ブログトップ | ログイン
コンビニに集荷を頼んだら、それが「ひでー」の
c0060143_00113928.jpg

サービスや対応が最悪でも、それはそれでネタになるからひどければひどいほど楽しくなる。「いやー、ひでーなぁ、これw」って。でも、自分が応援しているサービスがひどい状態だと、周りの人も「これ、ひでーじゃねぇか!」って怒り出したり、それで世間の評判が下がったりすると嫌だから、「あなたのとこ、ひでーですよ」と忠告してあげたりする。でもそれは、そのサービスを愛してるからこそですからね。

じゃ、その「ひでー」のひとつ。

こないだ、某ラッキーナンバーのコンビニに荷物を持ち込んで、宅急便の集荷をお願いしたんですよ。で、その時の送り状が普通のとちょっと形が違う、1枚4分割のステッカー状のものだったってのが、全てのトラブルの原因。

レジの若いバイトは、その送り状を見てまごついてて、すかさず先輩バイトが現れたけど「失礼ですが、うちで取り扱えるのはヤマトで……」「いや、これはヤマトですよ。ここに書いてありますよね」なんてやり取りがあって、先輩バイト君が「ちょっと確認してきます!」って荷物と共に姿を消す。

数分後、先輩バイト君が戻ってきて、すっきりした笑顔で送り状の4分の1部分を剥がして、「このマルのところにサインをお願いします」って言うんだよね。僕もなんか違和感があったけど「はい」って感じでサインして、その紙を受け取り、「じゃ、お願いします」とコンビニを後にしました。

その数日後、ヤマトの方から直接電話があり、僕の荷物がコンビニに放置されてたことを知りました。

「ですよねー」

なんか、おかしかったもん。バイト君(と先輩バイト君と、別室の誰か)の対応。

着払い伝票の受領印のところにサインして、でも荷物は預けたまま、集荷もされない状態でそのままそこに置いてあったらしい。しかも運の悪いことに、返却期限のあるモニター製品だったから、その知らない間の遅延がそっくりそのまま返却の遅延になってて、「遅くなってすみませんでした!」ってことに。

それにしても、そんな状態にも関わらずヤマトさんの対応は見事だったなぁ、と。

少なくとも3人のコンビニ店員/バイトくんがとちった集荷を、見事に救出してくれた。このまま永遠に届かなかったら、かなりやばいことになっていたよ。

というわけで、ますます僕は「クロネコアンバサダー」としていろいろ貢献したいなと思うわけでございます。コンビニの方もアンバサダーになってるから、そっちもまぁ頑張りますけどね。でも、宅急便の送り状については、きちんと教育してください。ひでーことになる前に



by t0maki | 2017-08-16 18:38 | アンバサダー | Comments(0)

<< モトクロスバイクとSUPと     上野の東京国立博物館でタイを満喫 >>
Back to Top