ブログトップ | ログイン
ようやく、書店で買えました
ようやく、「マイクロ小説」のオンデマンド本を書店で購入。しっかし、あれだな。自分の本なのであまり悪口書きたくないけど、それにしてもこれはちょっと酷いな。
最初に受け取ったサンプル誌はそれでもそれなりにトリセツみたいな安っぽい外観ながらも、表紙はちょっと良い紙使ってたり、きちんと裁断されてたりもしてたけど、書店で購入した方は、ほんとにただプリントアウトしたのをホッチキスで留めただけ、みたいな。価格を一番安い315円に設定したのだけど、それでもちょっとこの体裁でこの値段は高いよなぁ……。
発売して最初の一ヶ月間、ずっとサービス提供元の不具合でファイルがダウンロードできてなかったことといい、なんだかちょっとがっかりです。
唯一の救いは、最終的に本を購入させていただいた渋谷のタワーレコードの店員さんがとても親切だったってこと、かな。

まぁ、なにはともあれ、自分の書いた文章が体裁はともかく一冊の本になり、こうして書店で買えるようになったってことは、喜ばしい事です。
次回はもっと良い本が出版できるように、頑張ろう。

by t0maki | 2007-02-24 23:59 | アート>もの書き | Comments(1)
Commented by noa at 2007-02-27 17:42 x
どんな形でも活字になってできあがったところに今回は意味ありって感じですかね?でも内容は読み返してみても秀逸でした☆
ダッキーシリーズも新作待ってマース♪

<< さらさらのさらとざらざらのさら     買えるはずが買えない? >>
Back to Top