに、こんなファンサービスをしてくれるのって、さすがプロだなーと思いました。

▼集合写真を撮りました
c0060143_18210810.jpg


▼カメラに向かってポーズも
c0060143_18210857.jpg


レースもそうなんだけど、この場所とかレースイベント全体が、本当にファンを大事にしてくれているってのが伝わってきて、バイクレースって良いなぁ、と思いました。小さい頃にバイクレースを観戦して、大きくなってからヤマハに入社して、レースに関わる仕事に就く人もいるわけですしね。この「ツインリンクもてぎ」自体が、モーターレースを通じてクルマやオートバイを知ってもらおうっていうPRでもあるんですよね。なかなかすごいことですよね。

ファンサービスの一環でもある「ピットウォーク」が楽しかったです。みんなでピットのエリアを歩いたり、写真を撮ったり、サーキットコースを間近で見たり。子どもから大人まで楽しんでいました。僕も、なぜかお姉さんの写真を撮ってました。イベント系で綺麗なお姉さんを見かけるとつい撮影してしまうのは、もはや職業病かもしれない。

▼ピットウォーク。ファンを大切にしているのが伝わってくる。
ピットウォーク、楽しそう。ファンを大切にしているのが伝わってくる。


▼ハグッ!!
ハグッ!!


▼キレイな人。
キレイな人、おったで。


▼ヤマハのお姉さん。
もうひとり、ヤマハのお姉さん。


それにしても、やっぱりレースはすごい。極限までチューンナップされたマシンで、スピードの限界に挑戦するレーサーたち。ピットウォークの時間に、レースコースを少し歩いてみましたが、タイヤ痕がすごく生々しい。ここで実際に勝負が繰り広げられてるんだ、と。ピットを見学させていただいた際に、レースで使われるのと同じ型のバイクを見せてもらいましたが、洗練されたマシーンってなにか近寄りがたい静謐さみたいなものがありますよね。なにか不思議なオーラを放っている感じ。選ばれたメカニックエンジニアの人と、鍛えられたレーサーだけが触れることを許されてる、みたいな。

▼サーキットを歩いてみた。タイヤのスリップ痕がすごい。
サーキットを歩いてみた。タイヤのスリップ痕がすごい。


▼ピットで静かに待つ、予備のレース車両。
ピットで静かに待つ、予備のレース車両。


▼中須賀さんの席。
中須賀さんの席。


▼燃料など。
燃料など。


観戦中、目の前で転倒事故。レスキューの人たちが一気に現場に駆け寄る。幸い、ライダーは無事のようだ。キャタピラのついたピックアップトラックがバイクを撤去する。そこには、先ほどまでのマシーンの美しさはなく、なんとも禍々しい鉄の塊が横たわっている。その一瞬を隔てた対比がかなり衝撃的でした。

▼転倒!そして駆けつけるレスキューの人たち。
転倒!そして駆けつけるオフィシャルの人たち。


▼ライダーの方は無事でした。バイクは台車に載せて引っ張られて移動。
ライダーの方は無事でした。バイクは台車に乗せて引っ張られて移動。


▼バイクを引っ張ってきたのは、このゴツいキャタピラのついたピックアップトラック。
バイクを引っ張ってきたのは、このゴツいキャタピラのついたピックアップトラック。


レース仕様のバイクのタイヤは、溝が無くつるんとしてる。レースでタイヤの温度が上がってくると、タイヤのゴムがアスファルトの表面をうまくグリップする。その接地面のサイズは、名刺の大きさほど。うまくグリップできなかったら、--バイクを倒しすぎたり、スピードを減速しきれなければ-- 物理の法則に従ってバイクは横滑りに転倒する。転倒するかしないかは、ほんとうに微妙な操作の違いでしかない。うーん、なんかホント、すごい世界だよな。

バイクレースを間近で見て、すごい迫力で面白かったし、いろいろ勉強にもなりました。
とにかく、かっこいいですね。バイクに乗ってみたくなりました。

by t0maki | 2016-06-22 18:39 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_22150885.jpg

「東京ブロガーミートアップ」ってのがありましてですね、みんなでテーマに沿ったショートプレゼン(3分程度のライトニングトーク)を持ち寄って、互いに勉強しようっていう会。毎月開催してたのですが、今年に入ってすぅーっとフェイドアウトしてやらなくなってしまって寂しいな、と。

持ち寄りのプレゼンも楽しかったですが、勉強会後の懇親会や、食事しながらの回などもあって、そちらも勉強になりました。

数えてみたら僕、今までに17回東京ブロガーミートアップに参加してました。一回の勉強会で複数のブログを書くことがあるので、書いた記事の本数は合計28本。

というわけで、東京ブロガーミートアップにこれまで参加してきた際に書いたりブログ記事や、プレゼン資料をまとめてみました。17回参加して、記事28本、プレゼン資料14点。

第18回 旅行・行楽系レポートについて

http://tomaki.exblog.jp/21979747/


第19回 ブロガーならではの記事の書き方

http://tomaki.exblog.jp/22095639/


第20回 ブログのセルフブランディングについて

http://tomaki.exblog.jp/22227887/


第21回 あなたが次に新しくブログを作るとしたら、どんな内容のブログを作る?

http://tomaki.exblog.jp/22361494/


第22回 ブログのマネタイズのお悩みについて

http://tomaki.exblog.jp/22582427/
http://tomaki.exblog.jp/22617536/


第23回 動画について

http://tomaki.exblog.jp/22770484/


第24回 ブログのデザインについて

http://tomaki.exblog.jp/23059152/


第25回 パソコンを閉じてブログの話をしながら忘年会
http://tomaki.exblog.jp/23192751/


第27回 ブログがきっかけで得られたチャンス

http://tomaki.exblog.jp/23481572/
http://tomaki.exblog.jp/23674518/


第28回 ブログのトラブル・困ったを解決!

http://tomaki.exblog.jp/23717458/


第29回 ブログと他メディアとの連携

http://tomaki.exblog.jp/23828773/
http://tomaki.exblog.jp/23872023/


第30回 書こうと思って書かなかったネタについて

http://tomaki.exblog.jp/24063378/
http://tomaki.exblog.jp/24093411/


第31回 モバイルについて(端末・デザイン・広告など)
http://tomaki.exblog.jp/24178649/


第32回 写真と画像について

http://tomaki.exblog.jp/24372339/
http://tomaki.exblog.jp/24375122/
http://tomaki.exblog.jp/24399237/


第33回 ブログをやっててよかったこと

http://tomaki.exblog.jp/24666663/


第34回 好きなブログについて
→イベントには参加できませんでしたが、記事だけ書きました。
http://tomaki.exblog.jp/24887543/


第35回 ブログを通じて手に入れたブログ以外のお仕事

http://tomaki.exblog.jp/24905680/
http://tomaki.exblog.jp/24927139/
http://tomaki.exblog.jp/24944990/
http://tomaki.exblog.jp/24905615/


第37回 初心者も集まって一緒にブログを書こう
http://tomaki.exblog.jp/25179029/
http://tomaki.exblog.jp/25181003/

と、まぁこんな感じでございます。毎回、テーマに沿ったプレゼンを考えたり、資料をつくったりが楽しかった。もちろん、勉強会でいろんなことを学べたりもね。

もうやらないのかな?また機会があればぜひ。

by t0maki | 2016-06-17 02:18 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_17311858.jpg

写真を切って、貼って、折るだけで、飛び出す絵本の完成!
平面の写真が、ちょっとした工作で飛び出す立体的なしかけになるのって、面白いですね。何度もパタパタ開いたり閉じたりしたくなる。

というわけで、「育児とくらしの工作家」の吉田麻理子さんによる、『写真で作る飛び出す絵本ワークショップ』に参加してきました。最近「たのしいくらし研究家」に肩書きを変えたそうですが、なんとも楽しげな工作やワークショップなどをなさってる方です。

吉田さんのことを知ったきっかけは、ちょっと前にFacebookで友達申請をいただいて、投稿を覗いてみたら「なんとも面白そうな人だなぁ」と。子どもとの工作が楽しすぎる感じで。僕もキッズ向けのワークショップをたまにやったりもするので、いつかお目にかかれたら良いなー、とFBの友達になりました。で、今回ようやく実際にお目にかかることができた、と。念願かなった感じです。

ほんわかとしたワークショップに、おっさんひとりで参加してなんかすみません。一応、申し込むときに42歳のおじさん一名で参加ok?って聞きましたが、「良いですよー」って言っていただいたのでホイホイ参加した次第です。当日参加した時に伺ってみたら、やっぱりおっさん一人での参加はあまりないそうで、いやなんかホントすみません。

ワークショップは楽しかったー。僕はマイはさみとマイエグザクトナイフを持参して、本気の大人の工作を繰り出してきましたよ。

事前に写真のデータをお送りして、当日はA4サイズに印刷していただいたものを切って、貼って、折って、という感じです。この写真は、こないだ茅ヶ崎の写真スタジオ「75sea」のスタッフの方に撮ってもらったもの。
つくりながら、吉田さんがつくった作品も見せていただきましたが、いろんな細かいしかけもあって、楽しい作品に仕上がってました。上手だなー。


▼ワークショップ、参加しました。
こんな工作をちょっとね。ワークショップ、参加しました。


▼こんな感じで開くとー
こんな感じで開くとー


▼飛び出す絵本なのだ!
飛び出す絵本なのだ!


▼裏から見るとこう。
裏から見るとこう。


▼これ、神教科書!
これ、神教科書!


▼いろんな、ポップアップ絵本のテクニックが実例付きで載ってる、すごい。
いろんな、ポップアップ絵本のテクニックが実例付きで載ってる、すごい。


初めてお目にかかるのに、開始時間は間違えるわ、帰りがけに傘を忘れてくるわで大変失礼いたしました。面白そうなワークショップをいろいろ開催されているので、また参加します。


「たのしいくらし研究家」吉田麻理子さん
ポッチリ村

by t0maki | 2016-06-16 08:33 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_21233343.jpg

「好きナノつくろう。」プレゼントキャンペーンに当選して、ナノブロックの小さい人型ブロック「ナノイド」が当選しました!
ナノブロック好きなので、「ナノブロックアンバサダー」ってのをやらしていただいていております。
ただ、今回のプレゼント当選は、アンバサダー関係なしに普通に応募して、見事当たった感じです。
c0060143_21233397.jpg

ナノブロックは、「ナノ」って名前が付くだけあってブロックのピースがかなり小さい。一番小さいピースのサイズが、4X4mmだからね。あまりに小さすぎて、ブロックのセットとして販売する時にピッタリの数を梱包するのは難しすぎるから、たいていのナノブロックセットは、ブロックのピースがちょっと多めに入ってるんですよ。なので、余ったブロックピースでなんかおまけ的なのをつくったりもできます。

そういえば、現在ナノブロックのコンテスト「nanoblock AWARD 2016」が開催中。
ナノブロックや、ナノブロックプラスを使って、作品を応募すると優秀作品には豪華賞品プレゼント!
ナノブロックアンバサダーとしては、これは応募しとかないと。

作品の応募締め切りは、2016年6月20日、と。

「nanoblock AWARD 2016」
https://www.nanoblock-award.com/

by t0maki | 2016-05-17 21:59 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_21093016.jpg

企業イベントに参加すると楽しいよ!っていうブログ記事を前回書きました。今回は、筆者が実際に参加した「オムロンヘルスケア オフィシャルレポーター会議Vol.1」のイベントレポートを書きつつ、こういった企業イベントへ参加する流れをご紹介できればと思います。これからブログを始めようと思っている方の参考になれば。

■まずはブログを立ち上げよう
まずは、ブログが無ければブログが書けません。ブログを手に入れる方法はいろいろありますが、一番手っ取り早いのは既存の無料ブログサービスに登録すること。僕が使ってるこのブログは、エキサイト社が運営するエキサイトブログです。当初アメブロを使っていたのですが、2005年頃にデザインのカスタマイズ性が優れていたのがこちらだったので引っ越してきました。他にも、アメーバブログ(アメブロ)livedoor Blog(ライブドアブログ)はてなブログBloggerなど、無料のブログサービスはいろいろあり、それぞれ特徴がありますので、使ってみて好みのところを選ぶと良いと思います。

自分でドメインとサーバーを契約して、WordPress等をインストールしてブログを構築する方法もあります。僕も、自分で契約しているホスティングサーバーに、マイドメインを付与して、DBとWordPressをつなぎこんでブログを構築したものもありますが、カスタマイズができる代わりにメンテナンスが面倒なのと、トラフィックが集中したり不具合の復旧作業などに時間が取られるのは嫌なので、メインのブログは無料のエキサイトのまま。書くことに集中できるので、良いかな、と。無料ブログで始めて、ある程度記事を書くのに慣れたら、自前のサーバーやドメインなどを用意しても良いかと思います。

■で、企業イベントに参加する!
さて、ブログが準備できて、そこそこ記事もたまってきたら、いよいよ企業イベントに申し込みましょう。ブロガーと企業とをマッチングしてくれるサービスについては、以前の記事でご紹介しましたので、そちらを参考にしてください。
c0060143_21093013.jpg

イベントに応募して、当選すると参加することができます。
意外と、いろんな企業さんがブロガー(SNS)向けのイベントを開催しています。いろいろたくさん参加するようになると、スケジュール管理が大変。僕は、Googleカレンダーを使って、応募した時点で登録しています。今回のイベントの場合は、「仮 オムロン」みたいな感じで。選考期間後に、当選の通知が来たら、「仮」の記載をトル、と。また、興味はあるけど申し込んでないイベントは「未」をつけるとか。当落が確定する日時も書いておくと、落ちたらすぐに予定を消せるので便利。

イベントの概要も、メールからのコピペでカレンダーに記入しておきます。少々長い文章でも、そのまま全部コピペしておくと、イベント当日に見つけやすいですし、記事を書くときも情報を探しやすいです。


■イベント当日のお作法
当日、会場へは余裕をもって行きましょう。電車の遅延や、迷子の時間なども考慮して、イベント開始の30分前、ちょうどイベント会場の開場時間に着くようにするとベスト。こういうイベントって、会場のどこに座るかが結構重要。最前列は写真が撮りやすいのでおすすめです。
c0060143_21093101.jpg

今回のオムロンのイベントの場合は、せっかく早く着きましたが座席のグループが決まっていたので、後ろの方でしたが。ま、そういう時もあります。

はじめての開場にたどり着くために、無くてはならないのが「ナビ」!
無料のGoogle Mapsでも全然良いと思いますが、僕は極度の方向音痴なのと、以前からずっと使い続けていて慣れているので、「Navitime(ナビタイム)」の有料版を使っています。

イベントの開催日が近くなったら、パソコンからNavitimeに位置情報を登録しておきます。その先に、目的地の項目名を「日付+イベント名+建物名」としておくと、分かりやすいです。今回のオムロンのイベントの場合、「0512_オムロン_品川フロントビル7F」みたいな感じ。マップで到着した時に、「あれ?ビルの何階だっけ?」って迷わないように、フロアの階数を書いとくのがコツ。

で、到着して、良い席を確保したら、あとは企業の担当者さんのプレゼンを聞いて、製品デモ見たり、タッチ&トライで製品に触れたり、質疑応答のコーナーで直接質問をしたり。会場にいる開発者さんに直接話ができるようなら、いろいろ聞いてみると良いです。開発のこぼれ話や裏話的な、面白い話が聞けることも。せっかく会場に来ているんだから、カタログやスペック表に載ってないような話をどんどん聞きましょう。


■せっかくだから直接いろいろ聞いてみよう
よく、こういった企業イベントなどで、参加者と主催者の距離がなかなか縮まらず、司会者が「質問あるひとー!」って聞いた際に誰も手を上げず、会場が静まり返るっていうのがありますが、僕はあれがどうも苦手で。凍りついた会場の雰囲気が嫌なので、聞きたいこともないのにとりあえず挙手してみたり。マイクが来るまでにとりあえず質問をでっちあげて、みんながもう分かっているような質問をすることもあります。質疑応答で静まり返っちゃうと、それまでせっかく面白い内容をプレゼンしてくれた担当者の方に申し訳ないなってのと、質問できるチャンスなのにもったいないし、なによりもせっかく参加したイベントなんだから盛り上がって欲しいってのもありつつ。まぁ、本当につまらない内容のイベントだったら、僕も質問しないですけどね。
c0060143_21093194.jpg

今回のイベントは、プレゼンもデモもタッチ&トライもそつない感じでしたが、直接開発者さんに話を聞くっていう点では、物足りなかった。聞きたいことの10分の1も聞けないうちに、なんかいつの間にか終わっちゃった感じ。そもそも、質疑応答なかったですよね。ま、仕方ない。この後、製品が送られてきてモニターレビューを書けるようなので、その時にいろいろ自分で調べて書きます。ちなみに、今回の主役となる製品は、「Sleep Design NAVI(ねむり時間計)(HSL-004T)」という睡眠を計測してくれる機器です。
c0060143_21093168.jpg



■いろんなタイプのイベントがあります
企業イベントにはいろんなタイプがあり、それぞれ会場の雰囲気や参加者もイベントごとに全く異なります。なんかやたら会場がキラビヤカで、キラキラしてる女子が集まって、オシャレな軽食が瞬時に消える系のイベントがあったり。ライター、ブロガー、一般客が入り乱れての製品発表会で、撮影場所取りバトルが勃発してたり。いかにも代理店が企
画したみたいな、開発者不在の製品イベントでは、デモがうまくいかずに進行がくちゃくちゃになってたり。

僕が個人的に好きなのは、開発者さんがしっかり発言してくれるイベントです。プレゼンスキルが高い広報担当者の当たり障りのない話よりも、実際にその製品を開発して思い入れのある開発担当者さんが、その熱意とか思いを訥々と伝えてくれる方が面白い。わざわざ会場まで足を運んで、延々とカタログに載ってることだけをプレゼンされるのほど、興醒めなことはないです。製品への想いとか、ストーリーを伝えて欲しい。


■記事を書くまでがブロガーイベント
とまぁ、そんな感じでイベントに参加して、「記事を書くまでがブロガーイベント」なワケですよ。イベントに参加している間に、だいたいは記事の構成ができてるのが理想的。で、その構成を補完するような写真を撮っておいて、事前にInstagramにアップしておくと、その写真を並べて間にテキストを挟むと、もうブログ記事が完成している、と。そんなノリで、最近はイベント帰りにスマホから記事をアップして公開することもあります。スピード感は結構大事。で、とりあえずアップしておいて、あとからリンクや補足を付け足したりすることも。そこらへん、書き方は人それぞれだと思いますが。


■「ステマじゃないよ」と関係性を明記しておく
一点、企業イベントの記事を書く上で大事なのは、そのイベントに参加したきっかけとか、広告記事かどうかということをしっかりと明記しておくこと。特に、製品を提供いただいてモニター記事を書くときとか、あるいは記事広告として報酬を受け取って書くような場合、その記事が「企業からの依頼で書いた」ということをしっかりと明記しておかなければならない。

例えば、今回のオムロンのイベントは、参加者に金銭的報酬はありませんし、交通費も自腹ですが、「ステマ」と思われないように、企業主催のイベントに参加したということを明記しておく必要はあります。ステマとは、広告であることを隠して、やらせ的な広告記事を書くこと。要らぬ疑いをかけられないようにするためにも、記事執筆の経緯はしっかりと書いておくこと。

今回の場合は、ブログ記事には「オムロンヘルスケアオフィシャルレポーター会議に参加しました」ということを明記し、また、TwitterやInstagramには「 #オムロンヘルスケアオフィシャルレポーター」というハッシュタグを付けて投稿します。
そして、この後、実際の製品を自宅で使ってみて、ブログレビューをするモニター企画があるのですが、その際にはきちんと「オムロンさんから製品をお借りしている」という旨を記載します。ここらへん、大事です。

というわけで、今回はオムロンヘルスケアオフィシャルレポーター会議に参加したことをレポートしつつ、一般的な企業イベントへの参加の流れなどを書いてみました。ここらへん、イベントによっても流れは違いますし、それぞれブロガーさんごとに書き方も違うとは思いますので、とりあえずこんなケースもあるんだぞってことで一例として。とりあえず、気になる企業のブロガー向けイベントなど、積極的に参加してみてください。いろんな体験ができて、楽しいですよ。

では、機会があればどこかのブロガーイベントでお目にかかりましょう。

by t0maki | 2016-05-17 21:10 | ブロガーイベント | Comments(0)
c0060143_02155036.jpg

会場に着くと、やっぱり顔なじみのブロガーさんが結構いる。

あの人の製品レビューは視点が面白いので、読んでるとつい商品を買ってしまいそうになる。あの人は料理写真がものすごく上手で、深夜に読むと危険。女子力バリバリのあの人は、普段どんな生活をしてるんだろう。そういえば、あの人は以前何度もお目にかかったことがあるけど、あれ?なんのイベントだっけ?

知り合いのブロガーさんやスタッフさんと「あの記事読みましたよ」とか「こないだのイベントはどうでした?」なんて会話をしながら、会場の写真をとったり、資料を眺めたりしながら、イベントが始まるのを待つ。

ブログを書いているおかげで、これまでにいろんな企業が主催する製品発表会やプロモーションイベントや展示会などに参加してきました。行くとだいたい顔なじみのブロガーさんがいて、顔を知らなくても話をしてみたら「あ、あのブログの方でしたか」なんてことも。

こういうイベントの面白いところは、発売したばかりの製品について開発者さんから直接話が聞けたり、タッチ・アンド・トライって言って製品に実際に触れて試すことができたり、あるいはイベント後にモニターレビュー用としてその製品を使わせていただいたり、単に「記事を書く」だけでなく、いろんな体験ができたり、そこからまた別のイベントだったり企画だったりにつながっていくこと。

今日は、そんなブロガーイベントの種類とか、企業とブロガーをマッチングしてくれるサービスなどをご紹介します。

これを読めば、あなたも企業主催の製品イベントに参加できるかも。ってことで。


■まずはちょこっと自己紹介
ブログ書くのが好きです。まぁ、ブログ以外にもなんでも書きますけど、特にブログは書いてて楽しい。暇を見つけては隙間時間にスマホでブログを書いてて、特に先月は「毎日ブログを更新しよう!」って企画に参加してたので1ヶ月で計120本書きました。

僕が今のように本格的にブログを書くようになったきっかけは、富士通製の携帯電話をブログレビューする「ケータイ会議」に参加したことから。その後コカ・コーラ社やエプソン、ホンダ、ヤマハ発動機、日清、マクドナルド、ANA、LG、パナソニック、ソニーエリクソン、三菱電機、ファーウェイ、アイロボット、Buffalo、PFU、キヤノン、ペンタックス、サムソン、ダイソン、NTTドコモ、ケロッグ、KFC、Dole、ヤマト運輸(順不同)などなど、いろんな企業イベントに参加してひたすらブログを書いております。

一口に企業イベントと言ってもいろんな種類があり、それぞれ特性が違うのでそこんとこを紹介。


■新製品発表会
いわゆる、ブロガーイベントで多いのがことパターン。新しく製品が発売されたり、リニューアルやバージョンアップした際に、製品説明やデモ、タッチ・アンド・トライなどがあります。そこで得た製品知識をもとに、ブログ記事を書きます。イベントによっては、そのまま製品を一定期間貸していただいたり、あるいは提供いただいて、実際に使ってみた感じをモニターレビューとして書くことも。いずれの場合も、メーカー企業の担当者さんから製品についての魅力や開発の苦労などを直接聞くことができるのが魅力。
メディアの記者を招いたプレス発表会と合同でやる場合もありますが、ブロガーはメディアと消費者の中間的な存在なので、イベント自体はプレスとは分けて行うことが多いです。製品発表に合わせて、午前中にプレス向けの発表会、午後にブロガーイベントなんてパターンも結構ありますよ。


■PRプロモーションイベント
新製品発表会とは別に、既に販売している製品やブランド認知度向上のために行う、PR的なプロモーションイベントがあります。合同展示会にその企業が参加したりなど。この場合は、一般向けのイベントに「プレス・ブロガー」として参加し、主催者によるガイドツアーや質疑応答などを行います。あるいは、招待券だけ送られてきて「自由に書いてね」っていう場合も。


■アンバサダー(ファン)イベント
最近増えてきたのが、このパターン。単発のイベントだと、一回参加して記事を書いて終わってしまいますが、「ファンイベント」にブロガーを取り込むと、継続的な関係性が生まれ、イベント後も繋がりが続きます。僕が好きなのはこのパターン。まずはファン(アンバサダー)として登録し、定期的にメルマガを受け取ったり、イベントに参加したり、あるいは製品のサンプリングを受け取るなどして、継続的に記事を書いていきます。タレントが就任するアンバサダーと異なり、この施策は特に金銭的な報酬はありませんが、企業担当者さんとの繋がりができたり、他のアンバサダーブロガーさんとの横の繋がりができたりなど。

■ブロガー(プレス)ツアー
たまにあるのが、現地にたどり着くまでまるっと全て「プレスツアー」として移動も込みで参加できるイベント。都内から出発するものもありつつ、現地の最寄駅集合なんてのも。ウイスキーの蒸留所見学とか、美術館ツアー、湖でマリンアクティビティ体験とかもありました。あとは、ちょっと意味合いが違いますけどアンバサダーとしてカナダにオーロラを見に行ったことも。


■製品モニター
イベント後に製品をモニターとして使わせてもらえる企画など。そのまま製品をもらえることもあるし、要返却の場合も。とりあえず、実際に製品をじっくりと使ってみて、その感想をブログに書くわけです。未発売のカメラとか借りれると、ものすごいテンションあがる。モニターで気に入って、実際に発売後に自腹で購入することもあります。やっぱり、実際に使ってみて記事を書くのが製品レビューとしては一番良いです。そして、もらえる場合はホントもうどう使っても良いのでレビューのし甲斐があります。

あとは、イベント抜きで単純に製品レビューのみを依頼されることがあります。まず、「レビューしませんか?」っていう依頼が来て、「あ、これ面白そう」っていう商品があったら「ぜひ!お願いします」って返事をすると、実際に商品が送られてくるので使ってみて記事を書く、と。なぜか最近、中国のメーカーさんからコンタクトが来ることが多くて、今数えてみたら今年に入ってから30製品くらいレビューを書いてるみたい。そういう記事を書くときは、きちんと「メーカーさんから製品をご提供いただいてます」って記載してます。

書くことが好きなので、基本的にレビューできそうなものだったらなんでも使ってみて記事を書かせていただきます。
製品レビューとか、イベントとか、直接依頼が来たり、友人経由で声をかけてもらうことも多いのですが、そういう案件をつないでくれる代理店さんみたいな存在がいくつかあって、そういうところに登録しておくと、イベントやモニターなんかに参加できる機会が増えますよ。
僕も登録しているサービスをいくつかご紹介。


■reviews(レビューズ)
アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)社による、クライアントとレビュアーをマッチングするサービス。AMNさんには、以前からかなりお世話になってて、「AMNパートナーブロガー」とか、「レビューズ公認ブロガー」とかやらせていただいてます。社員さんもブログ書いてる人がいて、みんなすごいっす。勉強会とか、いつも参加させてもらってます。

reviews(レビューズ) | 「レビューを頼みたい!」「書きたい!」をマッチングするサービス
https://re-views.jp/


■レビューブログ
前項とコンセプトも名前も似てるんだけど、こちらは案件も少なめで、報酬をもらってただ記事を書くっていう感じの関係性。たまに気が向いた時に案件に応募して、そこそこ報酬ポイントがたまったらAmazonギフト券に交換する感じ。

レビューブログ
http://reviblo.com/


■BLOGTIMES
こちらも、企業とブロガーのマッチングサイト。製品をいただいてレビューするタイプのものと、あとは記事掲載料がいただける「プレミアム版」というのがあります。イベントに参加して、記事を書いて、自分のブログにアップすると掲載料がもらえる案件。今サイトを見てみたら、ショーンKさんがモデレータのイベントに参加したのは、ここ経由だったんだな。

BLOGTIMES|ブロガーリレーションサービス
https://blogtimes.jp/


■ブログスカウト
こちらのサービスもそんなにアクティブに参加しているわけでは無いですが、たまに案件に応募して、当選すると、イベントに参加して記事を書いたりなど。よく、日光江戸村の派遣レポーターみたいな案件をやらせていただいて、一回行くたびに結構いくつも記事書きます。江戸村、楽しいですよ。

ブログスカウト
http://blogscout.jp/


とりあえず、そんなとこですかね。登録だけしてるサービスはもっといくつもあるんですけど、案件にあまり興味がなかったり、あってもご縁が無かったり。「Amebaみんなの編集局」っていうサイバーエージェントのキュレーションサービスにも登録してて、今サイトを見つけたので久しぶりに記事を書いてアップしてみました。あとは、前述のAMNさんと電通さんが共同でサービス提供している「インフルエンサーワイヤー(iWire)」っていうニューズレターは配信が来るたびいつも記事を書いてます。深掘りしだすと、結構見つかりますね。まだまだありそうだけどとりあえずこの辺で。

というわけで、ぜひ企業イベントや製品レビューなどに参加して、ブログ書いてみてください。
楽しいですよ。

by t0maki | 2016-05-13 23:05 | ブロガーイベント | Comments(0)

AMN勉強会、第1回目は「写真撮影に関する法律」、第2回目の前回は「取材のテクニック」。
AMNのレビューズ/Linkトラベラーズ主催のこの勉強会は、毎回ゲスト講師をお呼びして、ブロガー/ライターに役立つ内容で、毎回参加していてとても勉強になります。で、そして第3回目となる今回のテーマは、「シェアされる・バズる記事を書く考え方」、と。

そもそも、僕は記事を書く際にあんまり「シェアされたい」とか「バズりたい」とか考えずにドカドカ書いてしまうタチなのですが、そりゃ誰からも見向きもされないよりは、書いたものをより多くの人に読まれる方が嬉しいわけで、だからと言ってそのためだけに「釣りタイトル」とか「炎上系煽り記事」とかは書きたくはないのですよ。そこらへんの距離感を踏まえて、どんな講義が聞けるのかすごく楽しみ。

講師は、「BuzzFeed」の古田大輔編集長。……の予定だったのが、変更になったみたいですね。
鳴海淳義さんという方。ブログを書いていらっしゃるということで、どっかでなんか接点があるような気もしないではないですが、たぶん個人的には知り合いじゃない方。BuzzFeed日本版の「Buzz担当エディター」っていう肩書がすごいですね。まさに、バズを担当するエディターさん、みたいな。

あぁ、このダイエット本の人か。今、検索した。

じゃ、記事の続きは、勉強会後に。

 * * * 

c0060143_21335348.jpg

c0060143_21335327.jpg

さて、イベント後の帰りの電車ん中。
煽り系、炎上系とは真逆の内容で、すごく勉強になりましたよ。PVが既にあんまり意味を持たないってのは激しく同意。その代わり、「シェア」を指標にしましょう、と。より多くの人の心を動かして、「これは面白い」ってシェアしてもらうためのテクニック。実は結構シンプルで、奥が深いです。

よりたくさんの人の心をつかむためには、テーマはより広範で汎用的であるものがよい。ただし、それを他人と同じ切り口で発表しても埋もれるだけだから、そこにひねりを入れたり、書き手の個性を出したり、心を動かす本質的なものを入れたり。楽しくなるような、ポジティブな要素をね。

よくいる、よくある、炎上系のバズとは真逆ですね。

シェアされるような面白いコンテンツって、一瞬でコピペやまとめでパクられるのが常なんですが、鳴海さん(もしくはバズフィード)的にはあんまりそこは気にしてなくて、無視してるとのこと。つまり、パクられようがパクられまいが、「よいコンテンツを生み出し続けるだけです」って、カッコよいです。

あと、「ツッコミ待ち」のテクはすげーな。「ここ、突っ込まれるだろう」っていう要素をあえて入れておく、と。そうすると、みんながSNSとかで一斉に「ツッコミ」を入れ、それがバズになる、と。いやはや、面白い。

というわけで、今回も面白くてためになる講義でした。ただ、だからと言って、やっぱり僕はバズ狙いはムリかなー。そもそもが、ニッチな「日曜アート」の土台で、ただ自分の身の回りのことを身の回りの人に伝えるために書いてるようなもんだから。体験と記憶を記録する、外部脳のようなオレのブログ。今後もこれまで通り、ガシガシ書いていきますよ。



by t0maki | 2016-04-20 18:30 | ブロガーイベント | Comments(0)

   
Back to Top