ブログトップ | ログイン
「BatchGEO」を使って、ぐるっとパスで行ける施設のまとめ地図をサクッとつくった
c0060143_12153712.jpg

先日、「メトロ&ぐるっとパス」を使って2,700円だけを使って1日にどれくらいの美術館・博物館をまわれるかってのをチャレンジしてみました。

その事前準備として、入場券のみで入れる施設のリストをExcelでつくって、BatchGEOっていう地図生成のサービスに表データを読み込ませ、一気に地図をつくったんですよ。

View 美術館・博物館 in a full screen map



Googleマップ上に表示されているマーカーが、ぐるっとパスで入れる施設。
今回は、割引券のみの施設は対象外にしてあります。

効率よい回り方を検討するときに、この地図がとても役立ちました。

つくり方はカンタン。エクセルで各地点の住所一覧をつくって、BatchGEOのページで表データをコピペするだけ。

これは、かなり便利。

自分用にちゃちゃっとつくったので、間違ってるところもあるかもしれない。
あと、常設展や企画展は、タイミングによっては入れ替え中で休館中だったりもするので、訪れる際は各公式ホームページ等で確認してください。地図内のマーカーに、リンクも入れてあります。


あとはまぁ、この地図のもとになった表データは、Googleスプレッドシートでつくったので、出先からでもスマホで確認できたので重宝しました。旅程を組んで、当日はそのデータを見ながら移動したのですが、実はその通りに行ったのではなく、途中ところどころ即興で変えたりもしつつってのが分かると思います。

そのスプレッドシートは、こちら

地図もデータも、正確性の保証はしませんので、もし使う場合は自己責任で。

こういう企画って、実行するのも楽しいけど、実は考えて計画している時も楽しかったりします。
いろんなツールを使って、「どうやっていこうかなー」って検討するはワクワクする。そして、当日はそのプランを参考にしつつ、適宜臨機応変に旅程を調整。都内にたくさんある施設をある程度まとめておいたから、急な調整も問題なく、めいっぱい楽しむことができました。

by t0maki | 2016-05-23 08:23 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)

<< 「写ルンです」30周年アニバー...     東急吉祥寺店で工作ワークショッ... >>
Back to Top