ブログトップ | ログイン
『天野喜孝展 進化するファンタジー』で見たイラスト、いや懐かしい
c0060143_20514009.jpg

天野喜孝さんといえば、僕らの世代は断然「ファイナルファンタジーのイラストを描いた人」っていうイメージなんですけど、最近では『やさいのようせい/N.Y.SALAD』なんかも有名で、若い人にはそっちの方がイメージが強かったりするみたいですね。ちょっとクリムトをほうふつさせるような、あるいは竹下夢二のような、ちょっと妖艶で幻想的な絵を描く方です。

で、その天野喜孝さんの作品展が銀座の有楽町マリオンでやってるってことで、観に行ってきました。
知り合いから招待券をいただいたので、会社帰りに見てきたんですけど、見覚えのあるイラストがどーーんっとでっかく原画が飾られてるのって、なんか興奮しますね。

c0060143_20514040.jpg

あんまりゲームをやらない僕でも、さすがにファイナルファンタジーは知ってますよ。たぶん、スーパーファミコン時代にプレイしたことあると思う。

c0060143_20514052.jpg

ゲームソフトのパッケージと、その原画が両方展示されていて、ちょっと感動。あのイラストのディテールは、こんな風になってたんだぁ、とかね。

c0060143_20514195.jpg

天野さんは、もともとはタツノコプロでアニメのキャラクターデザインもされていたんですね。会場には、懐かしいガッチャマンやタイムボカンのイラストも。雑誌から依頼されたという、デヴィッド・ボウイのイラストがあったり、車の塗装で描いた鮮やかな作品など、時代ごとの変遷が見て取れる作品展になっていました。

『天野喜孝展 進化するファンタジー』は、有楽町マリオンにて3月8日(火)まで。



『天野喜孝展 進化するファンタジー』
http://www.amano-exhibition.jp/
会期: 2016年1月29日(金)~2016年3月8日(火)
開催時間: 11:00~20:00 最終入場は19:30
会場: 有楽町朝日ギャラリー(有楽町マリオン11階)
料金: 一般1,000円、大学生900円、高校・65歳以上800円
※中学生以下は入場無料
※会期中無休

by t0maki | 2016-03-03 21:27 | アート | Comments(0)

<< TAGAMIさんの作品展第四弾...     iRobotの床拭きロボットが... >>
Back to Top