ブログトップ | ログイン
つんどくよんどく:アンソニー・ボーデイン著『世界を食いつくせ!』
c0060143_01381946.jpg


さて、今回の「つんどくよんどく」は、この本。アンソニー・ボーデインというニューヨークのシェフが、世界を旅して各地の料理を食べるという、旅行紀。

『世界を食いつくせ!(A COOK'S TOUR』

「つんどくよんどく」とは、まず「つんどく」として、読む前に本の感想文を書きます。その本を買ったきっかけとか、内容の想像とか。
で、その後で実際にその本を読んだら、「よんどく」の方に、読書感想文を書くという僕が勝手に考えた企画です。

▼つんどく
僕は多分、ディスカバリーチャンネルかなにかで、この人の番組を見たことがある気がする。ニューヨーク出身の、異色の料理人。

最近、旅の記事をShortNoteという投稿型のサイトに旅の記事を書き散らしていて、そこでベトナム料理について書いた時に、コメント欄でこの本をお勧めいただきました。アンソニーさんが世界を食べ歩きして書いたこの本に、ベトナムも載ってるそうです。日本にも来てるようですね。

僕も、旅行が好きです。世界中を回って、それぞれの国で特色ある料理を食べるってのは、想像するだけでも面白そう。

実はこの本、買ったばかりなのでまたつんどくとして熟成してないですが、ほっとくとつんどく候補になっちゃうので、とりあえずこの企画に放り込んどきます。

というわけで、読むのを楽しみに。続きは、「よんどく」で。


▼よんどく
というわけで、本を読み終わったら、ここに感想を書きます。読了と記事執筆まで、しばしお待ちを。

追記: このワールド・エディションを読み終わる前に、この一つ前の作品『キッチン・コンフィデンシャル』の方を読了。面白かったー。海賊の冒険小説みたい。子供が海賊が主人公の小説を読んで海賊になるのを憧れるように、この本を読んだら料理人に憧れるようになるかも。だって、今の俺がそうだもん。
というわけで、世界に繰り出す前の冒険譚は、日本での体験が最後にあって、これもまた面白い。ワールド・エディションを読むのも、ますます楽しみだ。



そんな企画です。「つんどくよんどく」、やってみたい人はぜひどうぞ。



by t0maki | 2015-11-18 13:00 | ライフスタイル>映画・書籍 | Comments(0)

<< 『続・下町の空想画家 小松崎茂...     そっか、家庭でこんな簡単に血圧... >>
Back to Top