ブログトップ | ログイン
Tomatoの結成25周年の回顧展が楽しみすぎる
c0060143_2050716.jpg

もう今から楽しみで仕方ない。

3月12日から始まる、『THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”』っていう作品展。

昨年のちょうど今頃、台風と嵐と火山噴火が混じったみたいな壮絶な「クリエイティブ・ワークショップ」に参加したのですが、その講師がデザイン集団「Tomato」の共同創設者ジョン・ワーウィッカー(John Warwicker)さんと、ジョエル・バウマン(Joel Baumann)さん、さらにTomatoワークショップの先輩でもある吉川徹さんのお三方で、創造性の限界に挑戦する怒涛の10日間でした。いやもう、目から鱗どころか、人生がガラリと変わるような体験でしたよ。いや、楽しかったー。

というわけで、Tomatoの結成25周年を記念したレトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビションなるものが来月渋谷で開催される、と。これはもう行くに決まってる。行くか行かないかじゃなく、何度行くか、だ。

開催を記念した書籍の出版も決定したとのことで、会場限定販売の図録『THE TOMATO PROJECT “O”』も気になりますが、ジョンのエッセー写真集『One Thousand Fathoms Deep』も早く実物を見てみたいです。ここらへん、ちょうど去年のワークショップで、制作中のものをちらっと見せてもらったりもしたので。

あー、待ち遠しい。


THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O” | PARCO MUSEUM | パルコアート.com

by t0maki | 2016-02-08 20:54 | アート | Comments(0)

<< 寿司とエビフライ、どっちのスマ...     『アントマン』はフュージョン料理風 >>
Back to Top