ブログトップ | ログイン
世の中が変革していく中、図書館も変わらなきゃ
c0060143_16552697.jpg

公立図書館施設内に初出店 ドトールコーヒーショップ千葉市中央図書館・生涯学習センター店がオープン!』っていうプレスリリースを読んで、そういえば本屋とコーヒーショップのコラボは結構たくさんあるけど、図書館とコーヒーショップで意外な組み合わせだよなー、と思った。

図書館って、なんとなくこう、真面目な感じで、ちょっと騒ごうものならみんなが「シーーーー」って静かにしなければいけないし、いささか窮屈で堅苦しい場所ではありますよね。僕は本が好きなので、必然的に図書館も好きで、小さい時から移動図書館も含めてよく本を借りて読んでました。本屋の匂いとか、雰囲気に落ち着くタイプ。図書館は好きで、よく活用してます。図書館で開催されるイベントにも参加することもありますし、つい数日前も予約した本を受け取りに図書館を訪れました。

ただ、近年は電子書籍の台頭とか、そもそも情報のソースが書籍からインターネットにシフトするにしたがって、図書館の存在も以前と比べたら薄れてきていることも確か。だとしたら、図書館自体も時代に合わせて変革しなければならない。ただ蔵書がたくさんあるだけではダメなのですよ。

図書館内にカフェをつくれば良いとは言いませんが、もっと開かれた場所になるべきかとは思います。本を読みにくる人を待っているだけではなく、図書館としての存在価値をもっと広く、オープンな知の創造というところまで持っていければ。

先日、東京 お台場にある「船の科学館」で絵本の読み聞かせイベントをたまたま見たのですが、ただ絵本を読むだけでなく、読んでいる間の演出であったり、絵本と関連した博物館収蔵品の展示など、すごく内容が濃くて面白い内容でした。しかも、その会場の設営や展示品の陳列も含め、その場で学芸員さんやボランティアのかたが手際よくどんどん設営していく。すげーな、と思いました。

図書館も、大きなカテゴリーで言えば、美術館や博物館と同じ「ミュージアム」という分類です。読み聞かせイベントはどこの図書館でもやっていますが、だいたいが本を読んで終わり。そうではなく、きちんと本の世界から広がりをもたせ、知識に繋げていく試みは非常に大事です。予算がないとか、人手が足りないというのは言い訳にすぎない。ミュージアム同士のネットワークをうまく活用すれば、他の博物館の収蔵品を借りてくることができる。人手が足りなければ、ボランティアを募集すれば良い。ちょっとした心のこもったてづくりの工夫だけでも、イベントがぐんと魅力的になるし、そこからなにかにつながっていく。

できることはいろいろあるし、そういうのにどんどんチャレンジしていかないと。
図書館が好きだから、応援しています。


http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000008784.html

by t0maki | 2016-04-27 18:30 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 30日間東北でおいしいものを食...     上野ぶらり >>
Back to Top