ブログトップ | ログイン
【まとめ】 深夜に思いつきで50kmマラソンしてみた
c0060143_15345946.jpg

今年の頭に、熊谷から東京に向かって勝手に50kmマラソン企画ってのをやってみたんですけど、マラソンとは名ばかりでほとんど歩いてばかりだったにも関わらず、すっげー疲れました。20kmまでなら大会には出たことあるし、100日間かけて100万歩を歩く企画もやったことあるので、「50kmくらいいけるだろ」なんて余裕かましてたら、半端なくきつくてびっくりしました。まさに、未知の領域に足を踏み込んだ感じ。その後もしばらく足の甲やら膝やらにじわじわ痛みが巡ってきて、完全に回復するのに2週間くらいかかりましたよ。

その日は、三連休の初日で昼間は家族と一緒に三郷のIKEAに買い物に行ってて、家に帰ってから「よし、今夜走るぞ」と決めて、22時頃の電車で東京から熊谷へ行きました。そっからは、ひたすら国道17号線を東京を目指して走る、と。走ってるとじっとり汗をかくくらい熱いんですが、止まると体の芯まで冷えてくる。途中、自販機でコーンスープ飲んだり、お汁粉飲んだりしました。夜更けに、24時間営業の牛丼屋さんに入って、鍋焼きうどん定食を食べたのが、本当においしかった。

ずっとひとりで走ってたんですけど、途中23キロ地点くらいまで歩行者とすれ違ったのはたった一回。誰もいない道をひとり、ひたすら進む、と。時々、英語日本語ちゃんぽんで独り言をつぶやいたり、テキトーに歌を口ずさんだりして暇つぶし。歩きながらTwitterとかInstagramなんかに投稿しつつ、ブログ記事も6本くらい書きました。寂しかったんですかね。

日が昇って、浦和に差し掛かった頃に休憩がてら美術館に立ち寄って、その時点で50kmを完走(完歩)したので企画は終了、と。

でっかいモバイルバッテリーをランナーズポーチに入れて走ってたんですが、帰ってから見てみたらベルトの付け根がほつれて取れかかってました。バッテリーが重かったからと、ちょくちょく充電するために走りながら開け閉めしてたからですかね。走ってる途中で取れなくて良かったー。

走り終わってすぐは「しばらくはマラソンはいいやー」、と思いましたが、こないだ東京マラソンの日に20km歩いてみたりして、「またやってみようかな」と。いつか、100kmにチャレンジしてみたいな。


■関連記事

土曜の夜、ちょっとした思いつきで熊谷へ : 日曜アーティストの工房
深夜過ぎ熊谷に着いた。これから東京までひとりマラソン : 日曜アーティストの工房
深夜のマラソン、どこまでいけるかな : 日曜アーティストの工房
あともう少しで15kmくらい。星が綺麗 : 日曜アーティストの工房
明け方5時、24km走って休憩 : 日曜アーティストの工房
とりあえず、フルマラソン分 : 日曜アーティストの工房
深夜ひとりで勝手に50kmマラソンした結果 : 日曜アーティストの工房
50kmマラソンで活躍したガジェットなど : 日曜アーティストの工房
50kmマラソンのプチ打ち上げもひとり : 日曜アーティストの工房

by t0maki | 2016-04-08 20:39 | ライフスタイル>スポーツ | Comments(0)

<< FabCafe Tokyoで、...     げにすばらしきはプレスツアー >>
Back to Top