ブログトップ | ログイン
たまに無性に走り出したくなる感覚
c0060143_12352664.jpg


ずっと座って作業をし続けるというのは、全然苦にならない。気づけば食事もトイレも忘れて、ひたすら何時間でもパソコンに向かってる時もある。仕事も、息抜きも、すべてパソコンの前。それはもう、アートを学んでいた学生の頃もそうだし、もっと言えば子供の頃からそんなタイプ。とことん熱中して、時間の経つのも忘れる。

今の僕の本業は、デジタルエージェンシーのプロダクションマネージャーっていう、自分でもよく分からない職業だけど、広告代理店として一日の大体はお客さんと制作会社さんの間に立ち、無駄にバタバタしているのが役割。以前はバリバリのWebデザイナーでしたが、最近はあまり自分で手を動かす機会もなく、Adobe製品よりもMS Officeに触ってることの方が多くなりました。そこに最近はGoogle Docsなどが加わってきたり。

まぁその代わり、プライベートではブログ書いたり、写真撮ったり、デジタルファブリケーションの世界に首を突っ込んでみたり、いろいろ自由気ままな「日曜アート」活動をしていますが。

突然飛び出したくなる性癖は結構昔からあって、高校卒業直前に衝動的に海外留学を決意したりなど。

最近、ブログのおかげで取材という形であちこち出かける事が多くなり、外でイベントに参加したり、人と会ったりも増えてきました。それに加えて、2年くらい前から走ることを再開したので、マラソン大会に出場したり、マスターズ陸上でおじさんの短距離本気走りなどを披露したり。

時々ね、パソコンの前にずっと座ってると、急に衝動的に飛び出したくなるというか、外に出て全力で走りたくなる。自分の限界ギリギリまで。

元々陸上部でね、短距離が専門だったですよ。足の手術後、しばらく運動から遠ざかってたんですが、ここに来てまた走るようになり、6月にハーフマラソン初挑戦、そして先週末はマスターズ陸上に出場して400mと100mを走ってきました。

なんだろ。なんか、うわーって感じで、何も考えずに、ひたすら走りたい。旅をしたい。叫びたい。つくりたい。

体験して、感じたことや考えたことを、飾らず気負わずありのままにアウトプットする。

そんな意味で、ブログは良いなと思う。こうやって、ランチ時間にぶちまけられるし。聞いてくれる人がいるのは良いよな。仲間がいるのは良いことだ。


by t0maki | 2015-10-23 12:30 | Comments(0)

<< セルフ・ポートレイト     腕時計の香り >>
Back to Top