ブログトップ | ログイン
チェコの養命酒のような、BECHEROVKA を博物館で飲んできた
c0060143_00310764.jpg
こないだ、BECHEROVKA を飲んだ気がするんだが。これがチェコでつくられたドリンクだってのは、初めて知りました。

チェコ政府観光局さんのFAMツアー中、カルロヴィヴァリにあるBECHEROVKAの博物館に立ち寄りました。元工場の敷地に、博物館とショップが併設されています。ガイドツアーに参加すると最後に飲み比べの試飲が体験でき、気に入ったらそのままショップで購入できる仕組み。
c0060143_00311734.jpg
昔のボトルも展示

c0060143_00314461.jpg
ガイドツアー。

c0060143_00315897.jpg
現在の主な製品ラインナップ。

c0060143_00382163.jpg
樽が楕円形なのが特徴。転がして運べないよね?

c0060143_00390537.jpg
製法は、長い間一子相伝的に、2人しか知らなかったらしい。今は、そうでもない。

c0060143_00391754.jpg
3種類の試飲。本当はもうひとつあるみたいだけど、今回はこのラインナップ。

例えるなら、チェコ版の養命酒といったところ。確かに、ちょっとクスリみたいな味がする。最近ラインナップに追加されたレモンは、若者がターゲットとのこと。なんとも、不思議な飲み物です。


by t0maki | 2017-10-10 00:30 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)

<< MOSERのボヘミアンガラス工...     ミクロフで世界遺産をめぐる自転... >>
Back to Top