ブログトップ | ログイン
「国立新美術館 開館10周年記念ウィーク」に展示されてたエマニュエル・ムホーさんの作品は見事でしたね
c0060143_20423916.jpg

2017年1月21日(土)に開館10周年を迎えた「国立新美術館 開館10周年記念ウィーク」の企画展を観に行ったんですけどね。なぜかオレ、「新国立美術館」って間違ってインスタに投稿してたみたいで恥ずかしい。新国立ではなく、国立新が正解、と。

で、エマニュエル・ムホーさんの「NACT Colors」っていうインスタレーション作品がまぁ綺麗でね。思わず写真を撮りまくってしまいましたよ。

The National Art Center, Tokyo.
The National Art Center, Tokyo.


写真映えしそうな展示。
写真映えしそうな展示。


#国立新美術館
#国立新美術館


国立新美術館、10周年。
国立新美術館、10周年。


撮影OKの展示。
撮影OKの展示。


この作品の中に、迷子がいるらしい。
この作品の中に、迷子がいるらしい。


風船の女の子、いた! スッゲー探したよ。
風船の女の子、いた! スッゲー探したよ。



美術館の展示スペースって、「ホワイトキューブ」って呼ばれたりするんだけど、それは無色で真っ白な壁面などの色から。そこに、色をテーマにしたグラデーションの見事な作品を展示することで、この国立新美術館の活動を表現している、と。そもそも、収蔵品をもたず、常設展が無いのが、この美術館の特徴ですからね。入れ物のハコとしての美術館。そこでは、作品が主役、と。

見事な展示でしたね。展示風景のタイムラプス動画も見たけど、これはタイヘンだ。そして、この作品の中に「迷子」がいるっていうので、懸命にさがしたら風船を持った女の子を見つけました。これは、探すの難しい。

展示を観てからだいぶ経っちゃいましたが、ブログ更新、と。



by t0maki | 2017-03-10 21:03 | アート | Comments(0)

<< 超小型USBが小型過ぎて、挿し...     「プラハ交響楽団 六重奏団公演... >>
Back to Top