ブログトップ | ログイン
面白そうなとこにいつでも飛び込める準備をしておこう
c0060143_18441074.jpg

人生は一度きりなワケですよ。だとしたら、いろいろ面白そうなところに飛び込んで行きたい。そして、この世の中は面白そうなことがたくさん溢れてる。どこに飛び込んで行くかは、自分次第なわけで。

例えば、僕が今ここでこんな文章を書いているのも、もとはと言えば何気なく参加した富士通製携帯電話をレビューする「ケータイ会議」に飛び込んでみたのがきっかけ。ブロガーさん10名くらいがケータイやスマホの製品レビューを書くという企画なのですが、ただ書くだけではなくリアルな「会議」もありつつ、実際に富士通の開発者さんたちから直接意見交換ができたり、ブロガーさん同士の交流もあったりして、それがものすごく楽しかった。なので僕も本格的に「ブロガーになりたい!」と思ったのでした。

そして、そっからブログを書き続けていたおかげで、カナダ観光局の「オーロラ王国ブロガー観光大使」に選んでいただき、オーロラを見に行くことができました。カナダにある、ユーコン準州のホワイトホースという極北の街で、まつ毛も凍るようなマイナス30度の雪原の中、見上げたオーロラは一生ものの体験。ブログ書いてて良かったなー、と思いました。

また、アクエリアスのランニングイベントに参加したのがきっかけで、少しずつ走るようになり、毎年5km、10km、20kmと走る距離を伸ばしつつマラソン大会に出場しました。今年は思いつきの企画で、ひとり50kmマラソンに挑戦。その他、ここ二年ほどマスターズ陸上に出場し、400mで二年連続銅メダルを獲得。

他にも、アルクさんの「TOEICチャレンジ」という企画で3か月間英語学習のトレーニングを受け、生まれて初めてのTOEIC受験で965点をとったこと。知り合いのフットサル練習会に参加してたら、巨大なビーチボールみたいな球体を装着して「バブルサッカー」をやったこと。ヤマハ発動機さんのイベントでウェイクボードや水上バイクにチャレンジしたら殊の外楽しくて、ついつい船舶免許を取得し、その勢いで先週もレンタルボートで都内の川や東京湾をクルージングしたりなど。何かひとつのことに飛び込んでみると、そこから派生していろんなことが繋がっていって、連鎖反応のように次々と面白いことが巻き起こったりするわけです。

「チャンスは雲のようにやってくる」って、僕の中学校の先生が行ってました。
その時の僕は、「雲を掴むなんて、ムリじゃん」と思ってましたが、一歩一歩高みを目指して登りつづけていると、いつの間にか自分が雲に包まれているのを感じることができます。要は、チャンスが来た時に、自分がそれを掴む準備ができているかということ。見上げればそこにチャンスが巡ってきているのに、手が届かないというのは寂しすぎます。

巡ってきたチャンスを確実につかむために、日々の鍛練が必要だと思います。例えば、こんなこと。

■まずはとにかく健康で体力があること
何をするにしても、健康であることは大事だなぁ、と。何か新しいことにチャレンジするとき、どこかに飛び込んで行く時、やっぱり必要なのは健康と体力。普段から規則正しい生活で健康であることを目指しましょう。体力をつけるために、適度な運動習慣を身に付けることも重要。

■好奇心を持ち、アンテナを伸ばす
いろいろなものに興味を抱き、面白そうなものを見つけるために常にアンテナを広げておいて、そこに届いたものをキャッチするということ。今は、インターネットやSNSが発達しているので、そういう情報へのアクセスは比較的容易になりました。「自分の好きな領域」を明確にしておいて、それに合った情報を日ごろから収集する習慣をつけておくと、時々「ウワ、なにこれ面白い!」っていうものに出会ったりします。あとは、そこに飛び込んで行くだけ。

■語学力で世界をフィールドに
学生の頃に英語を身に付けておいてよかったなぁ、としみじみ思います。僕は20歳まで海外旅行にさえ行ったことがなかったのですが、突然留学を決意してアメリカ行きの飛行機に乗ったのが僕にとって初めての海外。ネバダ州の大学でアートを専攻しました。英語が分かるようにしておけば海外で会話に困らないのと、海外から来日した外国人の方とも直接コミュニケーションが取れるようになるので、いろんな繋がりができます。語学をしっかり学んでおくと、自分の世界が広がります。

■クリエイティブ性、創造する力
クリエイティブ性が発揮されるのは、アートやものづくりの世界だけでは無いです。感覚をオープンにしておくということ。五感からの情報を取り込み、それを自分なりに昇華し、アウトプットするということ。この連続によって、創造性を養い、自分の周りの世界を的確に理解し、目標に向かってスムーズに進行できるようになります。感じる力、考える力、それと形にする力が合わさった時、真の創造性が発揮されます。クリエイティブ性を磨きましょう。

■「言い訳をしない」ということを心がける
最後のこれは、「鍛練」というよりは「心構え」なのですが、何かを成し遂げようとする時に「言い訳をしない」というのはすごく大事。ついついしてしまうんですよね、言い訳を。「疲れてるから今日は良いや」とか、「雨降ってるからやめとこう」とか、「時間がない」とか「お金がない」とか、なにかしら言い訳を見つけて、やることを諦めてしまう。もったいないです。「言い訳をしない」を呪文のように呟きながら、やれることを今やる。すると、ちょっとずつ夢に近づいていきますよ。


「夢」は、頭の中で思い描いているだけではただの「妄想」と同じ。夢に向かって進まなければ。そして、夢の実現は意外な形でやってくることが多いので、とにかくとりあえず「これだ!」と思ったものには飛び込んでみると良い。巡り巡って、いつの間にか夢が実現していることってよくあります。それは、山をひたすら登っていたら、いつの間にか雲に包まれていた、というような感覚です。

とにかくとりあえず、面白そうなところに飛び込んで行くこと。そのために、日々の鍛錬を重ねてく。すると、なかなかスリリングで楽しい人生を送ることができますよ。

by t0maki | 2016-05-10 18:32 | Comments(0)

<< 『習得への情熱(The Ar...     ブラーバ(Braava)のモニ... >>
Back to Top