ブログトップ | ログイン
企業イベントや製品レビューは楽しいよ。だからブロガーになろう!
c0060143_02155036.jpg

会場に着くと、やっぱり顔なじみのブロガーさんが結構いる。

あの人の製品レビューは視点が面白いので、読んでるとつい商品を買ってしまいそうになる。あの人は料理写真がものすごく上手で、深夜に読むと危険。女子力バリバリのあの人は、普段どんな生活をしてるんだろう。そういえば、あの人は以前何度もお目にかかったことがあるけど、あれ?なんのイベントだっけ?

知り合いのブロガーさんやスタッフさんと「あの記事読みましたよ」とか「こないだのイベントはどうでした?」なんて会話をしながら、会場の写真をとったり、資料を眺めたりしながら、イベントが始まるのを待つ。

ブログを書いているおかげで、これまでにいろんな企業が主催する製品発表会やプロモーションイベントや展示会などに参加してきました。行くとだいたい顔なじみのブロガーさんがいて、顔を知らなくても話をしてみたら「あ、あのブログの方でしたか」なんてことも。

こういうイベントの面白いところは、発売したばかりの製品について開発者さんから直接話が聞けたり、タッチ・アンド・トライって言って製品に実際に触れて試すことができたり、あるいはイベント後にモニターレビュー用としてその製品を使わせていただいたり、単に「記事を書く」だけでなく、いろんな体験ができたり、そこからまた別のイベントだったり企画だったりにつながっていくこと。

今日は、そんなブロガーイベントの種類とか、企業とブロガーをマッチングしてくれるサービスなどをご紹介します。

これを読めば、あなたも企業主催の製品イベントに参加できるかも。ってことで。


■まずはちょこっと自己紹介
ブログ書くのが好きです。まぁ、ブログ以外にもなんでも書きますけど、特にブログは書いてて楽しい。暇を見つけては隙間時間にスマホでブログを書いてて、特に先月は「毎日ブログを更新しよう!」って企画に参加してたので1ヶ月で計120本書きました。

僕が今のように本格的にブログを書くようになったきっかけは、富士通製の携帯電話をブログレビューする「ケータイ会議」に参加したことから。その後コカ・コーラ社やエプソン、ホンダ、ヤマハ発動機、日清、マクドナルド、ANA、LG、パナソニック、ソニーエリクソン、三菱電機、ファーウェイ、アイロボット、Buffalo、PFU、キヤノン、ペンタックス、サムソン、ダイソン、NTTドコモ、ケロッグ、KFC、Dole、ヤマト運輸(順不同)などなど、いろんな企業イベントに参加してひたすらブログを書いております。

一口に企業イベントと言ってもいろんな種類があり、それぞれ特性が違うのでそこんとこを紹介。


■新製品発表会
いわゆる、ブロガーイベントで多いのがことパターン。新しく製品が発売されたり、リニューアルやバージョンアップした際に、製品説明やデモ、タッチ・アンド・トライなどがあります。そこで得た製品知識をもとに、ブログ記事を書きます。イベントによっては、そのまま製品を一定期間貸していただいたり、あるいは提供いただいて、実際に使ってみた感じをモニターレビューとして書くことも。いずれの場合も、メーカー企業の担当者さんから製品についての魅力や開発の苦労などを直接聞くことができるのが魅力。
メディアの記者を招いたプレス発表会と合同でやる場合もありますが、ブロガーはメディアと消費者の中間的な存在なので、イベント自体はプレスとは分けて行うことが多いです。製品発表に合わせて、午前中にプレス向けの発表会、午後にブロガーイベントなんてパターンも結構ありますよ。


■PRプロモーションイベント
新製品発表会とは別に、既に販売している製品やブランド認知度向上のために行う、PR的なプロモーションイベントがあります。合同展示会にその企業が参加したりなど。この場合は、一般向けのイベントに「プレス・ブロガー」として参加し、主催者によるガイドツアーや質疑応答などを行います。あるいは、招待券だけ送られてきて「自由に書いてね」っていう場合も。


■アンバサダー(ファン)イベント
最近増えてきたのが、このパターン。単発のイベントだと、一回参加して記事を書いて終わってしまいますが、「ファンイベント」にブロガーを取り込むと、継続的な関係性が生まれ、イベント後も繋がりが続きます。僕が好きなのはこのパターン。まずはファン(アンバサダー)として登録し、定期的にメルマガを受け取ったり、イベントに参加したり、あるいは製品のサンプリングを受け取るなどして、継続的に記事を書いていきます。タレントが就任するアンバサダーと異なり、この施策は特に金銭的な報酬はありませんが、企業担当者さんとの繋がりができたり、他のアンバサダーブロガーさんとの横の繋がりができたりなど。

■ブロガー(プレス)ツアー
たまにあるのが、現地にたどり着くまでまるっと全て「プレスツアー」として移動も込みで参加できるイベント。都内から出発するものもありつつ、現地の最寄駅集合なんてのも。ウイスキーの蒸留所見学とか、美術館ツアー、湖でマリンアクティビティ体験とかもありました。あとは、ちょっと意味合いが違いますけどアンバサダーとしてカナダにオーロラを見に行ったことも。


■製品モニター
イベント後に製品をモニターとして使わせてもらえる企画など。そのまま製品をもらえることもあるし、要返却の場合も。とりあえず、実際に製品をじっくりと使ってみて、その感想をブログに書くわけです。未発売のカメラとか借りれると、ものすごいテンションあがる。モニターで気に入って、実際に発売後に自腹で購入することもあります。やっぱり、実際に使ってみて記事を書くのが製品レビューとしては一番良いです。そして、もらえる場合はホントもうどう使っても良いのでレビューのし甲斐があります。

あとは、イベント抜きで単純に製品レビューのみを依頼されることがあります。まず、「レビューしませんか?」っていう依頼が来て、「あ、これ面白そう」っていう商品があったら「ぜひ!お願いします」って返事をすると、実際に商品が送られてくるので使ってみて記事を書く、と。なぜか最近、中国のメーカーさんからコンタクトが来ることが多くて、今数えてみたら今年に入ってから30製品くらいレビューを書いてるみたい。そういう記事を書くときは、きちんと「メーカーさんから製品をご提供いただいてます」って記載してます。

書くことが好きなので、基本的にレビューできそうなものだったらなんでも使ってみて記事を書かせていただきます。
製品レビューとか、イベントとか、直接依頼が来たり、友人経由で声をかけてもらうことも多いのですが、そういう案件をつないでくれる代理店さんみたいな存在がいくつかあって、そういうところに登録しておくと、イベントやモニターなんかに参加できる機会が増えますよ。
僕も登録しているサービスをいくつかご紹介。


■reviews(レビューズ)
アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)社による、クライアントとレビュアーをマッチングするサービス。AMNさんには、以前からかなりお世話になってて、「AMNパートナーブロガー」とか、「レビューズ公認ブロガー」とかやらせていただいてます。社員さんもブログ書いてる人がいて、みんなすごいっす。勉強会とか、いつも参加させてもらってます。

reviews(レビューズ) | 「レビューを頼みたい!」「書きたい!」をマッチングするサービス
https://re-views.jp/


■レビューブログ
前項とコンセプトも名前も似てるんだけど、こちらは案件も少なめで、報酬をもらってただ記事を書くっていう感じの関係性。たまに気が向いた時に案件に応募して、そこそこ報酬ポイントがたまったらAmazonギフト券に交換する感じ。

レビューブログ
http://reviblo.com/


■BLOGTIMES
こちらも、企業とブロガーのマッチングサイト。製品をいただいてレビューするタイプのものと、あとは記事掲載料がいただける「プレミアム版」というのがあります。イベントに参加して、記事を書いて、自分のブログにアップすると掲載料がもらえる案件。今サイトを見てみたら、ショーンKさんがモデレータのイベントに参加したのは、ここ経由だったんだな。

BLOGTIMES|ブロガーリレーションサービス
https://blogtimes.jp/


■ブログスカウト
こちらのサービスもそんなにアクティブに参加しているわけでは無いですが、たまに案件に応募して、当選すると、イベントに参加して記事を書いたりなど。よく、日光江戸村の派遣レポーターみたいな案件をやらせていただいて、一回行くたびに結構いくつも記事書きます。江戸村、楽しいですよ。

ブログスカウト
http://blogscout.jp/


とりあえず、そんなとこですかね。登録だけしてるサービスはもっといくつもあるんですけど、案件にあまり興味がなかったり、あってもご縁が無かったり。「Amebaみんなの編集局」っていうサイバーエージェントのキュレーションサービスにも登録してて、今サイトを見つけたので久しぶりに記事を書いてアップしてみました。あとは、前述のAMNさんと電通さんが共同でサービス提供している「インフルエンサーワイヤー(iWire)」っていうニューズレターは配信が来るたびいつも記事を書いてます。深掘りしだすと、結構見つかりますね。まだまだありそうだけどとりあえずこの辺で。

というわけで、ぜひ企業イベントや製品レビューなどに参加して、ブログ書いてみてください。
楽しいですよ。

by t0maki | 2016-05-13 23:05 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< Web & デジタルマーケティ...     『都市想像会議』で図書館の未来... >>
Back to Top