ブログトップ | ログイン
パクチーよりパクチーっぽいベトナムのパクチー
c0060143_17185193.jpg


とりあえず、なんかいろんなものにミントが入ってる。
ベトナムで食べた料理って、なんだかそんな印象。
サンドイッチとかサラダとか、アイスティーはもちろん、付け合せや彩りレベルじゃない量の大量のミントが料理に入ってたりしています。

最初は、「え?なんで?」と思ったけど、慣れてくるとバクバクおいしくいただけるようになりました。

とにかく、ベトナム料理は他のアジア料理と同じように、香草が独特ですよね。最初は草の味にしか感じられないんですけど、これもまた不思議なもので、だんだんおいしく感じられるようになってくる。

c0060143_17185295.jpg


ベトナムのダナンに訪れて最初に食べた料理が、麺料理の「フォー」なのですが、それと一緒にボウル山盛りの香草がついてきてね。で、その中にひとつだけ、「パクチー」にそっくりな味の香草があったのですよ。

見た目は全然パクチーに似てなくって、なんかすうぅーーっとのびる雑草みたいな見た目なんですけど、食べてみるとパクチーそっくり。「なにこれおいしい」って、パクチー好きの嫁と娘は、その葉っぱばっかりフォーのスープに入れて食べてました。

旅行の後、日本に帰ってきてから調べてみたら、この香草は「ノコギリコリアンダー」っていうものらしい。別名「ベトナムコリアンダー」。コリアンダーっていうのが、パクチーの別の呼び名ですから、まぁまさしくベトナム版のパクチーなわけですよ。

よくある普通のパクチーよりも、ベトナムの「ノコギリコリアンダー」の方が辛みも香りも強いらしい。うん、まぁ、そういわれてみればそんな気もする。

パクチーよりもパクチーらしいベトナムのパクチー。
パクチー好きにはオススメです。

by t0maki | 2015-10-27 22:55 | ライフスタイル>旅 | Comments(0)

<< TAT2015 旧東京電機大学の地下     そろそろ未来へ、帰ろうか >>
Back to Top