ブログトップ | ログイン
desert debris
c0060143_015416.png


砂漠の塵芥。

1998年の自撮り写真。針穴カメラで撮ったネガ写真を、画像加工で反転させてみたら、24のオレが出てきた。

留学先の砂漠の大学で、アート学部陶芸彫刻学科を専攻してた頃。山ほど作品をつくったけど、日本に帰ってくるときにあらかた叩き壊して捨てた。

失ったと思ったけれど、そんなもん、またつくれば良い。日曜アーティストを名乗って作り続け、クリエイティブワークショップに参加したり、このブログだってそう、とにかく作り続けること。

学生時代につくった作品の記録をちょっと見返してたところ。
砂漠に捨てたはずの欠片。それが今では、ぼくの宝になってる。



by t0maki | 2015-10-25 00:00 | アート | Comments(0)

<< 1998年のフォトシュート     Esin クリエイティブラウン... >>
Back to Top