ブログトップ | ログイン
『辻の庵ってどんなと個展』のミニチュア作品の大きな世界観
c0060143_09054452.jpg

『辻の庵ってどんなと個展』にお邪魔してきました。会場は、和風の雰囲気がなんとも味わい深い、上野の「GALLERY心」。空想縮尺作家の辻本ゆかりさんの小さくてユニークな作品がたくさん。それぞれの作品に背景があり、大きな世界観で繋がっています。

▼小さな小さなミニチュアの作品たち。
小さな小さなミニチュアの作品たち。


▼一つ一つの作品に、つながりと世界観があるのです。 #辻の庵
一つ一つの作品に、つながりと世界観があるのです。 #辻の庵


▼虫眼鏡をつかって見る。細かい! #辻の庵
虫眼鏡をつかって見る。細かい! #辻の庵


▼タワシ!? #辻の庵
タワシ!? #辻の庵


▼こちらは川崎さんのコラボ。 #辻の庵
こちらは川崎さんのコラボ。 #辻の庵


▼手提げの鞄に収まるサイズ。 #辻の庵
手提げの鞄に収まるサイズ。 #辻の庵


▼小さなテーブルにも、大きな世界。 #辻の庵
小さなテーブルにも、大きな世界。 #辻の庵


小さい小瓶に入ってるネコの作品は、虫眼鏡でようやく見えるサイズ。これを裸眼でつくれるのはすごいなー。紫陽花の作品などは、1ヶ月くらいかけてつくったそうですよ。作品だけでなく、その見せ方や作品の背景にも気遣いやこだわりがあり、見ていて楽しい作品展でした。「陶芸も組み合わせると面白いよー」と、お勧めしてきました。

上野のGALLERY心にて、3月13日まで。


『辻の庵ってどんなと個展』
http://www.galleryshin.tokyo/2016/02/07/post-1335/
会期: 2016年3月11日(金)〜3月13日(日)
時間: 11:00~20:00
会場: GALLERY心
 東京都台東区東上野6-18-14
 入場無料
主催: 辻の庵 辻本ゆかり

by t0maki | 2016-03-12 08:23 | アート | Comments(0)

<< 「いわき うふふ便 モニターツ...     マグダレナ・ソレさんのトークイ... >>
Back to Top