ブログトップ | ログイン
幻の残業代
こないだ、いままで勤めた会社はどこも残業代がつかないとこばかりって書いたけど、ナント今回、給料明細に残業代らしきものが載っててビックリ。ところがさらに、金額をみてもっとビックリ。
3時間、2千円ちょっとってどういうこと?
時給、いくらなのよ?コレ。
今どき、高校生のバイトだって、もうちょっと時給もらってるでしょ?

先月、深夜残業を初めて事前に「申請」をしたんですよ。
仕事が深夜10時を過ぎる場合は、事前に申告するってのが社内規則にあるってのを知らずに今まで。どうりで、何度も深夜残業をしてるのに、残業代がついてないはずだ。

で、計算をしてみた。
深夜残業って、10時を過ぎたらもらえるんだけど、その前に終業時間から10時までも働いているわけだから、結局終電の時間まで、1日5時間の残業というわけ。で、先月申請したのは、2日分。つまり、合計10時間の残業。
ただし、残業を申請できるっていうのは、確実に明日は残業になるなって分かってる時で、そういう日って申請してないだけで前日も必ず終電まで残業してるんだよね。というわけで、前日分も合わせて、この深夜残業代の2千円っていうのは、合計20時間残業した結果だということになる、と。
あれ?時給100円?
ま、ホントは終電ではなくても、日常的に退社時間以降も働いてるから、それも入れると、さらに時給は減り……。

実は、前にも書いたけど、うちは裁量労働制なのでやっぱり残業代は出ないのです。で、この残業代っぽいものも、ただの深夜勤務手当。
つまり、普通の会社で、退社時間以降は残業となって、さらに10時以降は深夜手当がつくところを、うちは残業代は出ないけど、なぜか深夜手当だけは出るっていう。だから、こんなあり得ない金額になっているわけです。

だから、あらためてここで僕は、胸を張って言いたい。

「僕は今まで、残業代を出してくれる会社で働いたことはありません!」

以上です。

by t0maki | 2006-10-27 23:59 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 11月のカレンダー     耐水、耐衝撃のG-Shockケータイ >>
Back to Top