ブログトップ | ログイン
カテゴリ:未分類( 692 )

c0060143_12094566.jpg
バス停に降り立ってタクシーを探していると、そのバス停の係員らしいおばちゃんがスススと近寄ってきて「タクシーお探しですか?」と英語で聞いてきた。「ハイ」とこたえて行き先を伝えると、「200バーツですがよろしいですか?」と聞かれ、まぁ700円もしないくらいだから「OK」と答えた。

しばらく待っていると、普通のおっちゃんが自家用車で乗り付けて、バス停の女性が「乗れ」と促す。その個人タクシーの車内には、ダッシュボードのところとバックミラーに、大量のお守りが飾られていた。

このお守りは、「プラクルアン」って呼ばれる、仏陀や僧の姿をかたどった小さなレリーフの護符である。粘土や金属でできていて、いろんな形や色、サイズのものがある。高僧の髪の毛を埋め込んだものもあったりして、コレクターの間で売買されたりもしている。

▼タイのセブンイレブンで売られていた、「プラクルアン」のカタログ雑誌
c0060143_11524470.jpg
▼いろいろなお守りが、値段とともに掲載されている。
c0060143_11524491.jpg
以前、国際文化フォーラムの「りんごをかじろう」のイベントで、「暮らしの中の祈り ~タイの民間信仰~(http://tomaki.exblog.jp/24932186/)」というテーマの勉強会に参加した際、愛知大学の加納教授からタイの民間信仰とお守りについていろいろお話を伺っていて、すごく興味があった。運転手に、そのお守りについて質問したかったが、あいにく全く言葉が通じないので諦めた。

そういえば、日本人も車の中に交通安全のお守りを貼ってるし、考え方は似ているのかもなぁと思った。さすがに、日本ではお守りをコレクションして売買する人はあまりいないと思うけど。


▼日本にもお守りの文化が根付いている。写真は巣鴨。
c0060143_10393996.jpg
面白かったのは、「プラクルアン」専門のカタログ雑誌が普通のコンビニで売られていたこと。面白そうなので、一冊買ってみた。中を開くと、たくさんのお守りが写真付きで掲載されてた。金額もある。日本円に換算してみると、数万円から数十万円するものまでいろいろ掲載されてるけど、安いものと高いものの違いが全然良く分からなかった。タイのお守り、奥が深い。

タクシーは無事に目的地に着き、チップを大目に加えて料金を支払ったら、「800バーツ払え」という。なんてことはない、ぼったくりタクシーにつかまったわけだ。大方、バス停にいたおばちゃんもグルなのだろう。たちの悪いキャッチに引っかかったってわけだ。いくらなんでも当初の金額の4倍はあり得ないと思ったが、長旅で疲れているし、めんどくさいので払って帰らせた。

お守りと、心の清さは比例しないんだな、と思った。むしろ、後ろめたい人ほどお守りに頼りがちなのかもしれない。ま、みんながみんなそうじゃないと思うけど。

今でもプラクルアンを見ると、あのいまいましいぼったくりタクシーを思い出す。



by t0maki | 2017-01-19 19:19 | Comments(0)
c0060143_15253245.jpg

年末年始のダイエット・ダイジェスト。

チェコ旅行中にひたすら食べまくり飲みまくったのに、毎日たくさん観光で歩いて、規則正しい生活してたら日本に帰ってきて体重が落ちててびっくり。100日間で100万歩を歩く企画も無事達成。二重跳びを100回跳ぶチャレンジも100円ショップで買ったおもちゃの縄でなんとか達成。三重跳び10回はまだ達成できてないから頑張る。

正月のおせちを記録的な速さで完食し、ミスタードーナッツの福袋でドーナツを食べまくり、1月2日は串揚げを家族3人で183本たいらげたけれど、翌日25kmの年初ランを完走して体重計に乗ったら、ここ数年で一番体重が減ってた。これも不思議。

ダイエット企画を始めた当初は体重を落とすことを目標にしてたけど、今はよく食べて、それ以上によく動き、健康的な体をつくることが目標、と。

by t0maki | 2017-01-09 15:24 | Comments(0)
c0060143_23072825.jpg

「スカパー映画部!」からTOHOシネマズのギフトカードをいただいたので、早速家族でファンタスティックな映画観賞。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を観てきました。ちょうど月曜日だったので、「auマンデー」割引適応で。

割と昔からハリー・ポッターは好きで、原作を発売すぐに洋書で購入とかもしてましたよ。途中までね。DVD全作品8本を一気見するハリー・ポッターマラソンを勝手にやったりも。

今回の映画は、そのハリポタシリーズのJ.K.ローリングさんが脚本!ハリポタの世界感を残しつつ、まったく新しいストーリーで面白かったですよ。ちょっと大人の恋愛とかもありつつ、そして相変わらず魔法の世界はすごくリアルで魅力的で、さすがだなぁ、と。

こうなってくると、続編とかも期待してしまいますが、どうですかね。


by t0maki | 2017-01-03 22:55 | Comments(0)
c0060143_03161148.jpg

正月の初詣の後、ちょっと買い物。娘がメロンパンのスクイーズを買ったので、それに合わせてパパはリアルなメロンパンを購入。

c0060143_03161176.jpg

でもって娘が「ラッキーターン」を買ったので、パパはその元ネタの「ハッピーターン」を購入。正月バージョンで、おみくじ付きもあったよ。娘が連続で大吉を引く中、パパは中吉と小吉を量産。

数多く振れば、いつかは当たるさ。

そんな2017年最初の年。

by t0maki | 2017-01-02 03:10 | Comments(0)
c0060143_22032539.jpg

作り方通りにやったはずなのに、何かが致命的に違う、羊毛フェルトのインコ。
酉年なので、今年の作り初めはダイソーのフェルト工作キットでインコをつくってみました。
c0060143_22032521.jpg

初めてつくってみたけど、難しいな、コレ。そして、うちのインコに超警戒されてる。

by t0maki | 2017-01-01 22:02 | Comments(0)
c0060143_02175164.jpg

大晦日に何をやってたかというと、娘を塾に送り迎えしつつ、自宅の壁にドワっと写真を飾って、巣鴨を覗きに行って、上野の人混みにもまれ、鏡餅重ねて蒲鉾切った。
c0060143_02175108.jpg

c0060143_02175215.jpg

c0060143_02175239.jpg

c0060143_02175310.jpg

c0060143_02175351.jpg

c0060143_02175378.jpg

年越したね。あけましておめでとう。

by t0maki | 2017-01-01 02:13 | Comments(0)
c0060143_01421598.jpg

チェコから帰ってきてもうすぐ2週間になるけど、まだなんとなく時差ボケが抜けきれていない。
c0060143_01421563.jpg

「日曜アーティスト」として、なんかよく分からないちっぽけでとるに足らないものを趣味で作り続ける生活を続けて、もう10年以上になる。アホみたいになんかいろいろつくったり書いたりしてはいるけど、作品を売って儲けたいとか有名になりたいとかいう欲求はなく、ただ淡々とつくりたいものをつくり続けているだけ。ずっと何かをつくり続けることができれば、それで満足なのだ。少なくとも、今までは。

オレはどちらかというと、自己分析をするまでもなく「はみ出てしまった」人間なわけで、高校時代の思い出といえば陸上部として校庭を走っているか、図書館で大量の本を借りて読み漁ってるかくらいしかない。そんな風にもともとじんわりとはみ出している雰囲気はあったものの、それが顕著になったのは高校卒業後。いきなり(それまで海外旅行すらしたことが無いのに)留学をしたり、その留学先に選んだネバダの砂漠の街でよりによってアート学に転部したり、そのせいで卒業後に仕事が見つからずにロサンゼルスでホームレスになりかけたりしたあたりで、最終的には「我ながらもうヤバイ」状態に。

奇跡的にロサンゼルスで写真の仕事に就くことができ、帰国後はプロバイダー勤務を経てWebデザイナーとなり、結婚もして娘も生まれ、今は外資系の広告代理店で仕事はしているけど、やはり「自分は普通では無い」「当たり前のことができない」「アウトキャストな人間である」、という思いは割と常にある。

今回、チェコ政府観光局からの招待で「ブロガーツアー」として計8名のブロガーさんたちと7日間(+2日間)かけてチェコを巡る旅をした。今まで、自分も「ブロガー」としてイベントに参加したり、記事を書いたりする機会は多かったが、こんな風に複数のブロガーさんたちと長い期間行動を共にするのは初めてだった。今まで、旅に関する案件は複数こなしてきたが、海外で、しかもこんなにも大人数で一緒に行動したことはない。

「僕にできるかな?」と最初は不安だったけど、そんなのは杞憂だったよ。すげー楽しかった。いろんなものを見て、体験して、記事を書くのももちろんだけど、それぞれ個性あるブロガーさんたちが取材を通じて体験したことを写真に撮り、文章をまとめ、配信していくのを間近で見ることができたのが面白かった。
それぞれみんな、独自のスタイルを持っていて、写真の撮りかたや文章の書き方も様々。視点も切り口も表現も全く違う。それを側から見ているのはすごく楽しかったし、勉強にもなった。

と同時に、僕もなんだか「仲間」になれた気がした。ブロガーとして、作り手として、写真を撮ったり文章を書いたりしつつ「ひとりじゃないんだ」という思い。今夜、「プチ打ち上げ」として久しぶりに一緒に旅をした人たちと再会し、旅の思い出を語ることができたのがとても嬉しい。

これからも僕は、今までと同じようにちっぽけでとるに足らないものをつくり続けていくと思う。けれど、今までとちょっと違うのは、「ひとりじゃない」という思い。こうやって、旅の体験を通じて僕はみんなとつながっている。

そんな思いをかみしめつつ、飲み会終わりに帰宅の道すがらスマホ片手にこの記事を書いている、と。

by t0maki | 2016-12-27 00:01 | Comments(0)

   
Back to Top