ブログトップ | ログイン
フェルメールとレンブラント展かと思ってたら違ってた
c0060143_13442007.jpg

『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』を見に行きました。
60点の作品が展示されているってのは聞いてたので、なんとなくイメージ的にはフェルメールが30点で、レンブラントが30点くらい展示されてるのかなぁ、とも思いましたが良く考えたらフェルメールの現存する作品って30点くらいしかないんじゃなかったっけ?とか思いつつ、さすがにそんなにたくさんフェルメールは集められないだろうけど、実際はどんな作品があるのかなぁと楽しみにして観に行ったら、なんとフェルメールもレンブラントも、1点ずつくらいしか展示されてなかった。フェルメールの『水差しを持つ女』と、レンブラントの『ベローナ』だけ。いや、びっくりした。

『フェルメールとレンブラント展』ではなく、フェルメールとレンブラントの作品も含む、『17世紀オランダの絵画展』なんだな。

見事に、作品展のタイトルに釣られた。

でもまぁ、レンブラントについては、学生時代に1学期間まるまる使ってひたすらレンブラントについて学ぶっていうクラスがあって、その時にレンブラントの師匠や弟子についてもいろいろ教わったりもしたので、それなりに面白かったですよ。その当時教わったことはほっとんど忘れてたけど、「あぁ、こういうアーティストいたいた」みたいな感じで。

ちなみに、会期はもう終了しています。


『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』
会期: 2016年1月14日(木)~3月31日(木)
開催場所: 森アーツセンターギャラリー
 (東京・六本木ヒルズ森タワー52階)
 〒106-6150東京都港区六本木6-10-1
開館時間: 10:00~20:00
 ※ただし、2016年1月26日(火)、2月2日(火)・9日(火)・16日(火)・23日(火)は17:00までの開館
 ※入館は閉館の30分前まで
休館日: 1月19日(火)
主催: TBS、朝日新聞社、森アーツセンター
後援: 外務省、文化庁、アメリカ大使館、オランダ王国大使館、BS-TBS、J-WAVE、TBSラジオ

by t0maki | 2016-04-01 20:16 | アート | Comments(0)

<< うどんが隠れるくらいたくさんの...     くぐった橋の数のべ80梁以上!... >>
Back to Top