ブログトップ | ログイン
英語で折り紙・紙ヒコーキ
 結局、本焼き2回。Exaktaで写真も撮ったし、Halloween用の待画制作と、折り紙・紙ヒコーキも作った。
 それなりに、充実した週末だったと思う。ゆっくり休息も取れたし。
 
 古本屋で、英語と日本語両方の説明文が載っている折り紙の本を見つけたのです。で、家に帰ってからコピー用紙を正方形に切って、いくつか作ってみたってワケ。
 アメリカ留学中、高校の日本語クラスで、折り紙を教えたことがあるのですが、「山折り谷折りひっくり返して袋にして」と、意外と英語で説明するのが難しい。「Fold it like this...No, no...the other way. Yes! Excelent.」なんて感じ。できれば、留学中に持って行きたかった、この本。
 
 その後、久しぶりに紙ヒコーキを作って、部屋の中で飛ばして遊んでました。いい年して部屋をドタドタ走り回ってヒコーキ飛ばしてるダンナを見て、妊娠中の奥さんがどう思っていたかはあえて考えないことにして、イヤ結構楽しかったですよ。
 紙飛行機の作り方を初めて教わったのは、当時航空自衛隊に勤めていた叔父さんにでした。その後、中学の時に友達と紙ヒコーキ作りにはまり、休み時間ごとに教室で飛ばして遊んでた時期がありました。「フワッ」と浮いて「スゥー」と飛ぶ飛行機もキレイなのですが、僕らが目指していたのは教室の端から端まで一直線にまっすぐ飛ぶヒコーキ。同じ飛行機でも、翼の微妙な調節で左右にぶれたり、のけぞったりする。だから、休み時間ごとに飛び方が違ってたり、その試行錯誤が楽しいのです。
 
 そんなこんなの、昔の思い出にも触れられた、日曜アーティストの週末でした。

by t0maki | 2005-09-26 09:58 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< どうなってるの?ネットワーク     最近のブログ更新頻度 >>
Back to Top