ブログトップ | ログイン
生き物と食べ物の境い目
c0060143_00543696.jpg


別に大事に書き立てる気もないし、極めて当たり前のことなんだけど、こないだ初めて魚を釣って、捌いて、塩焼きにして焼いたときの話。

プールの生簀で泳いでる魚は、まだ生き物だった。お皿に載った焼き魚は、もう食べ物。このさ、生き物と食べ物の境界線って、どこだったのかな、なんて。実は、生きてはいたけど、釣り上げられた瞬間に食べ物だったのかも。あるいは、そのプールに放流された時点で、食べ物となる運命だった。

手洗い場に貼ってある捌き方の手順どおりに、肛門あたりからハサミでジョキジョキ切り開いてく。内臓を取り出して、洗ったあたりからは、完全に食べ物だったと思う。

自分の手で捌くのって、すごく大事なことだと思う。他の命を、自分の中に取り込むこと。その食べ物は、元は生き物だったんだと、その命の源に感謝しつつ。


by t0maki | 2015-11-14 00:43 | Comments(0)

<< 『キッチン・コンフィデンシャル...     「PC・デジモノフェア2015... >>
Back to Top