ブログトップ | ログイン
「Shine」と「TalkBand 2」で計測した歩数を比較してみる
最近、ずっと手首にウェアラブル端末を装着して生活しています。
特に、ここ2週間ほどは、以前から付けてたHUAWEI社の「TalkBand 2」に加え、Misfit社の「Shine」も付けているので、両腕にひとつずつウェアラブル端末をつけて、ガジェット好きを常にアピールしている感じです。

「TalkBand 2」も「Shine」も、身に着けていると自動的に歩数や睡眠を計測してくれます。そして、スマホと同期して、アプリで記録が見られる、と。

というわけで、ここ2週間くらいの計測値を比較してみました。
c0060143_213346.png

若干「Shine」の方が数値が高いのは、そういう仕様なんだろうな。「TalkBand 2」の方は、充電する時に電源落として、たまにONにし忘れて行動してる時があったりもして、そういうときは計測できてない。。。
その点、「Shine」はボタン電池で4ヵ月間ももつから、充電不要ですごく便利。
両方とも防水仕様なのですけど、「TalkBand 2」は革製のバンドのを使ってるので、さすがに風呂に入るときははずします。「Shine」はそのまま構わず濡らしてます。

「TalkBand 2」の良い点は、ワイヤレスの受話器として通話ができるところ。あとは、モノクロの液晶がついてるから、アプリを立ち上げなくても時計や歩数が見られる。

「Shine」も時計機能はあるんだけど、5分刻みでしか時刻が分からないので、まぁ、ゆるーく時間を知りたいときだけ。

という、いろんな違いがあって面白いです。

歩数計の比較には、iPhoneにインストールして起動しっぱなしになってるMovesの計測値も入れてみたけど、まぁ、スマホは常に持ち歩いているといっても、たまにデスクに置いたままにしますし、たまにバッテリー切れになってたりもして、一番数値が低かったです。

「Shine」も「TalkBand 2」もそれぞれ特徴があって面白いです。あとは、好みの問題かな。
デザインや装着感は「Shine」かな。機能とか表示系は「TalkBand 2」。

そんなことをレビューしているうちに、そろそろ次機種の「Shine 2」も発売されるそうで、そちらもモニターレビューさせていただけることになっているので楽しみ。

by t0maki | 2015-12-08 21:51 | モニターレビュー | Comments(0)

<< 今年も100日間で100万歩を...     「パナソニック リビング ショ... >>
Back to Top