ブログトップ | ログイン
たまには、昭和の蛇腹カメラで
c0060143_20591174.jpg
 普段、トイカメラばかりで写真を撮っていると、突然ごっついカメラで写真を撮りたくなる。僕にとって、この「ごっついカメラ」が、MAMIYA C330 Professionalです。
 なにがごっついって、そのガタイ。中判二眼レフカメラで、上から覗くので、被写体に向かって構えるというより、抱えるといった感じ。6×6センチのフイルムを入れ、右側面のハンドルをぐるぐるまわしてフィルムを巻く。蛇腹の本体をぐりぐり動かしてピントを合わし、シャッターを切ると「ぶぅわしゃっ」っという迫力のシャッター音が。全てがごっつい作りの割に、写真はものすごく繊細。ここら辺、「いかついプロレスラーの趣味が実は編み物だった」ことを知ったくらいのギャップがあってステキです。
 
 いかにも「昭和の無骨な写真機」という感じで、僕のお気に入りのカメラです。

by t0maki | 2007-05-11 21:00 | アート>写真 | Comments(0)

<< ここに、行ってきました     連写カルディア ビュ〜ン16 >>
Back to Top