ブログトップ | ログイン
「green cinema Harajuku」で映画な夜
c0060143_23201708.jpg

「green cinema Harajuku@グリーンズオフィス」に参加して、1000円で映画を二本見てきた。やっぱり、ユナイテッドピープル配給の映画は面白い。市民映画会、僕もやりたいな。
c0060143_23201738.jpg

今回見たのは、『ハーフ』というそのままタイトルズバリ、日本にいる、もしくは日本を訪れたハーフの人々をフィーチャーしたドキュメンタリー。自分のルーツについて考えさせられました。文化、言葉、あるいは食など。自分を形成しているものはいったいなんなのか。

もう一本は、戦争花嫁がテーマの『七転び八起き』。戦後、アメリカに嫁いでいった日本人妻たち。こちらも二世代インタビューの面白い内容。アメリカの文化に溶け込み、英語を流暢にしゃべるけど、日本食を食べていたりなど、Food is different storyって言ってたシーンが面白かった。そして、共通して言えるのが、その娘さんたちがすごく立派に育ってるのね。これがすげーと思った。いわゆる、アメリカで「ハーフ」の存在なわけだけど、フリーライターや、ワシントンポストのエディターとか、フォトグラファー兼教育者(だったかな?)とか、みんなすごい。

映画のあと、参加者同士で映画について話すのも面白かったですよ。

次回は、8月にあるそうです。


「green cinema Harajuku@グリーンズオフィス」
日時: 2016年6月8日(水) 19:30~22:00
内容:
・映画『ハーフ』(87分)の上映
・映画『七転び八起き - アメリカへ渡った戦争花嫁物語』(26分)の上映
・参加者によるシネマダイアローグ

by t0maki | 2016-06-08 23:20 | イベント・スポット | Comments(0)

<< カスタマイズで理想のジェットス...     おしぼりのストーリー >>
Back to Top