ブログトップ | ログイン
六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声
c0060143_13415949.jpg

森美術館の『六本木クロッシング2016展』、既に何度か行ってるんだけど、まだ記事をアップしてなかった気がする。いろんなアーティストさんが参加していて、見ごたえがある作品展ですよ。
片山真理さんの作品をここで見た後、3331のイベントで個展を見て、さらにご本人にお会いしました。
あと、あの展覧会オープン直後に(というかオープン時既に)不調だった巨大なベルトコンベア風学期作品、あのあとちゃんと動くようになったんだろうか?また今度行って、確かめてみよう。

▼ボタン
ボタン


▼投げ入れる。特に御利益はない。
投げ入れる。特に御利益はない。


▼ボタンは持ち込むこともできるが、持って帰ることはできない。
ボタンは持ち込むこともできるが、持って帰ることはできない。


▼でもあまりにも不具合だらけであちこちで止まるので、美術館スタッフがひっきりなしに調整してた。
でもあまりにも不具合だらけであちこちで止まるので、美術館スタッフがひっきりなしに調整してた。


▼そして、昨日はとうとう「調整中」、と。会期始まってまだ一週間も経ってないのに。勿体なさすぎる。
そして、昨日はとうとう「調整中」、と。会期始まってまだ一週間も経ってないのに。勿体なさすぎる。


▼ここの展示は好き。部屋全体が、ひとつの作品になってる。
ここの展示は好き。部屋全体が、ひとつの作品になってる。


▼肖像写真が迫力ある。沖縄の人々。
肖像写真が迫力ある。沖縄の人々。


▼瞳に写る、写真家。
瞳に写る、写真家。


▼『From A』のA。
『From A』のA。


▼スーパーリアリズム的な絵画作品。
スーパーリアリズム的な絵画作品。


▼実在する同性カップルと、そこから推測される子供の顔。
実在する同性カップルと、そこから推測される子供の顔。


▼CG合成で作ったビジュアル作品ですが、きちんとリサーチして研究もしているので、背景やストーリーがちゃんとしている。この作品、どこかで見たな。新美術館だったかな?
CG合成で作ったビジュアル作品ですが、きちんとリサーチして研究もしているので、背景やストーリーがちゃんとしている。この作品、どこかで見たな。新美術館だったかな?


六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声
http://www.mori.art.museum/contents/roppongix2016/
会期: 2016年3月26日(土)-7月10日(日)
開館時間: 10:00-22:00(火曜は17:00まで)
 ※ただし5/3(火・祝)は22:00まで
 ※いずれも入館は閉館の30分前まで
 ※会期中無休
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
企画:
 荒木夏実(森美術館キュレーター)
 キム・ソンジョン(アートソンジェセンターディレクター、Samusoディレクター)
 小澤慶介(キュレーター/特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])
 ウー・ダークン(台北国際芸術村ディレクター)
主催: 森美術館
後援: オーストリア大使館

by t0maki | 2016-04-28 21:14 | アート | Comments(0)

<< 「船の科学館」のファンになりました     「ぐるっとパス」を使って一日に... >>
Back to Top