ブログトップ | ログイン
閲覧注意の超危険CM
c0060143_13534634.jpg

まったくもう、あんな危ないことよくCMで流すよね。だって、ハイタッチだよ!高速で自分の手と相手の手をぶつけ合う危険行為。本人たちが腕や肘を痛める危険性があるだけでなく、周りの人に手が当たったらどうするんだろうか。子供が真似したらどうするんだ。まったく。三ツ矢サイダーが、CMを取りやめたのも当然だよ。

っていうのは冗談として。

管楽器を吹いてる人に女の子二人がふざけて笑いながらぶつかったシーンが、実は楽器演奏経験者が見たら明らかに危険行為なんだって。僕は知りませんでしたが、まぁそうですよね。理解できます。

管楽器を演奏している人に体当たりしちゃいけないってことを今回学んだので、今後ストリートミュージシャンとかが道端で演奏してても、タックルとかはしないように気をつけます。タックルしたくなっても、我慢します。どうしてもタックルする必要があるときは、管楽器以外の楽器を演奏している人を狙うようにします。誰が良いですかね?マリンバピアノドラム系は、タックルする前に自分が楽器にぶつかって自滅しそうなのでやめときます。シンバルも、強烈な盾になりそうだし、なんなら両手の凶器で反撃されそうだし。基本的に、武器になりそうな楽器を持っている人には体当たりをしない方が良いよな。意外と指揮者も、あのタクトは凶器になりそうだし。

するとねらい目は、カスタネットやトライアングルとか?でも意外とあのカスタネットもパクパクする部分で挟まれたら痛そう。トライアングルも、三角形の部分で腕をねじり上げられて、棒で目を狙われたら恐ろしいよな。

とりあえず、楽器を演奏中の人にタックルするのはやめましょう。というか、良い大人はタックルしない。

ちなみに僕は、学生時代にストリートホッケーで前歯二本をキレイに折りました。子供が真似するといけないので、CMをつくるときは注意しましょう。






by t0maki | 2017-04-19 13:44 | ライフスタイル | Comments(0)

<< 堀部安嗣さんの展示を見て、建築...     「シンプルの正体 ディック・ブ... >>
Back to Top