ブログトップ | ログイン
SuperSampler
c0060143_114037.jpg
 さて、SuperSamplerです。
 
 まず目を引くのが、正面に並んだ4つのプラスチックレンズ。つまり、四連写です。
 全体のデザインは、なんとなく海の中でも使えそうな雰囲気ですが、水に浸けたら一発で壊れます。巻き上げは、ヒモ?シャッターを切ると、ジーーーーというゼンマイのおもちゃみたいな音とともに、カツカツカツカツとシャッターの切れる音がします。
 LOMOのカメラだと言われてますが、ロシアのLOMOとは関係なく、ウィーンで開発された中国製です。
 そして名前はあくまでSuperSampler。決して、SuperとSamplerの間に半角スペースは入りません。
 
 どこをとっても、しびれます。まさに、トイカメラの鏡。
 
 のんびり街を散歩しながら、あらぬ方向にぶんぶんカメラを振り回しながらシャッターを切ると、意外といい写真が撮れる。そんなカメラです。

by t0maki | 2007-05-21 23:59 | アート>写真 | Comments(0)

<< 左右対称の美     蛾のように >>
Back to Top