ブログトップ | ログイン
チェコ料理、なぜこんなに美味い?
c0060143_18414528.jpg

チェコを旅行した時に食べた料理、何を食べても美味しかった。本当に、全くハズレがない。量が多すぎて残したことはあったけど、不味くて食べれないとか、味がちょっと、ってのが全くなかった。ホント、不思議。

海外に行くと、大抵はご当地料理のひとつやふたつは「あ、これちょっと苦手かも」ってのがあったりするのが普通だけど、ホント、チェコだけは何でも美味しくいただいた。

c0060143_18414549.jpg

c0060143_18414695.jpg

c0060143_18414657.jpg

c0060143_18414771.jpg


食を大切にしてるのかなと思った。適当に作って出すとかではなく、きちんと手を抜かずに料理する。あとは、もしかしたら日本に馴染みのある調味料とか、食材とか、調理方法なのかもしれない。キノコとか、発酵食材とかも、日本人好きだし。

たまたま、僕の好みにあってただけなのかな。ちょっと思ったのは、毎回良さげなとこで食べてたから、例えばこれが場末の大衆食堂とかだと違ってくるのかもね。ハズレがなかったもんなー。ニジマス苦手って言ってた人もいたけど、僕はあれも美味しかったし。

まぁでもあれか、僕の舌は虫食も余裕で受け入れるから、大抵のものは美味しくいただけちゃう?

ダンプリングとか、ほろほろに身が崩れるポークリブとか、また食べたいなー。


by t0maki | 2017-08-17 18:25 | Comments(0)

<< 夏休みの自由研究: ハンドスピ...     みんな夏のせい >>
Back to Top