ブログトップ | ログイン
「PRライター」っていう職業は確かに面白そうだ
c0060143_21101248.jpg


「PRライター」って面白そうだなぁ、って思いました。まさに、自分がブロガーとしてやりたいこと、やろうとしてることもここらへんなのかなぁ、とも。いろいろ勉強になりました。

「広報・PRの課題をライティングで解決する」という、「PRライター」についてのセミナーに参加してきました。

c0060143_21101354.jpg


c0060143_21101344.jpg


講師は、PRライターのかみむらゆいさん。
企業広報のお仕事に始まり、WEBライターとの違いや、各媒体プラットホーム(ツール)ごとに書き方や特性が変わってくる話など、興味深く学ばせていただきました。

「ストーリーを見つける」っていうこと、まさに僕が日頃ブログを書いてる時に気にしていることだったので、すごく共感。

最近、「コンテンツマーケティング」とか、自社メディアに記事などのコンテンツを集めて、それを集客や売り上げに結びつける手法があるけど、ここで言う「良質なコンテンツ」とは?これについて、いろいろ考える良い機会になりました。

話を聞きながら、個人的な感想も入りますが、記事を書くときに単なる製品スペックの無機質な情報の羅列だけじゃなく、あるいはあくびの出そうな会社の退屈な歴史でもなく、大事なのは血の通ったエピソードや開発者の苦労やこだわりの話など、たくさんの読者をひきつけ共感できるようなストーリーなんだよなー、と思います。

「そこに、語るべきストーリーがあるのか?」っていう。それを見つけて形にするのが、PRライターの仕事なのかな、と。

案外、僕がブロガーとして目指す方向性ともかなりかぶってるので、今日の話はとてもためになりましたよ。

いろいろ勉強したのでもうちょい書き足したいけど、とりあえず今日はこんなところで。かみむらさん、ありがとうございました。


by t0maki | 2015-11-25 21:03 | イベント・スポット | Comments(0)

<< レーザー彫刻のアリさんです     日光江戸村で「新撰組」と「武家... >>
Back to Top