ブログトップ | ログイン
ただ苦いだけのコーヒーじゃない『I Love You So Coffee』
c0060143_10151105.jpg

コーヒー豆を買いました。そして、コーヒーグラインダーを買いました。
なので、買ったコーヒー豆と、買ったコーヒーグラインダーのことについて書きます。

コーヒー豆は、ケニア原産の「Kick-ass Kenya」っていう、小島賢治っていうその業界ではすごいトップロースターの方がローストしたらしいっていう豆。で、パッケージデザインはTomatoのSimon Taylor(サイモン・テイラー)さんが手がけてて、先日の「Tomato」結成25周年記念のイベント『THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”』の会場で購入したんですよ。あ、商品名は『I Love You So Coffee』です。このコーヒーを当日販売したのが、Trey Shores(トレイ・ショアーズ)さんで、あのスペシャリティコーヒーの父として有名なGeorge Howell(ジョージ・ハウエル)のもとで働いていた経験をお持ちの方。なんか、いろんな名称や登場人物が出てきて、わけわからなくなってきましたが、コーヒーはおいしいです。苦いだけじゃないっていう、きちんと香りと風味を味わうことができる、贅沢で奥深いコーヒー。

▼I Love You So コーヒー。
I Love You So コーヒー。 こないだ、Tomatoのイベント会場で買いました。


▼コーヒー豆。良い香り。
コーヒー豆。良い香り。



こんな素晴らしいコーヒーを挽くのだから、コーヒーグラインダーもこだわらなきゃね。
これは、えーと。Amazonで見て安くて見た目も良さそげなので買いました。そんだけ。

▼コーヒーグラインダー、買いました。
コーヒーグラインダー、買いました。


▼バラすと、こんな感じ。
バラすと、こんな感じ。


▼挽く部分は、セラミクス製。
挽く部分は、セラミクス製。


▼ひきたて
ひきたて


▼注いで
注いで


▼うまいで
うまいで





by t0maki | 2016-04-28 22:22 | ライフスタイル>フード・酒 | Comments(0)

<< 立ち上げっぱなしはダメ。その先が大事     パナソニック製のICレコーダー... >>
Back to Top