ブログトップ | ログイン
4Kで蘇る名作『マイ・フェア・レディ』 #スカパー映画部
c0060143_22202529.jpg

昔の映画がみんなこんな風になれば良いのに。と、挿入歌の「Why can't a woman be more like me?」みたいに言ってみる。いや、ホントに。

「スカパー!映画部×ムービープラス 映画 『マイ・フェア・レディ[4Kデジタル・リマスター版]』4K特別試写会」に参加してきました。1964年のアメリカ映画だから、オードリー・ヘプバーンが35歳頃の作品ですね。映画の中ではオードリー演じるイライザが花売り娘から気品溢れる「レディ」に変貌する様が描かれてるけど、実際はオードリーが冒頭の花売りの喋りを演じてるんだと思うと頭ん中ごちゃごちゃするけど、「言葉」を学ぶ上でもすごく面白い作品だった。英語の教材にも良さそう。

いや、主題はそこじゃ無い。男女の差とか、階級の差とか、昔の映画にありがちな感じで描かれてるけど、やっぱり主題は男女の愛なわけで、途中とってつけたようなシーンやエピソードが挟まれてたりもするけど、やっぱり安心して見られる名作なわけです。
c0060143_22202623.jpg

今回の試写会は、「スカパー!映画部」の企画でご招待いただきました。地上波吹き替え版のテレビ初放送を記念してのイベント(で、合ってますよね?)です。試写会は字幕版で見ましたけど、今回テレビで放映される、メーテルの声でおなじみの池田昌子さんによる吹き替え版も気になります。昔は、この俳優さんの吹き替えは、この声優さん、ってある程度決まってたんですよね。オードリー・ヘプバーンは、池田さん、と。「フィックス声優」って呼ぶらしいですね。

ムービープラス(スカパー! CS240/プレミアムサービス632Ch)にて、この『マイ・フェア・レディ[4Kデジタル・リマスター版]』の吹き替え版が放送されます。過去に見たことある人も、まだ見てない人も、ぜひデジタル・リマスター版で蘇った名作『マイ・フェア・レディ』を堪能してください。放送時間は、9月10日(土)20:55~など、詳しくは公式サイトにて。

吹替60周年記念!5ヶ月連続企画│映画専門チャンネル「ムービープラス」

by t0maki | 2016-08-26 22:16 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

<< 雨の盆踊り     なんの意図も無い写真は撮れるのか? >>
Back to Top