ブログトップ | ログイン
見えない点と点がつながるとき
c0060143_01090395.jpg


なんかこう、運命を感じる瞬間というか、まぁそれは単純に確率の問題なのかもしれないってのは分かってるけど、見えない点と点がガシッと見事に繋がった時って「人生っておもしれーな」と思いますよね。

この二冊の本がHMV&BOOKSのおんなじ棚に並んでるのを見た時も、そんなドキッとするような運命を感じる興奮がありました。

どちらの著者さんにも実は同じ場所でお目にかかったことがあります。ただし、全く違う日に、全く異なるシチュエーションで。3331 Arts Chiyodaっていう、廃校になった中学校舎を再生したアート施設が神田にあるんですね。僕のとても好きな場所。
八谷さんは、まさにこのナウシカの飛行具をそこで展示してて、そのオープニングパーティで一度、そしてRed Bull主催のイベントでもお目にかかって、ご挨拶させていただきました。ホバーボード開発や、ポストペットを世に出したり、アーティストという枠組みを超えたすごい方。
で、田中さんの方は言わずと知れた日本におけるメイカーズムーブメントのデジタルファブリケーション施設の先駆者。FabLabを最初に立ち上げた人ですからね。(正確には、田中さんのFabLab鎌倉と、FabLabつくばが同時)
僕は、田中さんのトークイベントに参加して、その後名刺交換しながらお話を伺って、それがきっかけで自分自身もいろんなファブ施設に足を運びつつ、自分でもMakers' Baseでものづくりをするようになりました。

田中さんと八谷さん。3331とHMV。ナウシカも、Red Bullも、そして僕の売れなかった本とか、元同じ職場の先輩とか、ブロガーとしての活動とか、教室をアトリエにしてた体験とか、ワークショップや作品販売や、なんかそういったいろんなところにバラバラにあった点と点とが、一気にババババって繋がる感じの。

人生って、おもしれーね。


by t0maki | 2015-12-09 22:51 | アート | Comments(0)

<< Xperiaアンバサダーのイベ...     ブロガー忘年会でCamiApp... >>
Back to Top