ブログトップ | ログイン
脳がゆっくり枯れてくってこと
c0060143_21010189.jpg

気づけば、周囲に同じ名前の人ばかりが集まってくる。どこかで聞いたことのある名前の人ばかり。そして、最終的には全員が同じ名前になる。スーパーの渡辺さん。交番の渡辺さん。飲み屋のナベさん。確か、自分の名前も渡辺だったかもしれない。

すれ違う人がだんだんみんな知り合いに見えてくる。人違いだということは分かってる。だって、60年前の友人が、当時と同じ容姿で現れるわけないもの。こんなにもみんなが知り合いに見える時は、逆にホントの知り合いに遭っても本人と気づかない。そっくりさんかと思ったら、実は本人だったという。

早いスピードで歩くと、感覚に認識力が追いつかないから、肉体が精神を離れて先に行ってしまい、ちょっとした幽体離脱感を味わう。自分はここにいるのに、身体が離れていってしまう。

認知症って怖いよね。でも多かれ少なかれ、年をとったら認識力が落ちてくる。脳みそがどんどん枯れていく感じ。これはホント怖い。

そんな状態で、本人は幸せなのか、不幸せなのか。感覚を認識できなければ、不幸を感じないという点で、幸せなのかもしれない。あるいは、もはや幸不幸の感覚もなく、ただ存在するだけなのか。


by t0maki | 2016-02-26 00:57 | 乱文・雑文 | Comments(0)

<< 無題である     Today was one o... >>
Back to Top