ブログトップ | ログイン
カテゴリ:未分類( 690 )

c0060143_23364430.jpg

チェコ語の映画を英語字幕で観るという、かなり難易度の高い映画鑑賞会でしたが、ストーリーは昔からチェコに伝わるおとぎ話なので、だいたいきちんと理解できました。

チェコセンター東京が主催の、「マルタ・イソヴァー 主演映画上映会」に参加。2015年にチェコでつくられた映画『The Seven Ravens』を、チェコ共和国大使館の映写室で観るという会です。

主役のBohdankaを演じたのは、チェコで最も人気のある女優のひとり、マルタ・イソヴァーさん。プロフィールを見ると、1981年生まれということだから、この映画が公開された頃は34才ということですね。王子様に見染められるヒロイン役としてはちょっと年齢が……っていうのを、演技でうまくカバーしていると思います。と、カバーしておきます。

以下、ネタばれ含みます。

王子様とか、魔法使いとか、おとぎ話の世界にありがちな設定なのですけど、一般の女の子でも頑張れば魔法が使えちゃうんだ!ってのが面白かった。人間がカラスに変身するシーンとか、結構リアルだったし。ストーリーの最初の頃はBohdankaの両親が結構丁寧に描かれてるんですけど、途中から全然出てこなくなるのはちょっと違和感あるけど、そこはまぁおとぎ話が原作だからね。久しぶりに戻ってきた娘が、既婚者で子供もいて、しかも失踪した7人の兄弟連れてきたら、もう親とか何がなんだか分からないだろうね。しかも、王子と結婚して、王女と投獄して、王子はとっとと王様になってて、兄弟たちは台詞もない、みたいな。おとぎ話、おとぎ話。

しゃべらないけれど、しゃべり続ける演技って、なかなかすごいと思った。
あと、魔女狩りは怖いよね。

そんな感じです。


by t0maki | 2017-04-06 23:33 | Comments(0)
c0060143_11165934.jpg

うーん、相変わらず写真を選ぶのが手間かかりすぎ。載せたい画像が並んでるのに、なんで毎回アルバムを選んで、中に入って、スクロールしてを繰り返さなきゃならないんだ?画像をたくさん記事に載せるとサーバーに負荷がかかるからわざとこんな草仕様にしてるんだろうか?

インスタの写真をアルバムから選ぶときに、古い順から写真が並ぶのもツライ。延々とスクロールをしなければたどり着かない。なので、解決策としては、ブログに載せたい画像をあらかじめピックアップして、アルバムを作っておく。で、ブログに載せたらそのアルバムからは写真を削除して、常に最低限の写真しかそこに入れとかないようにすれば、多少はスムーズに選択できるけど。

その程度だったらまだ我慢するし、今までの仕様もヘタレだったのでそこは期待もしてないんだけど、さっき下書きから本番公開にしたら、記事一覧がバグってて、なぜか同じ記事が二個並んでるから「あ、重複投稿だ」と思って一個消したら、投稿したての記事なのにサムネとタイトルが単におかしくなってるだけで、消したくない記事を消しちゃったよ。

ブログを書くアプリなはずなのに、そういうバグは致命的だぞ。ローディング画面はオシャレになった。今のところ、良くなった点はそれだけしか感じられない。

ま、慣れてくれば多少は使いこなせかも、と、期待しつつ。それにしてもツライ。


by t0maki | 2017-04-06 08:04 | Comments(0)
c0060143_10344103.jpg

頭をシャカシャカ振って出すか。あるいは、滲み出てくるのを待つか。頭蓋の裏側にへばりついた、思考のカケラ。

言葉を紡ぐということについて書くということが書くという意識の内なるスパイラルとなり、スピーカーで拡声されたマイクの音源が無限ループでハウリングを起こすかのような、今。

地下鉄で、太った男の隣に座っている。ノイズキャンセリングヘッドホンの向こう側にある車内の音が遠くに聞こえる。

太った男が電車を降りたので、僕は横スライドしてその男が座っていたドア脇隅の座席に移動する。僕が座っていた席には、新たに乗ってきた女性が座った。

「発車致します、閉まるドアにご注意ください」「白線の内側におさがりくださーい」
機械による音声アナウンスと、駅員さんの肉声がシンクロする。

「まもなく日本橋です。足元にご注意ください。出口は左側です。Arriving at Nihombashi, G11」

そこで、目を閉じる



by t0maki | 2017-04-05 10:20 | Comments(0)
c0060143_10345522.jpg

空撮でもなんでもなく、ただ高いビルから写真を撮ったってだけねんですけどね。

イベントに参加するために六本木ヒルズに来たついでに、森タワーの屋上へ。夜景を眺めつつ、撮影、と。

Meanwhile in Tokyo.
Meanwhile in Tokyo.


Skyscrapers.
Skyscrapers.


東京タワー。
東京タワー。


遠くに見える、野球場。
遠くに見える、外苑前野球場。



ここ三年くらい、僕はここの年パスを持ってるので、天候が良くて営業時間内なら、こんな景色がいつでも見られます。屋上のスカイデッキと、屋内のシティビュー、そして森美術館ももちろんいつでも入館できる年パスは、絶対おすすめ。チケット売り場に行列ができていても、年パス保持者はその脇のインフォメーションセンターですぐにチケットを発券してくれるのもメリットのひとつ。(ただし、インフォメーションセンターは夜間はクローズ)

というわけでこの日も、19:30にクローズする前に屋上スカイデッキに行き、その後メインの森美術館でN・S・ハルシャ展を堪能し、さらに22:00の閉館前に東京シティビュー展望台から夜景を眺める、と。

5月に年パスが切れるので、また更新する予定。


by t0maki | 2017-03-31 10:16 | Comments(0)
c0060143_12435065.jpg

生活のたのしみ展へ。このピルスナーウルケルの栓抜きに一目惚れして購入。チェコに買い付けに行ったほぼ日の武井さんにいろいろお話を伺いました。隣のブースでは、買い付けに同行したチェコ在住のshinoさんも。11月に日本でチョーカーなどの作品展示をされるそうです。

目当ては、こちら。 #生活のたのしみ展
目当ては、こちら。 #生活のたのしみ展


チェコで買い付けた古道具など、これは見てるだけでワクワクする。 #生活のたのしみ展
チェコで買い付けた古道具など、これは見てるだけでワクワクする。 #生活のたのしみ展


ほぼ日の武井さん。ちょっとお話を伺いました。古物商の許可とか、輸入する時に美術品なども取り扱う業者さんに依頼したりなど、さすがです。 #生活のたのしみ展
ほぼ日の武井さん。ちょっとお話を伺いました。古物商の許可とか、輸入する時に美術品なども取り扱う業者さんに依頼したりなど、さすがです。 #生活のたのしみ展


雑貨系は大屋根プラザに。飲食は、ヒルズカフェの方。そっちは激混み大行列で入れなかった。
雑貨系は大屋根プラザに。飲食は、ヒルズカフェの方。そっちは激混み大行列で入れなかった。


生活のたのしみ展、行ってきた。 #生活のたのしみ展
生活のたのしみ展、行ってきた。 #生活のたのしみ展


3/26 まで。 #生活のたのしみ展
3/26 まで。 #生活のたのしみ展




by t0maki | 2017-03-25 12:40 | Comments(0)
c0060143_11142367.jpg

きっかけは、「おもいでばこ」をつくってるバッファローさんの会議室にその製品のファンが集まって、みんなそれぞれがその製品に対する思いを語るっていうのがあってですね、その話の流れで「新商品の発表会をやるから、何か良いアイデアはない?」ってことで、「なんか、その製品ならではの工作ワークショップとかは?」って提案したら、流れで僕がその企画を担当することに。こういう思いもかけない展開、大好きなので「やります、やります!」、と。

「おもいでばこ」は、思い出の写真をそこに貯めてておいて、テレビやモニターにつないでみんなで見るためのデジタルフォトアルバム。なにかこう、無機質な電子機器とは一味違う、心が温かくなるような、ちょっと幸せになれる製品なのですよ。もちろん、僕もこの製品のファンなのですよ。

で、ワークショップをやるって決まってから、「思い出」と「写真」をテーマにして、どんな工作ワークショップにしようかしばらく考えてました。とりあえず、海外の博物館のデジタルアーカイブから著作権が切れたバプリックドメインの写真をいろいろゲットして、それぞれの写真とテーマや被写体が似ている現代の写真をストックフォトサービスからダウンロード。この対になった今昔写真を使って、スクラップブッキング的なワークショップにしよう、と。

結果、今回の工作ワークショップは、主催者の僕が一番楽しんでたかもしれない。今回はいつもにも増して「自由にどーぞー」というスタンスで、場所と素材だけを用意してあとは何やっても良いよーっていうワークショップだったので、想定外の作品がどんどん生まれて、見ているのが楽しかった。

いつの間にか「本職」の方によるフリーラクガキバトル的な似顔絵合戦が対面で出来上がってたり、マステを上手に使って城を描いたり、シールとクラフトパンチで大名行列のようなのができてたり。いやー、素晴らしい。

100年前の写真と、今の写真を交互に貼っていくっていう、ゆるーい感じのワークショップを開催しました。一番楽しんだのは、多分ボクです。
100年前の写真と、今の写真を交互に貼っていくっていう、ゆるーい感じのワークショップを開催しました。一番楽しんだのは、多分ボクです。


いつの間にか、お城と大名行列できててスゴイ!
いつの間にか、お城と大名行列できててスゴイ!


切り抜いたあとの紙も面白いね。
切り抜いたあとの紙も面白いね。


いつの間にか、ラクガキ合戦が始まってた。
いつの間にか、ラクガキ合戦が始まってた。


ラクガキのプロの方がいらっしゃったぞ。
ラクガキのプロの方がいらっしゃったぞ。


僕の持ち時間は、プレイベントの約45分間。あっという間でした。その後に行われたメインの発表会イベントについては、また書きます。

ご参加いただき、ありがとうございました!

by t0maki | 2017-03-25 10:59 | Comments(0)
c0060143_10583105.jpg

秋葉原電気街の入り口。なにやら、古いSF映画のような、ちょっとした懐かしい近未来感。

前職がこの付近だったこともあり、ここからの景色は見慣れてるはずなんだけど、ここ5年で景色が様変わりしてて、街の様相も少し変わった。ラジオ会館も新しくなったし、ドーミーインがオープンする気配だし、旧万世橋駅も商業施設になってるし。

街行く人は、まぁ、それほど変わってない。というか、もとからちょっと変わってるのか。まぁ僕も、変わった人が多い中にいてもある程度変わってるので変わってる度合いで言えば他の変わってる人たちとそれほど変わりない。変わらず変わり続けてるってのもあるし。

秋葉原。

電脳街と呼ばれる街。

電子部品と家電、IT機器。アニメとオタクの聖地でもあり、メイド喫茶が繁盛するエリア。新しいものと古いものとが適度に融合して、日本独自の文化を牽引している。

そうだな。僕はこの街が割と好きだな。なんか、落ち着く。

by t0maki | 2017-03-25 10:49 | Comments(0)
c0060143_10084948.jpg

妙に鮮明な、旅をする夢。

空港で待たされて不機嫌になってたけど、シートをアップグレードしてもらって上機嫌に。どこかの小さな町の、レトロでファンキーな美容院に滞在。LOMO LC-Aで写真を撮りまくってた。店の裏手にあるテント村になぜかダウンタウンの松っちゃんががいて、何かを大声で独り言のように叫んでた。

ペンキを何度も塗り直したような扉の質感が美しくて、何枚も写真を撮った。あの写真の出来は……あぁ、夢だったね。細部まで鮮明な夢だった。突然の夕立が美しくて、庇のある場所から外を撮った。若い美容師さんたちが5人、石段を上がってく後ろから撮った写真がベストショット。大きな口を開けて笑う表情を望遠で捉えた。

雨上がりの交差点。濡れたアスファルトに反射する光が美しかった。そこでも、良い写真が撮れたな。

で、最後。この旅行中にフイルムを買わないとと思いつつ、歯ブラシはカバンの中にあったよなぁ、あとは何か買わなければならないものはあっただろうかと考えてたら、目が覚めた。

鮮やかな色彩の夢だった。扉の緑色。古い香港の街並みをイメージさせるような、原色の街並み。

鬼ごっこに興じる学生たちを横目に、僕はその街の空気をしっかりと身に染み込ませようとしてた。自分の中で昇華して、記事を書きたい、と。体験しながら、写真を撮りつつ、アウトプットのイメージを膨らませていく。すると、見るべきところや撮るべき写真がおのずと分かってくる。

アウトプットとして記事にまとめるまでが旅なんだ。

チェコの旅についても、もっと書きたい。もちろん、先週取材で訪れた岡山県赤磐市についても。

面白い夢だった。夢に見るほど旅が好きなんかな。空港でのサプライズ体験とちょっと豪華な座席。テント村。美容室。そこで働く人たち。街の風景。写真を撮りつつ、頭の中で記事のイメージを膨らませつつ。

そうだ、また旅をしよう。

by t0maki | 2017-03-25 09:40 | Comments(0)
c0060143_22281958.jpg

最近、「食」について興味があって、いろいろ調べたりしてるんですよ。食いしん坊の方ではなくて(それもあるけど)、食の文化や、安全性や、もちろん食品ロスについても。

で、今日は「生活クラブ」さん主催の、『子どもたちへの贈りものごはん試食会』に参加してきました。20名以上の参加者たちの中で、男性は僕ともう一人だけだった。まぁ、予想はしてたけど。

「生活クラブ」は国産、無添加、減農薬、遺伝子組み換え不使用など、こだわりの食材を取り揃えた生協のサービス。食材へのこだわりについてお話を伺いつつ、いろいろ試食をさせていただきました。手作業で皮を剥いてるというこの温州みかん100パーセントのジュースは、雑味もなくみかんそのままの甘さがあって、すげー美味しかった。値段も意外とリーズナブル。37万人の会員がいるから、質が良いのに価格を抑えられるんでしょうね。

本日の試食メニュー #生活クラブ
本日の試食メニュー #生活クラブ


素材へのこだわりと、美味しさ。なるほど。 #生活クラブ
素材へのこだわりと、美味しさ。なるほど。 #生活クラブ


ツナマヨコーンのカルツォーネ。冷凍食品とは思えない美味しさ。自然解凍してから、オーブンで焼いたとのこと。 #生活クラブ
ツナマヨコーンのカルツォーネ。冷凍食品とは思えない美味しさ。自然解凍してから、オーブンで焼いたとのこと。 #生活クラブ


にんじんのラペ、美味しいね!塩とオリーブオイル。そして、みかんジュースを少々。これは、つくってみたい。 #生活クラブ
にんじんのラペ、美味しいね!塩とオリーブオイル。そして、みかんジュースを少々。これは、つくってみたい。 #生活クラブ


こめ育ち豚だって。落ち穂の米を食べて育った鴨肉が美味しかったことにヒントを得て、豚に食べさせたら美味しくて栄養もある豚肉ができた、と。なるほど。 #生活クラブ
こめ育ち豚だって。落ち穂の米を食べて育った鴨肉が美味しかったことにヒントを得て、豚に食べさせたら美味しくて栄養もある豚肉ができた、と。なるほど。 #生活クラブ


そして、トマトの旨味スープ(ミネストローネ風)。こだわりの国産トマトピューレからつくったケチャップを使って。 #生活クラブ
そして、トマトの旨味スープ(ミネストローネ風)。こだわりの国産トマトピューレからつくったケチャップを使って。 #生活クラブ


生活クラブの温州みかんジュースをいただいた。一個一個、皮を手で剥いてジュースにしてるんだって。ひと瓶900mlで、336円は確かに安い。みかん約19個分だって。雑味がなく、しっかりみかんの味がする。 #生活クラブ
生活クラブの温州みかんジュースをいただいた。一個一個、皮を手で剥いてジュースにしてるんだって。ひと瓶900mlで、336円は確かに安い。みかん約19個分だって。雑味がなく、しっかりみかんの味がする。 #生活クラブ


例えば、遺伝子組み換えのトウモロコシがあったとして、それが形を変えてコーンスターチとかブドウ糖に加工されてドリンクに入ってたとしたら、そりゃ分からないよな。畑から採れたものを自分で全て料理するならともかく、何が入ってるか分からない食品は、やっぱりなんか不安。自分がきちんとこだわってるつもりでも、流通の向こう側までは見えないから、どっかで誰かが不誠実なことをしてても分からないわけですよ。その見えない不安の部分を取り除いてくれるのが、こういったこだわりの食材を提供してくれるサービスなんじゃないかな。正直、そういった食の安全をとことん担保してくれるなら、高価でも全然良いと思うんです。お金で安全・安心が手に入るなら、全然オッケー。生活クラブは、それなりに割高だけど、バカ高いわけではなく、むしろモノによっては同じ品質の他社製品より全然安いという。それは、37万人の会員がいるからできることなんでしょうね。

なんてことを考えつつ、後半はグループワーク。「生活クラブを知り合いにお勧めするなら?」ってテーマで、「うちならこんな風にお勧めするよー」ってのをプレゼン、と。素材の良さだけでなく、美味しさと、リーズナブルな価格がお勧めポイントかなと思います。

他の人のプレゼンを聞いたりしながら、みかんジュースが美味しすぎて、ついつい飲みすぎた。で、卵や小松菜、ウインナーなどの食材をお土産にいただき、上機嫌の帰り道なのである。

ありがとうございました!

by t0maki | 2017-02-15 22:09 | Comments(0)

   
Back to Top