ブログトップ | ログイン
オープンレクチャー「3331が始動するまで」
c0060143_11064938.jpg
中村さんが3331の誕生秘話的なトークをするっていうので、話を聞いてきました。「文化は蓄積していくもの」っていう言葉がすごく腑に落ちる感じで、なるほどと思った。確かに、3331がそこに出来て、その場所で発生して、醸成されてるものってあるなと感じる。
例えば、ぼくは時々ここで不定期に開催される「かえっこ」っていうおもちゃを交換するイベントで、ワークショップを開かせてもらっているのですが、初開催から四年ほどが経ち、参加する子供達もだいぶ変わってきた気がする。特に、何度も参加していて、ボランティアスタッフとしてサポートしてくれる子供達なんかは、もう僕より仕切りが上手い。僕の方が教わってますよ。
一時期、3331のギャラリーショップにあるハコ貸しのスペースでしばらく作品を売ってたこともあって、毎日そこにはいないけど、定点観測ができるくらいには通いつめています。イベントにも参加したり。
以前と比べて、すごくオープンな場所になって、地元の人たちも入りやすくなったんじゃないかと思う。ここが起点となって、新しい文化が蓄積されていくのが感じられる。
といったところを中村さんにも質問したら、環境遺伝子としてのミームの話とか、いろいろ語っていただきました。作品の下地になる場をつくるってのは、面白いな、と思いました。仕組みに当てはめるための作品をつくるのではなく、その仕組みのとこからつくってしまえ、と。
アートって、イメージ的に上からカポって覆い被せるイメージなんですが、そこを文化にすることで内側から生まれて醸成されるようになる。そんな感じ。

▼3331 Arts Chiyoda
こちらへ


▼前回のとか知らなかったし、スクールがなんなのかも分からないまま参加したけど、中村さんの話は面白かった
前回のとか知らなかったし、スクールがなんなのかも分からないまま参加したけど、中村さんの話は面白かった


▼上野に銅像が立ってそうな貫禄漂う、中村さん
上野に銅像が立ってそうな貫禄漂う、中村さん


▼若い!
若い!


なにやら、ワークショップがあるらしいという話を聞いたので、飛び込むかどうか検討中。そもそも、応募面接の日に国内にいない時点でアウトだと思うけど、とりあえず。

面白いトークセミナーイベントでした。



by t0maki | 2016-11-23 11:04 | イベント・スポット | Comments(0)

<< 【AD】親子でフラフープ     Huawei社製「TalkBa... >>
Back to Top