ブログトップ | ログイン
『三菱電機・霧ヶ峰ブランド体験会』のエアコン解体ショーは盛り上がりましたね
c0060143_18164363.jpg

そしてみんなが見守る中始まった「エアコンの解体ショー」。エアコンの外装やパーツをひとつずつ取り外し、文字通り解体していきます。

三菱電機のエアコン、「霧ヶ峰」の体験会に参加してきました。霧ヶ峰と言えば、杏さんのCMでおなじみの三菱電機の「快適」「省エネ」に加えて、ほんとうの「きもちいい」暮らしを目指したエアコンということで、パーソナルツインフローで二つのプロペラファンが部屋にいる家族ひとりひとりに合わせた快適を創り出す、と。なんだかすごそうですけど、聞いただけでは良くわからない。

でもこうやって、目の前でエアコンを解体しながら、実際のパーツを見ながら説明を聞くと、すごく良く理解できます。プロペラファンを小型化するにあたって、中心にあるモーターも小さくし、その代わりマイクロプロセッサを本体の基盤に移したことによって、今度は熱対策のヒートシンクを取り付けるんですけど、実はそのそのパーツには三菱電機の冷蔵庫の技術が使われていたり、など。パーツを一つ一つ取り出しながら説明していくので、わかりやすい。開発の苦労とか、工夫した点などがすごくよくわかりました。

ベルマウスの試作品をを3Dプリンタで出力したという話を伺って興味があったので、解体ショーの後に直接話を伺いました。

▼こちらがそのエアコン解体ショー。手元の細かいところはカメラで撮影し、リアルタイムでモニター画面に映しています。
エアコン解体ショーが、めちゃめちゃ面白かった。 #三菱電機 #霧ヶ峰


▼旧型のモーターと、新型の小さくなったモーターとの比較。マイクロプロセッサが見えますね。
奥にあるのが、小型になった今回のモーター。大きい方は基盤に乗ってるマイクロプロセッサが、小さい方には乗らないわけですよ。どうするかとも言うと… #三菱電機 #霧ヶ峰


▼こちらが放熱のためのヒートシンクです。
本体の方に載せるわけだ。でもそうすると発熱をなんとかする必要があるから、このヒートシンク、と。でね、このヒートシンクにもひとエピソードあって… #三菱電機 #霧ヶ峰


▼こちらがベルマウスのブレード。3Dプリンタで何十個も試作をつくったとのこと。
でもって、このブレード。ベルマウスの一部。ここでの量産のための試作に3Dプリンタを使ってるって聞いて、前のめり。イベント後に直接話を伺いました。やっぱり、開発者さんが登壇するイベントは素晴らしい。楽しい、面白い。 #三菱電機 #霧ヶ峰


▼体験会後に、直接開発者さんにお話を普及してお伺いしました。
直接いろいろお話を伺いつつ、こういうイベントは良いよね。開発の苦労とか、工夫とか、いろんなエピソードが聞けるから。 #三菱電機 #霧ヶ峰


3Dプリンタも、どんどんものづくりの現場に普及していますよね。以前は依頼をしてから数日間かかっていた試作品制作のプロセスが、今では3Dプリンタを使って一晩で作れるようになり、開発のプロセスがスピードアップしたとのこと。微妙にデザインを変えつつ、前日の夜に3Dプリンタに出力すると翌日の朝には完成しているので、その日の午前中のうちにその試作品をつくったテストができる、と。ただし、3Dプリンタにも限界はあって、あくまでものの形は出力できますが、素材は本物の製品とは異なるので、耐久テストなどはきちんと本物の素材をつかってきちんと金型をつくって制作する必要がある、と。ただ、そこにたどり着くまでの数十個のプロトタイプをつくって試行錯誤するプロセスはかなり効率的になるということ。それこそ、数十個という異なるデザインを試すことができるわけですからね。妥協せずに品質の高いものを生み出せるわけです。

ひとりひとりに快適を提供するために機能や性能がアップした霧ヶ峰FZシリーズ。そして、デザインにもこだわった霧ヶ峰FLシリーズ。
カタログスペック的な情報をここに書いても仕方ないので、公式サイトへのリンクを貼っておきますので詳しくはそちらで。

・霧ヶ峰FZシリーズ
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/fzspecial/

・霧ヶ峰FLシリーズ
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/newsfl/

今回のイベントには家電ライター的な方もいたらしく、そういった方たちがかなりディープな質問をしているのを横で聞いているのも面白かったです。「パーソナルツインフローの二つのプロペラファンの回転方向が左右同じだった場合、共振して本体が振動したり騒音が発生したりすることはないですか?」なんていう質問にも、スタッフの方は丁寧に回答されていました。騒音や振動も、さまざまなテストを行いながら、最小限になるように改良されているとのこと。

いろいろ、勉強になったイベントでした。
やっぱり、販売員やマーケティングの方ではなく、開発者さんから直接お話を伺えるイベントは良いですね。
懇親会での製品説明中、いろいろ聞きなれない新しい単語がポンポン飛び出してきたりして、楽しかったです。

by t0maki | 2016-03-06 21:40 | ブロガーイベント | Comments(0)

<< 町おこし、地域振興とその先     「日曜アーティスト」のつくりか... >>
Back to Top