ブログトップ | ログイン
ミュージアム愛について語ろうか
c0060143_21090582.jpg

ミュージアムが好きだ!海辺で叫んでも良い。そのくらい好きだ。
博物館、美術館だけじゃなく、図書館や動物園、水族館もみんなまとめて「ミュージアム」が好きなのです。

インターネットがまだこんなに普及してなかった頃、人々がまだ気軽に海外へ行けなかった頃、本が高価でなかなか手に入らなかった頃、外国の動物や生き物が珍しかった頃、ミュージアムは娯楽施設であり、学びや研究の場でもあり、人間の「知」を象徴する場所だった。今でももちろんそうだけれど、ミュージアムそのものにはなんとなくノスタルジックなイメージも付いてきている。人類の知性が蓄積する場所が、ほんの少し電脳側に移動してきているため。

ミュージアム足を踏み入れると、本当にわくわくする。
知らないものがどんどん目の前に現れて、それぞれについて学び、いろんな知識を蓄えていくと、今まで生活している中でそれまで見えなかったものが見えるようになってくる。知識の源泉。

大学でね、卒業間際に「Museology」のクラスを取ったことがあるんですよ。文字通り、「博物館学」。
当時はネバダ州のリノっていうところに住んでいて、そこの大学に通ってたんだけど、この博物館学クラスのフィールドトリップで車で4時間の距離にあるサンフランシスコの博物館や美術館を巡ったのが楽しくてね。学芸員の人しか入れないような博物館や美術館の裏側に潜入して、芸術作品や標本の保存や復元の現場を見学したり。

大学4年でインターンをしたときも、歴史博物館で仕事をしました。古い写真を整理して、分類・記録をする仕事。一般の人が目にする博物館って、実はほんの一部なんですよ。展示物を収集・保管したり、研究したり、博物館にはいろんな学術的な役割があるわけです。

博物館で働きたいなと思ったことはあります。むしろ、自分だけの博物館をつくってみたい。展示するだけじゃなく、いろいろ触れてもらって、学べる場所。自分自身も、ひたすら研究に没頭したり。そういうの良いよね。

というわけで、ミュージアムが好きです。

by t0maki | 2016-04-05 05:10 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 初代南極観測船「宗谷」の来歴が...     趣味の話 >>
Back to Top