ブログトップ | ログイン
『平成27年度[第19回]文化庁メディア芸術祭』に行ってきたのは半月前ですけど
c0060143_13214803.jpg

アップするのが遅くなっちゃいましたけど、今年も観に行きましたよ。文化庁メディア芸術祭。
メディアアートの代表的な作品展。今年度はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で世界87ヶ国・地域から、過去最多となる4,417作品の応募があったそうですよ。 国立新美術館を中心に、受賞作品を展示、と。



▼グレーのグラデを描画する。
グレーのグラデを描画する。


▼こちらが、そのコード。いろんな言語で。
こちらが、そのコード。いろんな言語で。


▼お面
お面


▼テレビゲームの歴史
テレビゲームの歴史



▼Manga Library
Manga Library

時間がなくて、結構駆け足で見てしまったせいで、しっかりと印象に残る作品を見つけられなかったのが残念。大賞受賞作品も「うーん……、で?」とか思っちゃった。もっとじっくり、各プログラミング言語の成り立ちや変遷を読み解いたら、たぶんもっと感動できたんだろうなとは思います。心わしづかみ&目が釘付け、みたいな作品に出会えなかったのがちょっと残念。もっとじっくり見て回ったら、心に響く作品に出会えたかもしれないですけどね。

また来年に期待。

『平成27年度[第19回]文化庁メディア芸術祭』
http://festival.j-mediaarts.jp/
会期 2016年2月3日(水)~2月14日(日)
会場: 国立新美術館(受賞作品を中心に紹介するメインの会場)
 10:00~18:00 金曜は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで。2月9日(火)休館
 入場無料
その他、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、スーパー・デラックス、セルバンテス文化センター東京でもイベントを開催
※開館時間、休館日は会場によって異なります。

by t0maki | 2016-03-03 22:31 | アート | Comments(0)

<< 『はじまり、美の饗宴展』のチケ...     『真昼の星』写真展を観て、白黒... >>
Back to Top