ブログトップ | ログイン
BenQのカラーマネジメントディスプレイを使ってみたらデザイナー/フォトグラファーだった頃を思い出した
c0060143_17374967.jpg
チェコ旅行中にBenQ社製「カラーマネジメントディスプレイSW2700PT」が届いてたのですけど、これが製品モニターで12月20日返却期限だったのですね。もう、めっちゃ急いで開けて、とりあえず組み立てて、使ってみて、もうあっという間に返却。
で、記事を書こうとしてメールを見返したら、返却期限が来月中旬に伸びてる!!ぬぉぉー、すごいもったいないことをした。もっと使いたかったよー。

「BenQアンバサダー」として、モニターに参加しました。
c0060143_17374258.jpg
ゴリゴリのプロ仕様で良い感じのディスプレイです。写りこみを防止するためのひさしみたいなフードが付いててね。今まで自分が使ってるディスプレイが恥ずかしくなってしまうような、立派な感じ。

このモニターにフルスクリーンでPhotoshopを立ち上げてね、年賀状をつくりましたよ。なんかもう、ため息がでるくらい使いやすい。僕の肩書がまだデザイナーだったら、無理をしてでもこれを買おうとしただろうな。しっかりカラーマネージメントされているので、その色本来が持つ発色がディスプレイ上で再現されるのが特長。室内の明るさや色温度に応じてキャリブレーションをする場合は、専用のデバイスを別途購入するみたいですね。前回のイベントの際は、会場にキャリブレーターが置いてありました。

年賀状が完成した後、チェコで撮影した写真をどわーっと画面いっぱいにサムネイル表示させてね、少し写真の整理をしたり。パソコンで写真やデザインの作業をするのがすごく楽しくなりますね。
僕みたいな貧乏日曜アーティストには手の届かない製品だよなー、と思いつつ、Amazonで価格を見てみたんですね。そしたら、「あれ?頑張れば買えるかも」っていう金額でびっくり。


解像度が2560x1440(WQHD)ピクセルの27型サイズ。プロのカメラマンやフォトグラファー、デザイナーが使うカラーマネジメント液晶ディスプレイ。付属の「OSDコントローラー」で、AdobeRGB、sRGB、モノクロモードなど、色の設定を切り替えることができます。入力端子は、DVI-DL、DisplayPort1.2と、HDMI1.4です。ここらへんはまぁ、スペック情報なので参考まで。
c0060143_17374697.jpg
写真が好きでパソコンで画像編集をする人とか、あるいはデザインをする人などにおすすめ。
というわけで、お金を貯めて買おうかどうか検討中なのです。



by t0maki | 2016-12-20 17:44 | アンバサダー | Comments(0)

<< 「カラリオプリンター EP-1...     消臭剤とノイズキャンセリングヘ... >>
Back to Top