ブログトップ | ログイン
アートのマーケットが見えてくる『シリアルキラー展』
c0060143_13340370.jpg

銀座のヴァニラ画廊で開催中の『シリアルキラー展』に行ってきた。作品がどうこうというよりも、こういうマーケットがあって、コレクターが存在するんだなー、ってのが発見。こうなるともう、ビジネスだよね。

絵自体は、言っちゃ悪いけど普通のが多かったし、「オレは殺人者なんだぜ」っていう自己主張は正直ウザい。それよりも、手紙の字体や内容とか、その脇のラクガキにドキっとすることがあった。
「(収監中の刑務所)でテレビが欲しいんだ。だから次の作品は40ドルで買ってくれないか」とか、「カードありがとう。どんな顔をしてんの?写真を送ってよ」とか。殺人を犯した死刑囚が、刑務所の中から作品や手紙を通して外の世界と繋がろうとしてる。それが、なんとなくゾワッとする。
中でも、ユナボマーのテッド・カジンスキーの自筆の手紙は字体も読みやすく理路整然としてて、「読みたい本があるので送ってくれ」って送り方の指示も書かれててすごく分かりやすい内容なんだけど、それが逆に一番怖かった。

「もう出版してない本だけど、見つかるなら英語でもドイツ語でもどちらでも良いよ」って言ってて、そういえばこの人は飛び級でハーバード大だったな、と。森に住んで爆弾送りつけてた変人だけど、昔は頭が良かった。

その本ってのが、 Norbert Eliasっていうドイツの社会学者が書いた『The Civilizing Process』っていう文明の成り立ちとかについて書かれた本なんだけど、この書籍名とユナボマーの名前をセットでGoogle検索すると、彼の書いた文章が出てくるので、興味がある人は辿ってみてください。PDFダウンロードしてみたけど、読んでない。
あと、この『The Civilizing Process』って本も、普通にAmazonで買えるね。

こじんまりした会場での展示なんだけど、開場して1時間くらいで観客が50人くらいに一気に増えて、ゆっくり落ち着いて見られる状態ではなくなったのと、見るものもなくなったので帰ってきました。

作品展は、7月10日まで。
会場内は撮影禁止。

c0060143_13340416.jpg

c0060143_13340450.jpg


『シリアルキラー展』
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2016/20160609ab.html
場所:ヴァニラ画廊
日程:2016年6月9日(火)~7月10日(日)
電話番号:03-5568-1233
営業時間:月~土12:00-19:00 日12:00-17:00(会期中無休/入場は閉館の30分前まで)
入場料:1,900円
住所:東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F 展示室AB(展覧会特別パンフレット付)
WEBサイト:http://www.vanilla-gallery.com/

by t0maki | 2016-06-25 13:33 | アート | Comments(0)

<< 「むじなや」と「立呑みなぎ」の...     今回の「神保町おとな中学校」は... >>
Back to Top