ブログトップ | ログイン
いわきからの帰り道
c0060143_17394058.jpg

魚を鑑賞しつつ魚を食べ、野菜を収穫しつつ野菜も食べ、土に触れつつついでに土も食べた、と。そんな実りある1日でした。いわき観光ビューローの皆様、ありがとうございました。
c0060143_17550972.jpg

アクアマリンふくしまでガイドツアーに参加して、震災の時のお話や、水槽や魚の被害など詳しく伺いつつ、実際に放射能を測定する実演も見せていただきました。こういう計測や調査をきちんと継続して行ってる人がいるってことに、安心しました。
c0060143_17551035.jpg

c0060143_17551016.jpg

c0060143_17551062.jpg

旅行中に、福島の地元のテレビ局の人から「福島産の食べ物について、放射能は気になりますか?」って質問を受けたんだけど、僕自身はあまり気にしてなくて、「どうして?」って聞かれても気にならないものは気にならないとしか答えようがなくて、あとから考えれば、こんな風に継続的に真剣に検査や測定をしてくれている人たちがいるからだと気付きました。誰かが、きちんと見てくれてるってことの、安心感。
人に任せるのが嫌だったら、自分で放射能測定器を購入して測っても良いですね。この定価400万円の機械はちょっと高いけどね。まぁでも、実際には200万円で購入したとおっしゃってましたし、大学などは無料で入手したところもあるらしい。測ろうと思えば、自分でも放射線量を測定する方法はありそうです。

いわきからの帰りのバス、そろそろみんな眠ってるみたいで、静かになりました。今日の旅の余韻に浸りつつ。

by t0maki | 2016-03-12 17:38 | Comments(0)

<< あの日の出来事はずっと覚えてる     実は今回の旅で食べてみたかった... >>
Back to Top