ブログトップ | ログイン
スーパーマーズを50倍の望遠鏡で見たら50倍の迫力
c0060143_21500634.jpg

六本木森タワービルの屋上スカイデッキで、「スーパーマーズ観察会」に参加してきました。火星が2年2ヶ月ぶりに大接近する日らしいですよ。

雲が多いので今日はムリかなー、と思ったら雲の隙間から奇跡的に見れました。
50倍の望遠鏡で見た火星は、きっちり50倍の迫力でした。まぁでも、並びましたけどね。最初並んだらなぜか木星の列で、もう一回並び直してようやく火星が見られました。雲待ちは、タイヘンですね。見る側も、運営側も。

c0060143_21500637.jpg

c0060143_21500696.jpg

c0060143_21500623.jpg

延々並んで、「あと3人!」のとこで火星が雲に隠れてしまって、運営スタッフさんと「見えますかねー」「見えませんねー」とヤキモキ。そしたら、雲の切れ間に奇跡的に見えて「今だ!みんな見て!!!」の盛り上がり。僕の番になって、望遠鏡覗いて「うぉーー見えたーーー!次の方どーぞーーー!」みたいな感じで、一瞬だけ見たその光景を瞼に焼き付けました。

ちなみに、「スーパーマーズ」っていうのは天文学では使われていない、メデイア向けの造語らしいですね。まぁでもなんか、すごそうなのは伝わってきます。

じゃ、今度はまた2年2ヶ月後に。



by t0maki | 2016-05-31 21:35 | Comments(0)

<< 森美術館の年パスがなぜが2枚に...     食えるとき、食えないとき >>
Back to Top