ブログトップ | ログイン
c0060143_23513013.jpg

Instagram(インスタグラム)がテーマの、今回の旅人bar。そこで、「そもそもインスタグラマーの定義って何?」ってことになって、インスタグラムをやってればみんなインスタグラムでしょ。ドライブする人はドライバーだし。とかいう話もありつつ、ここらへんって「ブロガーって何?」みたいな話と通じるなー、とか思ってみたり。

前回、僕は「ゲストバーテン」として初めて旅人barに参加して、すごく楽しかったので今回は普通にお客さんとして参加。旅人向けの求人サービス「SAGOJO」さんらしい、旅人が自然と集まる温かみのあるイベントなのです。

明日は早朝から海外のチームとテレカンなので早めに失礼させていただくつもりが、ついつい今回も終電ギリギリに。いやはや。
c0060143_23513077.jpg


今回は、2人のインスタグラマーさんたちをゲストバーテンにお呼びして、みんなで旅について語りつつ。もしかして、俺は最年長とかじゃない?年の差が倍くらいある学生さんたちとかがいる中で、「旅」っていう共通の話題があるとそれなりに話が通じるのが嬉しかったり。

改めて、タイに行きたいな。フィリピンもぜひ。台湾にはもうすぐ行く。チェコもぜひ再訪したいし。もちろん、国内も。

気づけば、僕のInstagramアカウントには16,000枚以上の写真がアップされてる。単純に写真が好きなのと、ブログも含めて僕の外部記憶装置みたいになってる感じ。Instagram以前は「Fotolog」をやってて、その話がちょこっとできたのも楽しかったな。旅とInstagramをテーマにした今回の企画に参加して、まさに旅と写真がもっと好きになりました。




# by t0maki | 2017-08-22 23:34 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_13343872.jpg
「腸内フローラ」の語源、知ってます?これって、腸内のヒダヒダがお花畑に見えることから、フローラ(英語でflora)って名前がついたんだって。画像検索で調べてみたら、なにやらイソギンチャクっぽいうねうねが大量に群生しているような感じ。こういうの、ムーミンにいなかったっけ?地面から腸大量に「にょろにょろ」が生えてるようにも見えるよね?

というわけで今回は、今月発売になったケロッグ社の「オールブラン オリゴグラノラ」について。「オールブランアンバサダー」として先行試食体験イベントに参加し、お土産でいただきました。

もらってきた翌日に「さて食べよう」と思ったら、うちの嫁さんが勝手に開けて食べてました。まだパッケージの写真も撮ってないのに。ま、いっか。

100年以上の歴史がある、ケロッグのオールブラン。今回の新商品「オールブラン オリゴグラノラ」は、小麦ブラン由来をはじめとする食物繊維に加えて、さらにオリゴ糖も入っているため、腸内の調子を整えてビフィズス菌を活性化させる働きもある、と。腸内フローラを健やかに。

サクサク食感のグラノラと、イチジク、ラズベリー、かぼちゃの種の組み合わせが良い感じ。牛乳やヨーグルトにぴったり。先行体験試食会では、パワーサラダをつくったり、ひとくちグラノラや、ヨーグルトスムージー、ヨーグルトアイスキャンディーの試食など、それぞれのレシピとともに紹介されてました。工夫次第で、いろんな料理ができそうです。

今月は、「オールブランアンバサダー」で商品が当選したり、イベントでお土産をいただいたりもしたので、オールブランをたくさん食べないと。以前、オールブランでハンバーグをつくりましたが、料理に組み合わせるのも良いと思います。

「オールブラン オリゴグラノラ」は、2017年8月17日より出荷開始。
参考小売価格は、190gの通常サイズで340円(税抜)、430gの徳用サイズで618円(税抜)です。






# by t0maki | 2017-08-22 20:34 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_13335277.jpg
「オールブランアンバサダー」のプログラムに参加してだいぶ経つのですが、イベントに参加するのは実は初めて。アンバサダーイベントとしては、今回でもう12回目の開催らしいですね。会場は、新橋にあるUCCコーヒーアカデミー東京校のメインルーム。

女性が多いイベントだとは聞いてましたけど、30名定員のイベントで男性は僕と、もう一人だけ。ま、それはそれで。

アメリカのケロッグ社が「ブランフレークス」を発売してから、100年以上が経ってるって知ってました?1915年だって。そんな長い歴史があったとは!

そして今回はなんと、発売前の新製品を試食体験させてもらいました!8月17日出荷開始予定の「オールブラン オリゴグラノラ」は、小麦ブラン由来の食物繊維に加え、腸内のビフィズス菌の栄養になるオリゴ糖によって、健康的に腸内環境を整えます。

サクサク食感のグラノラにオリゴ糖の他、イチジク、ラズベリー、かぼちゃの種などが加わり、程よい甘さとフルーツの酸味もあって、これは新しいヒット商品の予感。新商品と言うこともあり、会場では他のどの製品よりもこの「オリゴグラノラ」がたくさん試食されてました。

確かに、会場にいた方たちも言ってましたが、「オールブラン オリジナル」の味って、結構「ストイック」だったりするんですよね。「食物繊維を食べるぞ!」って意識で摂取する感じ。「オールブラン ブランフレーク プレーン」になるとかなり食べやすくなり、さらに2月にリニューアルした「オールブラン フルーツミックス」は各種フルーツ(マンゴー、イチゴ、クランベリー、レーズン)が入ってるので普通に美味しい。今回の「オールブラン オリゴグラノラ」は、そのフルーツミックスに匹敵する美味しさで、さらに食物繊維量はフルーツミックスより多いという。そこにさらにオリゴ糖も加わって、腸内の健康をダブルでサポート、と。

今回のイベントでは、管理栄養士の柴田真希さんによる料理体験教室も開催され、みんなで「オールブランパワーサラダ」をつくりつつ、スムージーやアイスキャンディー、ひとくちグラノラの試食も行いました。さらに、料理写真を撮るときのコツを教わったりと盛りだくさんな内容。


このサーバー、欲しい。 #オールブランアンバサダー
このサーバー、欲しい。 #オールブランアンバサダー


今日の主役。8月17日発売の新商品。 #オールブランアンバサダー
今日の主役。8月17日発売の新商品。 #オールブランアンバサダー


お二人のプレゼンも。 #オールブランアンバサダー
お二人のプレゼンも。 #オールブランアンバサダー


スムージー、作成中。ブレンダーの色も合ってる。 #オールブランアンバサダー
スムージー、作成中。ブレンダーの色も合ってる。 #オールブランアンバサダー


オールブランパワーサラダをみんなでつくりました。 #オールブランアンバサダー
オールブランパワーサラダをみんなでつくりました。 #オールブランアンバサダー


オリゴグラノラ入り シーザーパワーサラダ つくったよ。 #オールブランアンバサダー
オリゴグラノラ入り シーザーパワーサラダ つくったよ。 #オールブランアンバサダー


管理栄養士、フードコーディネーターの柴田真希先生 #オールブランアンバサダー
管理栄養士、フードコーディネーターの柴田真希先生 #オールブランアンバサダー


佐藤さんとイカロス出版の本!
佐藤さんとイカロス出版の本!


オールブランアンバサダーのイベントには今回初めて参加しましたが、みんなで学びつつ、つくりつつ、素敵な体験ができました。

というわけで、お土産にオールブランの製品ラインナップ4商品をいただいたので、しっかり食べてレビューも書きたいと思います。

続きはまた後ほど。





# by t0maki | 2017-08-22 20:30 | アンバサダー | Comments(0)
c0060143_12155829.jpg
インスタグラム・ツイッターのフォロワーを増やすアプリというものをモニターで使わせていただきました。なんとなくこういうツールがあるのは知ってましたが、実際に使ってみると「へー、こういう仕組みなんだー」と。なるほどね。

今回紹介するのは、「Autolikes(オートライクス)」っていうパソコン用のアプリ。WindowsかMacのパソコンにインストールして使います。なにが出来るかと言うと、あらかじめ設定をしておくと、自動で「いいね」や「フォロー」ができるというもの。例えば、あらかじめキーワード、ハッシュタグ、ユーザーなどを指定しておくと、その条件に合ったツイートが見つかったときに自動でいいねをしてくれます。1日でいいねできる数は、最大1000件まで。

自動フォローも同様の仕組みで、こちらは1日最大500フォローまで。

基本的な機能はそんな感じです。他にも、いいねやフォローを解除したり、いいねやフォローを除外する「ブラックリスト」の機能とか、スケジュール管理、プロキシ設定なども可能。

c0060143_12165632.png
とりあえず試しに使ってみただけなので、正直「フォロワーが増えた!」とは報告ができませんが、「こういうツールもあるんだなぁ」っていうのが理解できたので面白かったですよ。今後、もしこのツールを使うとしたらどんな風に使うのが良いかなぁって考えたときに、たぶん僕は「フォロワー数を増やす」という目的のためには使わないかもしれない。あるとしたら、応援したいハッシュタグがあって、そのハッシュタグを盛り上げるためとかに使うかもなぁ、とか。あとは、友達へのいたずらネタに。いろいろ出来そう。

キャンペーンやプロモーションでSNSを活用している担当者とかは、こういうツールを導入すると運用が効率的になるかもしれません。ただし、やっぱりツイッターなりインスタグラムなりできちんとコミュニケーションをとってる人たちは、自動いいねとかなんとなく分かっちゃいますけどね。

なんにしても、便利なツールだとは思います。仕組みを知るためにも、使ってみると面白いかも。「今なら1ヶ月無料キャンペーン!」だそうですよ。


Autolikes

インスタグラムとツイッターのフォロワーを増やすアプリ - Autolikes



# by t0maki | 2017-08-22 12:19 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_00190684.jpg

タイトルで、言いたいことは全て言っちゃってるけどね。前から何度か言ってることなんだけど、政治家の給料は、国民の平均収入と同じくらいが良いと思うんだ。

政治家が金持ちだと、金持ちのための政治をやっちゃうでしょ。本当に国民の立場を理解して、国民の目線で物事を考えるなら、政治家の生活は国民と同じにすべきだ、と思う。

なんかよく分からないけど、金と権力目当ての、山師みたいな伸るか反るかのギャンブラーみたいな人が政治家を目指して欲しくないのですよ。本当に日本のことを考えて、国民の幸せを本気で考えてる人が、政治家を目指して欲しい。金なんていらないから、ただただ日本を良くしようとする人。いると思うんだけどな。

# by t0maki | 2017-08-22 00:08 | Comments(0)
c0060143_23253042.jpg
レビューブログのモニターで、「ポニークリーニング」を体験してきましたよ、と。
普段スーツを着ない(もってない)ので、ワイシャツとかをクリーニングする習慣があまりない。
家にあるシャツは、ことごとく黄ばんでしわくちゃ。なのでちょうど良い機会ということで。家にあるワイシャツを持って、いざポニークリーニングへ。

半蔵門にある「ポニークリーニング 一番町店」に行ってきました。
ワイシャツを出して、「ひのきの香り健康ワイシャツクリーニング」を依頼したら、なんとまさかのNG。素材的に、ワイシャツではなくて、ドライ洗いのシャツ扱いになるとのこと。

というわけで、日を改めて、お盆明けを待って、再度ポニークリーニングへ。
見た目は似たようなワイシャツなのに、素材によって洗い方が変わるんだなぁ、と。まぁ、考えてみれば当たり前ですけどね。ワイシャツのタブのところにも、洗い方がそれぞれ書いてあるしね。

で、あらためまして、「ひのきの香り健康ワイシャツクリーニング」を依頼しました。事前にサンプルの布を嗅がしてもらったんだけど、ホントにひのきの匂いがする。タンスから出したばかりの衣類の匂い。
c0060143_23290028.jpg
c0060143_23262955.jpg
ポニークリーニングでは、このひのきの香りがするワイシャツクリーニングがデフォルト。つまり、普通にオーダーするとこの洗い方なんですよ。「天然ヒノキチオール」を糊づけの際にワイシャツに定着させるという方法らしいですよ。抗菌性とか、汗の臭いを軽減させる効果があるとのこと。

この洗い方は、ワイシャツのみ。なので、ワイシャツの形をしているけど素材が違う方のシャツは、ひのきの香りにはなりませんでした。ちょっと残念。

ひのきの香りのワイシャツは、会員価格で180円でした。通常は200円か、240円か、500円か。染み抜きをしてもらうと追加料金。ハンガーかけはサービスだけど、畳んでもらうと追加料金。ワイシャツじゃないほうのシャツは、あれ?いくらだったっけ?300円かそこらで、ダブルフレッシュ洗いを頼んだから追加料金で、さらに染み抜きと、折りたたみの料金と。クリーニングの料金って、分かりにくいね。「こちらのサービスはいかがしますか?」って聞かれて、「はい、はい、お願いします」って応えてたら、二着で1300円ちょっとくらい。なぜか、当初の予想より高くなった。でも、黄ばんだシャツが前よりかなりきれいになって仕上がってたので、大満足ですよ。
c0060143_23265352.jpg

もちろん、会員になりましたよ、と。
c0060143_23255371.jpg
クリーニング屋って、結構自宅から近いところとか、買い物のついでとかで何も考えずに選びがちだけど、スーパーをハシゴしてちょっとでも安くて良い食材を買う努力をするなら、クリーニング屋もちょっとこだわって選んだら良いんじゃないかな、と思いましたよ。ひのきの香りのワイシャツ、良いですよ。




# by t0maki | 2017-08-21 23:31 | モニターレビュー | Comments(0)
c0060143_00565882.jpg
神田駅降りて、あてもなくブラブラ。前の職場がこの近くだったので、割とこの付近は詳しいつもりだったんだけど、知らない通りに引き込まれるように入っていったらラビリンス。

高架下をたどっていく。
高架下をたどっていく。


神田そばはあちら。
神田そばはあちら。


電柱と電線に惹かれて、この道を入っていきました。
電柱と電線に惹かれて、この道を入っていきました。


神田にはまだこんな電柱が残ってるんだ。
神田にはまだこんな電柱が残ってるんだ。


迫力があるよね。
迫力があるよね。


建設現場近くの電線。トラックや工事車両が引っかからないように、カバーがしてある。
建設現場近くの電線。トラックや工事車両が引っかからないように、カバーがしてある。

最近、めっきり電線・電柱が珍しくなった気がする。どんどん地中化して行ってるよね。
地面の中に電線埋めちゃったら、メンテナンスとか大変じゃないんだろうか?って思ったけど、でも良く考えたら家の中の電気配線とか、みんな壁の中に入ってるし、そう考えてみると地中に電線が埋設されててもそれほどは困らないんだろうね。

まぁ、空中にあっても、地中にあっても、どっちにしても電力会社の技師さんが頑張ってくれてるってことか。

ごっつい変圧器を抱えた電柱がなんだか懐かしくて、うねうね絡まりあう電線とか、ついついその通りに入り込んでって写真に撮りました。するとその先に建設現場があって、出入り口付近の電線がことごとく黄色いカバーで覆われてて、背の高いトラックや工事車両が引っかからないように、注意するようになってた。

神田あたりって今でもたまに、こういう今昔入り混じった不思議な空間があるよね。



# by t0maki | 2017-08-21 22:51 | 地域情報 | Comments(0)
c0060143_01000301.jpg

思いつきで青春18切符を買って、行き当たりばったりな感じで電車旅をしてきました。車窓から海を見るっていう目的はとりあえず達成。とりあえず意味もなくあてもなくぐるぐるあちこち回って写真を撮ってきました。

蘇我と神田と、東京、新宿、巣鴨。電車に乗るのも降りるのも、その瞬間の気分で。



はい、どーも。
はい、どーも。


サッカー、ですね。
サッカー、ですね。


スタジアムを覗いてみる
スタジアムを覗いてみる


電車の扉が閉まる直前に「よし、ここで降りよう」と、たどり着いたのが蘇我駅でした。
電車の扉が閉まる直前に「よし、ここで降りよう」と、たどり着いたのが蘇我駅でした。


車窓から海を見るって目的は、とりあえず達成。
車窓から海を見るって目的は、とりあえず達成。


工場萌え。かっこいいね。
工場萌え。かっこいいね。


もう一回
もう一回


再び、東京駅。さて。
再び、東京駅。さて。


電車の旅
電車の旅




# by t0maki | 2017-08-21 00:57 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)
c0060143_14045510.jpg



貧乏ゆすりとか、手悪さとか。じっとできない子供に向かって、お母さんが「Stop fidgeting!」って注意する。
フィジェット・スピナーの語源。日本では、「ハンドスピナー」とか、「スピナー」と呼ばれているアレのことです。
丸っこいプロペラみたいな形で、真ん中にベアリングがあり、それを指で挟んでくるくる回すおもちゃ。

「回すだけ?で、なにが楽しいの?」って思われるかもしれないですが、これが実際やってみると大人でも結構ハマる。その楽しさは、ヨーヨーとか、ぶんぶんゴマとか、あるいはジャイロスコープとかそういったものに共通しているんじゃないかと思います。ただただ、回すのが楽しい。さらにもっと上級者になると、ちょっとした回し方の小技とかトリックもあったりして。

そんなスピナー(ハンドスピナー/フィジェットスピナー)についてまとめてみます。


■ハンド・スピナー/フィジェット・スピナー(fidget spinner)とは?
一般的に、フィジェット・スピナーは、1993年にアメリカのキャサリン・ヘッティンジャーさんがつくったおもちゃが起源だと言われています。病気で体力が弱ってしまったキャサリンさんが、娘さんと一緒に遊べるおもちゃを開発しました。指の上で回転させるそのおもちゃは、小型のフリスビーの真ん中を隆起させたようなとてもシンプルな形をしていて、ベアリングも使っていませんし、今のスピナーとはだいぶ違うものでした。

筆者がアメリカへ出張した際、地元のスーパーや空港などでもスピナーが売られており、お土産用に購入していく観光客の姿も見かけました。娘へのお土産用に(と称して、自分も興味があったので)、何種類か買って帰りました。プラスチックのボディにベアリングと錘を組み合わせた基本的な形のものや、透明でラメ入りのもの、ボディが金属製のものや、LEDで光るものなど、いろいろなものがあります。

店頭のPOPや、商品のパッケージにも度々書かれていたのが、集中力を高めたり、「ADHD(注意欠如多動性障害)」に効果があるというもの。本当にその効果が医学的に実証されているのかは分かりませんが、気持ちよく回転するスピナーをずっと眺めていると、なんかすっきりとした気持ちにはなりますね。個人的な意見ですが。

■ハンドスピナーの仕組みと種類
ハンドスピナーの基本的な仕組みはとてもシンプルです。プロペラの形に似た円形のハウジング(フレーム)の中心に、ボールベアリングとキャップを組み合わせたセンタースピンドルがあり、それを人差し指を親指でつまむように持って本体を回転させます。羽根の先にはおもりが付いていて、遠心力とバランスで長い時間回り続けることができます。

▼各パーツの名称
・ハウジング(フレーム)
┗スピナーのボディ部分。ベアリングやおもりを組み込む、ベースの部分です。プラスチック製や、金属製など、いろいろなものがあります。

・センタースピンドル
┗スピナーの中心部分。ボールベアリングとキャップを組み合わせたユニット。

・ボールベアリング
┗スピナーを回転させるための、ボールとリングを組み合わせたパーツ。ホームセンターなどで売られています。

・キャップ
┗ベアリングの上下を挟む、蓋のような部分。回転させるとき、指はここに触れています。

・フレームウェイト(おもり)
┗スピナーをスムーズに長く回転させるためのおもりです。中心から放射状にバランスよく、複数個付いています。


▼スピナーの種類
・トライアングル
┗もっとも一般的な形です。3つの羽根があり、全体的に三角形に似ていることから、トライアングルと呼ばれます。

・バイ・ウィング
┗羽根が2つのものです。一直線に、二つの羽根とおもりが付いています。

・エックス・ウィング(クワッド)
┗羽根が4つのものです。十文字の形をしています。

・ペンタゴン
┗羽根が5つのもの。五角形の形をしています。

・LED付き
┗おもりの部分にLEDライトが付いているものです。光ながら回ります。

・ホイール
┗円形のスピナー。羽根は無く、円盤のような形をしています。

・その他
他にも、歯車を組み合わせたもの、立方体で奥行きがあるもの、羽根がたくさんついたものなど、たくさんの種類があります。また、ホームセンターなどでベアリングとボルトなどのおもりを購入し、DIYで自作する方法もあります。



こんな金属ボディのスピナーも。
こんな金属ボディのスピナーも。


回る、回る。
回る、回る。


羽が二枚の、バイウィングタイプ。
羽が二枚の、バイウィングタイプ。


LEDで光るスピナー
LEDで光るスピナー


ボールベアリング
ボールベアリング


金属製で、細身のスピナー。
金属製で、細身のスピナー。


羽根が5つのペンタゴンタイプ。
羽根が5つのペンタゴンタイプ。


娘と自由研究、ハンドスピナーについて。
娘と自由研究、ハンドスピナーについて。



# by t0maki | 2017-08-20 13:47 | Comments(0)
c0060143_18414528.jpg

チェコを旅行した時に食べた料理、何を食べても美味しかった。本当に、全くハズレがない。量が多すぎて残したことはあったけど、不味くて食べれないとか、味がちょっと、ってのが全くなかった。ホント、不思議。

海外に行くと、大抵はご当地料理のひとつやふたつは「あ、これちょっと苦手かも」ってのがあったりするのが普通だけど、ホント、チェコだけは何でも美味しくいただいた。

c0060143_18414549.jpg

c0060143_18414695.jpg

c0060143_18414657.jpg

c0060143_18414771.jpg


食を大切にしてるのかなと思った。適当に作って出すとかではなく、きちんと手を抜かずに料理する。あとは、もしかしたら日本に馴染みのある調味料とか、食材とか、調理方法なのかもしれない。キノコとか、発酵食材とかも、日本人好きだし。

たまたま、僕の好みにあってただけなのかな。ちょっと思ったのは、毎回良さげなとこで食べてたから、例えばこれが場末の大衆食堂とかだと違ってくるのかもね。ハズレがなかったもんなー。ニジマス苦手って言ってた人もいたけど、僕はあれも美味しかったし。

まぁでもあれか、僕の舌は虫食も余裕で受け入れるから、大抵のものは美味しくいただけちゃう?

ダンプリングとか、ほろほろに身が崩れるポークリブとか、また食べたいなー。


# by t0maki | 2017-08-17 18:25 | Comments(0)

   
Back to Top