ブログトップ | ログイン
1998年のフォトシュート
c0060143_1563117.png


学生時代に撮った写真。モデルになってくれたのは、写真のクラスを一緒にとったクラスメイト。本業でもモデルをやってて、このあとサンフランシスコに引っ越してった。

c0060143_1564285.png

c0060143_1565266.png

c0060143_157612.png


その後、僕が15日間かけて北米大陸を巡る列車の旅をしている途中に、サンフランシスコに立ち寄って彼女に会う予定だったんですが、嵐のためにカナダへの路線が全て欠便になってしまったため、急遽彼女の家に泊めてもらえることに。

彼女のお兄さんと、その友達が遊びに来るってことになって、一緒に食事したり、お酒を飲みに連れてってもらいました。見た目がクエンティン・タランティーノにそっくりなそのお兄さん。いわゆる典型的なアーティストの雰囲気の人で、常に紙にボールペンでラクガキしてたり、会話もすごく面白くて、日本文化とか禅(Zen)の話などしてたんですが、僕よりずっと詳しい感じで。

食事をして飲んだ以外、特に何をしたってわけでもないんですが、普通に食事して、飲んで、笑って、すごく楽しい夜でした。しばらくずっとひとりで旅をしていたので、誰かと一緒にいられるっていうのが、嬉しかったんだろうな。もちろん、彼女と再会できたことも。

あ、ちなみに彼女は当時既に子供がいて、でも旦那さんがいないみたいだったので、そこらへんの詳しい事情はよく分からず。サンフランシスコでモデルの活動をしていましたが、その後は地元に戻ったみたい。

学生時代は、人物の写真を撮るのが好きで、よく知り合いにモデルになってもらって写真を撮ってました。
なんて写真を見返してたら、またちょっと本格的にモデルさんを撮ってみたくなりましたよ。

by t0maki | 2015-10-25 00:15 | アート>写真 | Comments(0)

<< dichromate print     desert debris >>
Back to Top