ブログトップ | ログイン
そこにあるストーリー
c0060143_14082018.jpg


初めて会って、最初は他人同士だから挨拶くらいの仲なんだけど、次第に話をしてその方の人となりを知っていくにつれ、親近感がわき、仲良くなる、と。
そこで大事なのは、その人の持つバックグラウンドとか、ストーリーなのかな、と思うんです。

で、それを企業のブランディングとかマーケティングに置き換えてみる。

認知度向上とか、新規顧客獲得ってうマーケ用語にすると味気ないけど、いかに伝えるか、でいうとその企業やブランドが持つ「ストーリー」が大事だと思うのです。

そこに至る必然性とか、発見とか、ブレイクスルーとか。未熟な部分や欠点でさえ共感してもらえるような。

仕事やプライベートでもいろんな会社さんとお仕事させていただいて、そういうコミュニケーションがすごく上手い方がいます。単なるお仕事としてやってるのではなく、本当にそのブランドを愛してるんだなぁ、と。最近は、社内だけでなく、社外の関係ないところで、そういうブランドのアンバサダーを見るようになりました。最近でいうとヤマハ発動機さんとか、バッファローさんとか、単なる仕事の枠を飛び越えて、そういうケアがすごいなーと思うのです。

いろんなストーリーがそこにある。そのストーリーに参加できるってことが、アンバサダーマーケティングの面白いところなのかなと実感しています。


by t0maki | 2015-10-24 14:01 | アンバサダー | Comments(0)

<< 本屋に檸檬を置く妄想     セルフ・ポートレイト >>
Back to Top